そううつ病の症状と治療法

双極性障害とも呼ばれ、2つの症状が周期的に発症する病気です。精神科への通院や入院が必要になる病気で、100人に1人くらいの頻度でかかることがあると言われています。

view568

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そううつ病とは?

  • 躁うつ病とは、躁病と、うつ病を繰り返し発病する精神疾患です。誰でも、気分が高ぶったり、落ち込んだりしたことがあるのではないのでしょうか?しかし、それは時が経過すれば治まります。しかし、躁うつ病は、自己の意思とは無縁に、躁病や、うつ病を、次々に展開して行きます。
    出典 :http://www.geocities.jp/cstsg466/soutu.html
  • そう病

     

    1、気分が良すぎる、ハイになりすぎる、興奮する、怒り出す
    2、自分が偉くなったよう感じる
    3、普段よりお喋りになる
    4、次々とアイディア、考えが頭に浮かぶ
    5、注意力が散漫しやすい
    6、活動的になり、じっとしていられない
    7、散財、性的逸脱、バカげた投資などの逸脱行為が顕著
    以上、1を含んだ状態が、1週間続いた状態を、「そう病」と呼びます。

  • うつ病

     

    1、1日中憂鬱で、気分が晴れない
    2、すべてに興味を失い、楽しめなくなる
    3、食欲が減少(または増加)したり、体重が減少(または増加)する
    4、寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝早く目が覚める、寝すぎる
    5、話しかたや動作が鈍くなる
    6、自分には価値がないと思う
    7、疲れやすく感じ、無気力になる
    8、集中できない、決断できない
    9、死にたいと切実に思う
    以上、1または2を含んだ状態が、2週間続いた状態を、「うつ病」と呼びます。

  • そううつ病の原因

  • 躁うつ病の原因はまだよくわかっていませんが、現在のところ生物学的な素因、遺伝的な要因や生活環境などによって形成された性格傾向、そして心理社会的ストレスや身体的状況などの誘因が発症のメカニズムに関与していると考えられています。
    出典 :躁うつ病 原因と4つの要因
     

    生物学的要因としては、神経伝達物質が関与しているというアミン仮説が有力視されています。うつ病では脳内の神経伝達物質が減少し、躁病では逆に増加しているという説です。

  • そううつ病の診断

  • 双極性障害は、放置していて自然に治る病気ではありません。正しい治療をしないまま放っておくと、再発を繰り返し、次第にその間隔が短くなってきてしまいます。
    しかし、早期に発見して正しい治療を行えば、コントロールすることができる病気です。適切な治療を受け、再発を予防しながらうまくつきあっていけば、社会生活をおくることは十分に可能です。
    出典 :双極性障害からの回復 まずは正しい診断を|双極性障害|NHK 若者のこころの病情報室
  • 「躁」状態や「軽躁」状態にあてはまりそうなことがなかったかどうかの情報が不可欠です。本人のセルフチェックも大切ですが、自分ではなかなか分かりづらい状態のため、普段と変わったようすがなかったかどうか、家族や周囲の人の気付きも大切になります。
    出典 :双極性障害とは? 病気であると気づきにくい|双極性障害|NHK 若者のこころの病情報室
  • そううつ病を克服した有名人

  • 政治家ではリンカーンやチャーチルなど、音楽家ではヘンデルやマーラー、チャイコフスキー、シューマンなどが有名です。画家では、ゴーギャン、ゴヤ、ゴッホ、科学者では、ダーウィンやフロイト、詩人ではパイロンやポーなどがあげられます。
    日本では思想家の新渡戸稲造や作家の夏目漱石などがいます。また、作家で精神科医でもある北杜夫は、自ら躁うつ病と自己診断していることでも有名です。
    出典 :躁うつ病を患った有名人
  • そううつ病の治療

  • 薬物療法と精神療法が主です。しかし、それだけでは十分ではないので、認知療法、通電療法、天然物質、代替療法などいろいろな治療方法を併用したり、さらには患者自身の生活習慣の改善も含めて、総合的に進めていきます。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 躁うつ病(双極性障害)の治療方法
  • 薬物療法

  • 双極性障害に使われる気分安定薬は、躁状態にもうつ状態にも効く薬です。一見、躁とうつは正反対の症状なので、薬も正反対の作用のものを用いるものと思われがちですが、双極性障害は気分が大きく上下に乱れた状態ですので、気分を安定させればよいわけです。躁の状態にもうつの状態にも効くのが、気分安定薬です。気分安定薬は特効薬とは言えませんが、現在、双極性障害の治療と再発予防において効果が認められた第一選択の薬です。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 躁うつ病(双極性障害)の治療方法
  • 精神療法

  • 精神療法は、フロイトの精神分析理論が基本になっていて、さまざまな療法が開発されました。その主なものとして「認知療法」「行動療法」「対人関係療法」「精神力動的精神療法」などがあります。精神療法とは「治療者と患者のやりとりの中で病状を改善する方法」と定義されています。この療法は、患者さんが主体的に自分の問題として気づくこことから始まります。医師が答えを出して、患者さんがそれを守るというものではありません。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 躁うつ病(双極性障害)の治療方法
     

    医師と患者さんがやりとりを重ねながら、自分自身をコントロールしていく姿勢がとても重要なことです。

  • そううつ病の専門病院