体外受精の痛みについて

肉体的な痛みと、精神面での痛み。
両方の情報を、まとめました。

  • S 更新日:2014/03/09

view447

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 採卵の為の注射

  • 筋肉注射

  • 採卵の為にたくさんの卵を必要とします、注射は筋肉注射です。
    7日間ほど通いました、腕やお尻に注射をしてもらいますが、腕よりお尻のほうが痛みはマシでした。
    痛みは一瞬です、看護婦さんが「赤ちゃんの為だからね」って言われ頑張れました!!注射の後は、よくもみほぐすのに限ります。
    出典 :体外受精・・・痛みはどのくらい? 不妊・不妊症・不妊治療の広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • 採卵時

  • 採卵そのものは麻酔があり、痛みは全く無いという方もいます。
    医師の「今から採卵します」という掛け声がしたらチクッとします。
    それから眠りにつくため、その後の事は覚えてない方が殆ど。

  • 採卵時の麻酔

  • 痛みではないけど、麻酔が効くときに気持ち悪くなった人もいます。
    麻酔から覚め、大分吐いてしまうという事態も。。。

  • 排卵させる注射をし、72時間後に体外受精となる。朝早くから点滴を行い、1時間後に静脈麻酔でやってます。(局所麻酔は痛かった為)静脈麻酔は効き具合によって気持ち悪くなりますが、局所麻酔の時は採卵出来ない程の苦しみ(子宮をグリグリみたいな)だったので、静脈麻酔で思いっきり採卵してもらってます。
    出典 :採卵のとき麻酔使う? |体外受精の体験談を公開!
  • ・採卵する時は麻酔をしますが、それでもかなりの痛みを感じました。とにかくリラックスする事が大切なんです。
     

    麻酔をしても痛みを感じる人も。
    全員が同じというわけではないようです。

  • 採卵の後

  • 採卵の後、麻酔がきれた時。
    お尻に鈍痛が発生してしまう人もいます。
    ※漢方を処方してもらい、尿を出して生理がきたら良くなります。

  • 移植

  • 子宮口が固くて無理やりこじ開けられて、2日前後、軽く血が出てしまった人も。。。
    このような事もあり、一番痛かったのは「移植」と答える人もいます。

  • 排卵誘発剤の影響

  • 排卵誘発剤による影響で、卵巣過剰刺激症候群になった場合。
    卵巣が腫れ、腹水が溜まります。
    お腹が妊婦さんみたいになるため、苦しくなるようです。

  • 卵巣過剰刺激症候群

     

    妊娠すると、卵巣を刺激するホルモンがでるらしく、酷くなるそうです。

  • 精神面での痛み

  • 別の意味で“痛い”というお声もあります。
    それは「請求書の金額」が思っていたより多かったという点です。
    更に結果が思わしくなかった時のダメージは大きいです。

  • 通っている病院では、採卵は全身麻酔です。
    落ちてから処置するから、採卵の痛みはありませんね。
    (一度、完全に落ちる前に始まった時は痛かった)
    だけど、麻酔の種類によるのでしょうけど
    入れると沁みて痛みを感じました。
    落ちるまでの僅かな時間ですけど……。
    (落ちる前に始まった時は、沁みない麻酔だった)
    麻酔が切れても痛みを感じた事は一度もありません。
    出典 :体外受精、痛いですか? : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)