女性特有の悩み【排卵痛】どうしたらよいのか!原因と対策まとめ

女性に特有の悩みである排卵痛の原因とその対策についてまとめました。
女性の方が充実した生活を送るためには整理に関する悩みを解決することが大切です。
特に排卵に伴う痛みを抑えることは、仕事やプライベートの時間を豊かなものにするためにも必要不可欠なことです。

view12213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵痛って

  • 排卵痛とは女性に特有の症状のことであり、排卵の際に痛みが生じることです。
    排卵痛が生じる原因にはさまざまなものが考えられています。
    また、女性ならば全員が痛みを感じるわけではなくて、中にはほとんど痛みのないという方もいます。
    しかし、排卵痛の酷い方になると、まともに立っていることすら困難になってしまい、生活に大きな支障が出てしまうことがあります。
    注意して欲しいのは、排卵痛と生理痛は異なるものです。
    この違いを理解しておかないと、今月は二回も生理があったと勘違いしてしまう可能性があります。

  • そもそも、排卵というのは卵胞が破けて中から卵子が排出されることです。
    この卵子と精子が上手く受精することができれば妊娠をして子供を産むことができます。
    つまり、排卵というのは女性にとってとても大事な役割を果たしています。

  • 排卵期は排卵をする日の前後3日程度のことを指します。
    月経してから2週間ぐらい経過したときが排卵期であると考えましょう。
    排卵期に痛みが生じるのであれば、それは排卵痛である可能性が高いです。
    排卵痛であるかどうかを見極めるための方法として、毎日きちんと基礎体温をチェックしておきましょう。
    体温が低い状態から高い状態に移行する際に排卵が行われるため、そのタイミングで痛みが生じたら排卵痛であると診断されます。

  • 原因は

  • 排卵痛が起きてしまう原因は未だにはっきりとしたことはわかっていません。
    排卵時には卵巣や卵胞の状態が大きく変化するため、それらが影響して痛みが生じるのだろうと考えられています。
    排卵というのは、卵巣の中にいる卵子が壁を壊して外に飛び出してくる現象のことです。
    この時、卵巣の壁は当然傷ついてしまうことになり、それが原因となって出血することもあります。
    出血量が多くなってしまうと、それが原因となって痛みが生じることがあるのです。
    また、そもそも卵巣から卵子が飛び出てくる時に痛みが出る場合もあります。

  • 排卵痛の原因

     

    ホルモンの作用により、卵胞の中にある細胞が成長していきます。
    そして、そこから更に別のホルモンの影響を受けて、卵胞が破裂して、中から卵子が放出されます。
    卵胞が破けるため、この時に痛みを感じる女性が多いです。

  • 対策をしよう

  • 排卵痛の対策として体を冷やさないことが大切です。
    特に真夏になると冷房の効いた涼しい部屋の中にいることが多いのですが、できるだけ冷房の設定温度は高めにするとよいでしょう。
    また、オフィスの中がとても寒くなっている場合にはカイロを使うとよいでしょう。
    きちんとお風呂に浸かり、体全体を温めるようにしましょう。

  • 排卵痛を避けるためには便秘をしないことが大切です。
    便秘をすると、腸の中に便が大量にたまってしまうことになり、それが卵巣を圧迫してしまいます。
    また、便秘をしていると気分が悪くなったり、痛みに敏感になるため、それらの影響で排卵痛がひどくなることもあります。
    便秘を避けるための方法としては、きちんと運動をして、食物繊維をしっかりと取ることが大切です。

  • もしも激痛を感じてしまったならば、すぐに病院へ行きましょう。
    強い痛みを感じる場合は何か病気にかかっている可能性があります。
    また、痛み止めを飲まないと我慢できないほどの痛みになる可能性があるため、早めに病院へ行くことが大切です。

  • 排卵痛は我慢してはいけない

  • 排卵痛のことを真剣に考える

     

    女性だから排卵痛は仕方のないものだと考える人は案外多いです。
    また、痛みに耐えることが大切だという間違えた考えをしている人も未だに存在します。
    排卵痛が病気のサインとなっていることもあり、また、毎日の生活を楽しく送るためにも、排卵痛について真剣に考えることが大切です。