妊娠が判明!これから食事に気をつける!妊娠初期の食生活

うれしい妊娠が判明したら、これからは今までより大事になる食生活。妊娠初期の食生活はどのようにしたらいいのか、まとめて見ました。

view312

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠してからは、つわりや食の好みの変化で今までのように気軽に食事が取れなくなるし、かといって一番大事なのは赤ちゃんのためにバランスの取れた食事をすること。色々考えなくてはなりませんね。

  • 気をつけなければいけない食べ物

  • 生の魚介類

  • 妊娠期間中は免疫力が低下している為、生ものに付着しているウイルスによって食中毒に陥りやすい状況にあります。ウイルスやバイ菌類は、加熱すると死滅するので妊娠中はしっかりと加熱されているものを口にするようにしましょう。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
     

    今は少なくなっていると言いますが、牡蠣などには「ノロウイルス」がいることがあります。
    妊娠中は控えたほうがよさそうです。
    他にもマグロは「メチテル水銀」がわずかにあり、大量に摂取すると胎児に影響があります。
    少しなら大丈夫ですが、何日もたくさん食べるのは控えたほうがいいでしょう。

  • 生肉

  • 生肉やよく火が通っていないお肉を食べる時に注意すべきウイルスは、「O-157」と「トキソプラズマ」です。「O-157」に関しては、毎年といってもいいほどニュースなどで話題になるのでほとんどの方が知っているのではないかと思われます。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
     

    トキソプラズマに免疫のない妊婦さんが妊娠中に感染すると赤ちゃんに重い障害が出ることがあります。
    トキソプラズマは生肉のほかに、猫の糞尿や、土にいます。庭弄りをするときやペットの世話のときは手袋をしましょう。

  • ナチュラルチーズ・パテ・スモークサーモン

  • リステリア菌に注意
    妊娠中は、一般の人よりもリステリア菌に感染しやすく、赤ちゃんに影響が出ることがあるといわれています。そのため、リステリア菌が多いといわれているこれらの食品を積極的に摂ることはおすすめできません。
    出典 :妊娠する前に知っておきたい!妊婦の食事の注意点とは? : タニタ運営[からだカルテ]
     

    加熱で死滅するので、食中毒にならないようきちんと火を通しましょう

  •  

    おいしそうなんですが、パテやチーズは注意してください。

  • 理想の食事

  • 1品に偏らず、いろいろな食品を摂取
    1日3回しっかり食べ、3食の比率は同じにする
    1回の食事には、主食・主菜・副菜をそろえる
    主食・主菜・副菜は3:1:2の割合にする
    1食、1日の中で調理法、味つけを変える
    出典 :妊娠中の食事(1) | 女性の健康について、詳しく | ウーマンコムのスタッフブログ
     

    たりない栄養素があっても神経質にならず、3~4日の大きな枠で考えれば大丈夫です。
    たとえば、カルシウムがたりない日があったら、翌日の朝食に牛乳を飲むように心がける、鉄分がたりなかったなと感じたら、次の日にほうれん草やあさりを使った料理を食べるなどして調整しましょう。

  • つわりのために食事が進まないときは、食べられるものを少量ずつ食べるようにします
    口当たりの良いさっぱりした物を水分主体にとるようにします
    出典 :妊婦さんのためのレシピ | 『食育』をはじめましょう
     

    飲み物も麦茶・ほうじ茶・ハーブティーなどカフェインのない物を選びましょう。
    においの強くない、あっさりした食べ物が良いでしょう。

  • 外食に気をつける

  • 食事の用意をするのも億劫なとき、優しいだんなさんが「じゃあ、外で食べようか?」って。
    そんなときも、気をつけてください。妊娠してからの食事には気を使います。

  • 主食、汁物、野菜メインのおかずなど和食メニューが◎
    揚げ物を食べたい時は衣を残し中身だけを食べれば◎
    塩分の過剰摂取を防ぐため調味料は極力使わなければ◎
    毎回同じ店の同じメニューばかりでなければ◎
    出典 :妊婦が外食やインスタント食品を摂る時のポイント |妊婦ママ食事ガイド
     

    外でのメニューは、塩分の過剰摂取や脂分の摂りすぎに注意してください。

  •  

    外食をするときは、和食がオススメ。
    回転寿司は避けてください。
    生ものは妊婦にはNG.体も冷えるし、すし飯は糖分塩分が意外と多いのです。