とっても大切!不妊治療のクリニック選び

自分に合った不妊治療のクリニックを選ぶことは、非常に重要です。長く通うことも考えて、場所や相性なども大切なチェックポイントとなります。不妊治療のクリニックを選ぶ際に目安となるポイントをまとめてみました。

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは医療機関のタイプを選ぶ

  • ①産婦人科がある総合病院
    ②お産も扱っている産婦人科医院
    ③不妊専門のクリニック
    の3つに大別され、それぞれに長所と短所とがあります。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  • では、タイプ別にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

  • 総合病院での不妊治療、メリットデメリットは?

  • 総合病院では、産婦人科が、泌尿器科など病院内のほかの診療科と連携して不妊治療を行っています。男性不妊の診断・治療や、腹腔鏡手術などの外科治療を積極的に行っているところが多く、不妊の原因治療を得意とします。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
     

    授精や体外受精などの自費で受ける治療の費用が、医療機関のタイプの中では最も安く設定されています。

  • 施設によっては、
    ・曜日によって担当医が変わる
    ・採卵などの後にゆっくり休息する部屋がない
    などのデメリットがあるのも事実
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  • お産も扱っている産婦人科医院での不妊治療、メリットデメリットは?

  • 婦人科や産科もある医療機関であれば、婦人科の病気があったときにスムーズだったり、妊娠後そのまま同じ病院で出産できたりというメリットもあります。
    出典 :不妊治療の病院選び / 不妊治療情報サイト
  • 一方、待合室で妊婦と一緒になることがあり、気持ちがつらくなることも。
    また、男性の不妊治療や外科治療は行っていないところが大半
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
     

    妊婦さんと一緒の待合室では、メンタルな部分でかなり辛いときもありそうですね。

  • 不妊治療専門のクリニック、メリットデメリットは?

  • 大学病院などで不妊治療を行っていた医師が開業したケースが大半で、不妊治療を専門とする医師の診療を受けられます。泌尿器科医や、外科治療を行う専門施設とのネットワークを持っていることが多く、幅広い治療を受けることが可能です。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
     

    採精室や採卵後の休息室などの設備が充実しているのも魅力的です。

  • 専門治療が得意な分、治療を“急がされる”傾向があるようです。
    自費の治療費は一般に、他の2タイプより高く設定されています。
    出典 :不妊治療病院の正しい選び方
  • 不妊治療のクリニックの場所も重要なポイントです。

  • 不妊治療を始めると月に4度から6度くらい通院する必要がでてきます。家から離れたところにあるクリニックを選ぶと不妊治療に病院に通うこと自体が負担になってしまいます。
    出典 :不妊治療クリニック・病院の選び方 - 不妊治療.net
     

    家から近くて通いやすいというのも、大切なのですね。

  • 不妊治療で有名なクリニックは?

  • 不妊治療はとてもデリケートな治療です。有名だからという理由だけで選ぶのではなく、実際に通った方の感想を聞くなど情報収集を行いましょう。
    出典 :不妊治療クリニック・病院の選び方 - 不妊治療.net
     

    実績のあるクリニックは心強いですが、「説明やカウンセリングに充分な時間をとってくれるか」ということも大切なポイントです。

  •  

    自分に合ったクリニックを選ぶことで、
    前向きに不妊治療を頑張れそう!