若い人でも危険。「くも膜下出血」について調べてみた

くも膜下出血は誰にでも起こりうる脳の病気です。若年でも起こりうる可能性があります。

view718

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    脳は頭蓋骨に守られていますが、骨の下にはくも膜というクモの巣のように透明な薄い膜があり、その内側に脳があります。脳に血液を送る血管はくも膜の下を走っています。この血管に動脈瘤(こぶ)や動脈硬化があると、血圧が高くなったときに急に破れます。出血した血液は、くも膜と脳のすき間に拡がっていきますが、これがくも膜下出血です。

  • くも膜下出血の治療の方法

     

     破裂した脳動脈瘤によるくも膜下出血の場合は、再破裂予防のため、可能であれば手術を行います。通常は動脈瘤に対して、クリッピングという手術をします)。最近では血管内手術といって、血管のなかへ細いカテーテルを挿入し、コイルを入れて動脈瘤の内側に詰める塞栓術を行うこともあります。

     どちらの方法をとるかは、患者さんの年齢、動脈瘤の部位、大きさ、形、合併症などによって決まります。病状があまりにも重症の場合は、手術ができないこともあります。

  • 食事に気をつける
    塩蔵品や漬物、味噌汁などをとりすぎないようにし、また外食も塩分が多いので注意を。野菜に含まれるカリウムは塩分の排出を促すので、野菜を多めにとりましょう。アルコールの飲みすぎも、くも膜下出血のリスクの一つなので、控えめにしましょう。

    出典 :「くも膜下出血」を予防しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • 輸血歴
    あまり知られていないリスクでは、輸血歴があります。特に男性の場合にはその影響が大きく、なんらかの手術などで輸血歴がある男性は、そうでない男性と比較すると、4.20倍のリスクがあります。輸血がどのように関連しているのかは、まだ分かっていません。

    出典 :「くも膜下出血」を予防しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • 家族の病歴
    親や兄弟などの家族に、脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞)の体験者がいる場合にも要注意です。男女とも約2倍、リスクが高くなるからです。

    出典 :「くも膜下出血」を予防しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • くも膜下出血の二大リスク要因が、高血圧と喫煙習慣です。そのほかのリスクもふくめ、自分が起こしやすいタイプかどうか、知っておきましょう。
    出典 :「くも膜下出血」を予防しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • 突然発症して持続する、今までに経験したことがないような頭痛が起こったら、ただちに脳神経外科の専門医のいる病院を受診してください。軽い頭痛であっても、念のため受診してください。

    出典 :くも膜下出血 - goo ヘルスケア
  • 頭全体、時に前頭部、後頭部などに頭痛が起こります。同時に吐き気、嘔吐、頸の後ろ(うなじ)が凝(こ)る、などのいわゆる髄膜(ずいまく)刺激症状が起きます。
     頭痛の第1の特徴は、突然起こり、それが続くことです。突然とは、○時○分○秒にとか、部屋を出て3歩歩いたら頭痛が起きた、というほど突然に起こります。瞬間的にびりっと痛んですぐやみ、またしばらくしてびりっと痛む頭痛は、持続してはいないので、突然起きたとしてもくも膜下出血ではありません。
    出典 :くも膜下出血 - goo ヘルスケア
     

    まず、こちらが最初の症状。

  • 第2の特徴は、いままで経験したことのないほど強い頭痛であることです。しかし、はじめに軽い頭痛が前駆症状として突然起こり、少したってから強い頭痛が起こることもあります。
     出血の量が多い時には、すぐに意識がなくなります。とくに重症の場合には病院にたどり着く前に亡くなる人もいます。
     破裂する脳動脈瘤の場所によっては、脳のなかに血腫(けっしゅ)をつくり、片麻痺(かたまひ)が起こることもあります。くも膜下出血は、初めはたとえ軽くてもすぐに再出血を起こしやすく、さらに重体になります。
    出典 :くも膜下出血 - goo ヘルスケア
  • いちばん多いのは、脳の動脈がこぶのようにふくれてそれが破裂する、脳動脈瘤破裂(のうどうみゃくりゅうはれつ)です。次に脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)からの出血、頭部外傷によるものがあります。くも膜下出血は、同じ家系内に起こることがあるので、親戚でくも膜下出血を起こした人や未破裂脳動脈瘤がある人がいる場合は要注意です。

    出典 :カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    家系にくも膜下出血になった方はいませんか。

  • くも膜の下(内側)には脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気です。
    出典 :くも膜下出血 - goo ヘルスケア
     

    働き盛りの人にも起こるそうです。

  • くも膜下出血体験談 くも膜下出血は突然やってくる

    34歳。
    その日は突然やってきました。

    出典 :くも膜下出血体験談 34歳でくも膜下出血、手術、そして現在の私
     

    30代であっても、発症します。

  • 症状

    くも膜下出血の症状は強い頭痛を起こすことです。その痛みは「バットで殴られたよう」と例えられるほど強い衝撃を伴います。頭痛だけでなく吐き気を起こすこともありますが、脳動脈瘤が破裂した場合は昏倒を引き起こすことがあります。他にも意識障害が発生したり麻痺が現れたりすることがありますが、場合によっては命に関わる事態に発展することがあります。

  • 原因

    くも膜下出血の原因の多くは脳動脈瘤と呼ばれる動脈に出来る瘤です。脳動脈瘤は他の部位に出来る動脈瘤と違って、症状を伴うことが無いため日常生活に支障を来たさないことがほとんどです。しかし、何かの拍子で脳動脈瘤が破裂することでくも膜下出血を引き起こします。脳動脈瘤以外の原因としては、脳動静脈奇形の破裂や頭を強く打ったことによる外傷性出血があります。外傷性出血によるくも膜下出血は、健康な人にも起こりうるトラブルであるため注意が必要です。

  • くも膜下出血とは、脳を保護しているくも膜の下に出血が発生する病気のことです。豆腐に例えられることがあるほど脳は脆く、頭蓋骨とその下にある髄膜で厳重に守られています。この髄膜は三層に分かれ、頭蓋骨に近い方から硬膜・くも膜・軟膜となっています。くも膜下出血は、くも膜と軟膜の間に出血が生じている脳の病気なのです。
    出典 :くも膜下出血 - 脳動脈瘤が原因となる蜘蛛膜下出血の症状など - 脳の病気ガイド
     

    脳の病気です。