どうやって治療するの?肘部管症候群治療法。

肘部管症候群治療法についてまとめました。手指がしびれる肘部管症候群の原因から治療法まで。意外と知らない肘部管症候群とは??

view1009

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)てどんな病気?

  • 小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している尺骨(しゃっこつ)神経が、肘の内側の肘部管というトンネルで圧迫や引き延ばしを受けて発生する神経麻痺です。
    出典 :肘部管症候群 - goo ヘルスケア
  • 肘部管症候群の症状とは?

     

    肘部とつくくらいだから肘が痛いのかと思ってしまいますが、実は手や指に症状が現れます。

  • 小指と薬指の小指側半分にしびれが起こってきます。また、尺骨神経は、手のひら側と甲側の両方を支配しているので、指全体がしびれるのが特徴です。
    出典 :肘部管症候群
  • 特に、手の骨と骨との間の筋肉がやせるので、指を開いたり、閉じたりする力が弱くなったり、親指と人さし指で物をつまむ力が弱くなる、はしが使いづらくなる、などの細かいことがしつらくなります。また、手で水をすくったりする動作も難しくなってきます。
    出典 :肘部管症候群
     

    症状が進むと手指を使う動作が難しくなってきます。

  • 小指と薬指がまっすぐに伸びない鉤爪(かぎづめ)変型(あるいは鷲手変形)が起こります。
    出典 :肘部管症候群 - goo ヘルスケア
     

    肘部管症候群治療法ってあるの?治るの!?と不安になってしまうような症状ですね・・・。

  • 肘部管症候群治療法について。

  • 日常生活に支障が出るほどの症状がある肘部管症候群。その治療法はどのようなものなのでしょうか?
    まずは原因から探ります。

  • 肘部管症候群の原因とは?

     

    肘部管症候群は、尺骨神経がひじの内側で圧迫される病気。
    尺骨神経は肘部管という狭いトンネルを通って手にのびています。
    その尺骨神経が慢性的に圧迫されて起こるのがこの病気。

    そのほとんどの原因が変形性肘関節症です。
    変形性肘関節症は肘をよく使い、負担をかけている人がなってしまいます。
    長年、仕事や激しいスポーツで肘に負担をかけ続けている中高年の人に多く見られる病気です。

  • そのほか、ひじ関節部の骨折、ガングリオン、外傷などから起こる場合もあります。
    出典 :肘部管症候群
  • 肘部管症候群治療法~初期~

     

    しびれや痛みが軽症の場合は保存療法になります。

  • 肘を安静にして、消炎鎮痛薬やビタミンB剤を内服します。
    出典 :肘部管症候群 - goo ヘルスケア
  • 肘部管症候群治療法~中度以上~

     

    初期のような保存療法が効かない場合や筋肉がやせ細っている場合は手術を行います。

  • 手術には、狭い筋膜のトンネルの入口を切開するだけで終る場合や、骨の溝を削って深くする方法、神経を骨の溝からはずす方法など、原因に見合った、さまざまな手術方法があります。
    出典 :肘部管症候群|末梢神経障害による手足のシビレ|日本脊髄外科学会
     

    筋肉がやせ細っている場合は手術をしても回復までに時間がかかります。

  • 肘部管症候群になったら気をつけたいこと。

  • 頬杖をつくのは止めましょう。頬杖をつくと、尺骨神経は引き延ばされた上に、圧迫されます。
    出典 :肘部管症候群|末梢神経障害による手足のシビレ|日本脊髄外科学会
     

    ついやっていませんか?

  • 寝ている間にシビレが起こる場合は、マットレスを替えてみてください。軟らかすぎも、硬すぎもいけないようです。また、眠るときに、胸の上で手を組む習慣のある人は、手のひらを上にして、肘を伸ばして眠るようにしてみてください。
    出典 :肘部管症候群|末梢神経障害による手足のシビレ|日本脊髄外科学会
     

    自分の癖や習慣を見直してみるのも、早期回復の手助けになります。