痛風になった場合の治療法とは

痛風になった場合の治療法とは、どんなものがあるのかを解説していきます。

view215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 痛風とは?

  • 痛風は、尿酸という物質が関節の中で固まって結晶になるために起こる関節炎を主な症状とする疾患です。関節炎は突然起こるので痛風発作と呼ばれることもあります。
    出典 :痛風とは
  • 痛風のメカニズム

  • 私たちの身体に中にはプリン体という、生きていくうえで欠かせないものがあります。プリン体は遺伝子にも含まれますし、エネルギーの源でもあります。
    出典 :痛風とは
  •  

    プリン体が代謝されると最終的には尿酸という物質になります。ですから血液には一定量の尿酸が含まれています。いろいろな理由で血液中の尿酸の濃度が高くなり、7.0mg/dlを超えると高尿酸血症という状態になります。高尿酸血症が長く続くと関節の中で尿酸が固まります。固まった尿酸が関節の骨と骨の間(関節腔)に落下すると白血球が攻撃します。こうして痛風発作が起こります。

  • 痛風の兆候

  • 多くの場合、痛風発作が起こる少し前にはむずむずするような違和感を伴います。足の親指の付け根に最も多いのですが、足首や膝にも生じます。
    出典 :痛風とは
  • 痛風の治療とは?

  • 痛風の治療は、足の痛みに対する対症療法だけではありません。痛風発作の根本的原因である高尿酸血症改善のための治療も併せて行います。
    出典 :痛風の予防・治療法 [生活習慣病] All About
  • 痛風発作の再発を防ぐことはもちろん、腎機能障害を回避し、動脈硬化が進まないようにすることが大切。治療の第一歩はまず生活習慣改善で、十分な改善が得られない場合には薬を処方します。
    出典 :痛風の予防・治療法 [生活習慣病] All About
  • 痛風発作の治療・薬による痛みの緩和

  •  

    痛風発作が起きた場合はとにかく痛いので、まず薬で炎症を抑えます。痛みや腫れが消えるまで炎症を治める薬を続け、炎症が完全に治まってから血液中の尿酸濃度を下げる薬を始めます。炎症が治まっても尿酸値が高ければ、また痛風発作を起こす危険があるためです。

  • この際、急激に尿酸値を下げてしまうと痛風発作を誘発するリスクがあるので、薬は少量から始めて定期的な血液検査を行いながら3~6ヶ月かけて量を調節します。
    出典 :痛風の予防・治療法 [生活習慣病] All About
  • 痛風発作を繰り返す場合は、痛みの予兆があった時点で発作を抑える効果がある薬を使用することもあります。
    出典 :痛風の予防・治療法 [生活習慣病] All About
  • 痛風の食事療法

  • 痛風の大きな原因のひとつに偏った食生活があります。長年の高タンパク・高脂肪の食事、アルコールの飲み過ぎが通風を引き起こすのです。どんなに薬物治療を受けても、日々の食事を改善しない限り克服はありえません。正しい食事療法の知識をつけて、克服していきましょう!
    出典 :e痛風治療ガイド