昼寝の効果を最大にするための方法

昼寝をすることで、午後からの集中力やエネルギーを取り戻し、より活動的な毎日を送るために昼寝の効果を最大にする方法をまとめます。

view193

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昼寝をすることとは?

  • 昼寝には疲労を回復させるための効果があるといわれています。

  • 質の高い昼寝をとることで、「日中の活動によって溜まった疲労を解消し、エネルギッシュに活動を続けること」ができるようになります。

    あなたの心身には、日中の活動によって疲労物質が蓄積されていきます。この疲労物質により、集中力や学習能力の低下、精神不安定などの症状が引き起こされています。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
  • 昼寝の効果

  • 質の高い昼寝をとることで、あなたは次のようなメリットを得ることができます。

    ・記憶力や学習能力の向上
    ・集中力の復活
    ・疲労回復
    ・ストレス解消
    ・精神安定
    ・性格の活発化
    ・心臓病やアルツハイマー病のリスクの低下
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
  • 昼寝の効率的なとり方

  • 次に、昼寝をする上で効果的な方法を解説していきます。

  • 昼寝前にコーヒーを飲む

  • 昼寝をしたはいいけど、起き抜けはぼーっとしてしまうのが心配ですよね。
    コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、眠気覚ましに効果があることで知られていますね。カフェインの効果が表れるのは、摂取してからおよそ30分後といわれています。すぐに効果があるわけではないんですね。
    昼寝の前にコーヒーを取って眠りにつく、そして丁度目が覚める頃にすっきりするというわけです。コーヒーが苦手な人は紅茶やココアで試してみてください。
    出典 :昼寝について【体に優しい睡眠法】
  • 寝るときはうつ伏せで

  •  

    うつぶせ寝健康法というのがあります。うつぶせで眠ると気道を確保でき、内臓や背骨に負担をかけません。
    特に睡眠時無呼吸症候群の人やいびきが気になる人、肺炎の人などに効果的です。普段仰向けに寝ている人も、昼寝のときは机に向かってうつぶせになってみてください。

  • 昼寝の時間

  • 昼寝は、「15~20分の間でとること」で、その効果を上げることができます。

    30分以上の昼寝をしてしまうと、あなたの脳は熟睡するモードに切り替わってしまい、起床後も慢性的な眠気が続いてしまう結果となります。

    そのため、昼寝をとる時間を「15~20分」程度にすることが、短時間で脳に休息を与える効果的な時間になります。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
  • 目が覚めたら脳に刺激を与える

  •  

    脳の活動を活発にさせるために、昼寝から目覚めたら次の行動を実践するようにしましょう。

    ・光を浴びる
    ・眠気覚ましのツボを押す
    ・冷たい水で顔を洗う
    ・近くにいる人と会話をする