ストレス社会の今、早期閉経の女性が増えている!心配なあなたへ

無理なダイエットや過度の過労やストレスから早期閉経の女性が増えているそうです。
女性なら気になる課題。早期閉経についてまとめてみました。

view422

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早期閉経とは

  • 40歳前後で1年以上生理がなく、卵巣機能が完全に停止している場合は早期閉経と考えられます。
    出典 :早期閉経
  • 問診で生理がこなくなって!一年以内と後、では治療方法や診断がかわってくるので、おかしいと思ったら
    生理がこなくなってからの年月はしっかりメモ等に記載しておくこと。

  • 早発閉経

  • 早発閉経は、まだ閉経年齢にならない20歳代、30歳代で、卵巣年齢が閉経年齢に達してしまっている状態をいいます。
    出典 :早発閉経 - リプロダクションセンター
  • 早期閉経と早発閉経は違うようです。

  •  

    気になりますね

  • ダイエットとストレスが原因に

  • 無理なダイエットや過度の過労やストレスを抱えると脳の情動センターの脳幹がダメージを受けます。この脳幹は卵巣機能にも影響しているためにホルモンのバランスが乱れてきます。長期間、この状態が続くと卵巣機能が修復できなくなって早期閉経を招いてしまいます。
    出典 :早期閉経
  • 閉経の症状


  • 規則的だった生理が止まり突然閉経になる。
    生理周期が短くなり閉経になる。
    生理周期が長くなり閉経になる。
    生理周期が短くなったり、長くなったりを繰り返し閉経になる。
    出典 :閉経の症状とは?
  • 予防 

  • 生理が遅れて生理量が徐々に減っていくなどの生理不順の前駆症状を除き、明確な早期症状はなく確実な予防法もまた明らかにはされていません。

    普段から3ヶ月以上無月経状態になってしまった場合必ず検診を受け、初期に生理不順を治療し早期閉経を予防した方が良いでしょう。

    早期閉経の場合は初期に発見し治療をすることが効果が高いためです。
    出典 :生理不順と早期閉経|韓方医院院長のブログ
  •  

    早期発見、治療、が一番!
    生理が最近不規則だと思ったら
    まずは病院へ!
    後悔しない為にも。

  • 早目の受診を

  • ホルモン補充療法

  • 治療として一番多いそうです。貼り薬や飲み薬等あるそうです!

  • 更年期障害はエストロゲンの減少が主な原因ですので、減少したエストロゲンを補うことが一番理にかなった方法です。
    投与方法、薬剤の適切な選択によって、おひとりおひとりに合った、最適な処方を選ぶことができます。また、そのような工夫によって心配な副作用を軽減することが可能です。
    ホルモン補充療法は、骨粗しょう症の予防効果も認められています。つまり今起きている問題を解決するとともに、将来起きる可能性のある病気の予防にもなるのです。
    また、ホルモン補充療法は皮膚の老化を予防し容貌を若く維持することも可能です。閉経による皮膚のコラーゲンの減少を食い止めることができます。

    ホルモン補充療法はどなたでも受けていただけるわけではありません。乳がん、子宮体がん、血栓症などをお持ちの方は受けられません。そのために、事前に詳細な問診や、血圧測定、子宮頚部、体部細胞診、超音波検査、採血などを行います。これらは、病気の早期発見にもつながる非常に有用な検査です。 また、ホルモン補充療法を続けていく中でも、定期的な検査が必要です。
    出典 :しもむら本町レディースクリニック|女性ホルモン外来