肌の保湿に関するまとめ

美肌を手に入れるにはまず、肌の保湿から極めましょう。今回は肌保湿に関する情報をまとめました。

view187

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 尿素

     

    尿素がなにゆえ肌保湿成分として扱われているかですが、尿素は非常に水に溶けやすいという性質を持ちます。
    これはすなわち尿素分子が水分子と結合しやすいという事を意味しており、肌の中に(角質層)尿素が存在すると、その分水分が捕まえられて保湿効果が期待できるということなのです。



  • ヒアルロン酸、肌保湿効果を狙って多くのスキンケア用品などに配合されてはいるのですが、注意すべき点として「ヒアルロン酸はそのままでは皮膚に浸透しない」という点が挙げられます。

    出典 :肌保湿成分 ヒアルロン酸
     

    これは覚えておきましょう。

  • ヒアルロン酸

     

    肌保湿成分として知名度が高く、多くの化粧水や保湿クリーム、スキンケア用品に配合されているのがヒアルロン酸です。
    ヒアルロン酸は糖がたくさん連なって形成されるムコ多糖類の一種で、非常に分子量の大きい高分子です。

    保水能力が高く、水に溶かすとぬめりけの強い溶液となります。

  • 化粧水で補うのは水分そのものでは無く、洗顔や入浴で失われた肌保湿を担う保湿成分を補うのだと考えましょう。

    出典 :化粧水の選び方
     

    化粧水は非常に大切となってきます。

  • お風呂上がりや洗顔は、肌保湿が大きく低下するタイミングですので、その後の保湿ケアが欠かせません。

    出典 :化粧水の選び方
     

    すぐに化粧水などでの保湿をしましょう。

  • 原則として洗顔料はしっかり泡立てて使うことで肌への負担を減らすことができます。
    出典 :洗顔料の選び方
     

    しっかり泡立てれば、ゴシゴシする必要はなくなります。

  • 洗顔料だけでなくすすぎ水によっても皮脂は落ちていきますので、肌保湿能力を維持するためには、すすぎも手早く行う必要があります。

    出典 :すすぎの温度
     

    すすぎも手早く行いましょう。

  • 皮脂を落としすぎずに毛穴汚れはしっかり取るために、熱すぎず冷たすぎないぬるま湯が丁度よいということです。

    出典 :すすぎの温度
     

    洗顔のすすぎはぬるま湯で行いましょう。

  • 皮膚常在菌は皮膚表面に生息する無害な細菌類ですが、これらが皮膚の表面を占領していることで有害な細菌の繁殖を防いでいるという働きも有ります。

    ゴシゴシ洗いでこれら皮膚常在菌を減らしすぎると、有害な細菌が住み着いたりしてニキビや皮膚の炎症を引き起こす間接的な原因ともなるのです。

    出典 :正しい洗顔
     

    洗顔はゴシゴシしないで。

  • 肌の防御を破壊しない洗顔方法の基本となるのは、「洗い過ぎない」という当たり前の事柄です。

    出典 :洗顔の仕方
     

    洗いすぎは禁物です。

  • 実質肌保湿を行なっているのは、肌の中でもこの角質層の部分であり、合成界面活性剤などで脂質のセラミドを洗い流してしまったり、過度の洗浄で角質そのものを除去してしまうと、保湿能力が著しく下がることになります。

    出典 :角質層
     

    洗いすぎは禁物です。

  • 肌保湿に特に関わるのが角質層の部分であり、この角質層の防御力を落とさずに洗顔や各種ケアを行うことが、肌保湿の観点から言って重要になります。

    出典 :肌保湿の重要性 肌の構造
     

    正しいケアを知ることが大事です。

  • 美容を考える上では肌の美しさが重要であり、肌の美しさを保つためには肌保湿をしっかりしてやることが肝心だといえるわけです。

    肌全体の防御力にも肌保湿は関わってくるため、肌保湿がしっかりされていれば他に何もしなかったとしても、肌はかなりの健康さを保ってくれます。

    出典 :肌保湿の方法
     

    保湿さえできていれば、肌の健康の最低限は保たれます。

  • むしろ、人間は陸上動物としてかなり水分要求量が多い方であり、それを理由にもともとは海辺に住んでいたのではないかという学説まで存在するほどです。

    それだけ人間の肌は潤いを必要としており、肌水分が失われるとシワたるみ、ガサつき、シミそばかすその他諸々の形で肌のダメージが現れてきます。

    出典 :肌保湿の方法
     

    肌水分が大事であることがわかりますね。

  • 綺麗さの要素という点では複数に分けられるのですが、スキンケアという点から見ると、これらの要素ほとんど全てに関与するのが、「肌の潤い」です。

    およそ地球上の生物で水分を必要としない生き物は存在せず、人間も当然のようにあらゆる生命活動に水を必要とします。

    出典 :肌保湿の方法
     

    すべては水分に関係してきます。