ICLは手術失敗が少ないって本当?ICLのメリットについて

ICLはレーシックと比較して手術失敗が少ないと言われています。
このように安全性が高いことはICLの大きなメリットと言えるでしょう。
また、ICLのメリットは安全性だけではありません。
ICLの魅力的なメリットについてまとめました。

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ICLは手術失敗が少ない

  • ICLは手術失敗が少ないことでも注目されています。
    しかし、わずかではありますがICLの手術によって合併症が起こることもあるようです。
    ICLの合併症として挙げられるのが緑内障です。
    これは、軽度の近視の人がICLを行った場合に表れることが多いようです。
    そのため、軽度の近視の人はICLの手術に向いていません。
    また、白内障もICLの手術の合併症で起こることがあるようです。
    このような場合は白内障の治療を行います。
    ICLの手術によってこれらの合併症の報告があるものの、その数は決して多いとは言えません。
    そのため、レーシックよりも術後のトラブルが少ない、つまり手術失敗が少ないと言えるでしょう。

  • ICL手術を行う事が出来るのは、実際の認定手術を合格し認定医となった医師のみですので、どの先生でも手術自体は問題ないと思います。
    出典 :ICL(フェイキックIOL)手術 : 岡眼科(福岡市・飯塚市)
     

    また、ICLはライセンスが必要と言う点でも手術失敗が少ないと言えるでしょう。
    そのため、安心してICLの手術が受けられるのではないでしょうか。
    このようなICLのライセンスを持っている医師は現時点で日本に100人程度しかいないそうです。
    しかし、ICL自体の歴史が浅いことから心配に思う人も居るかと思います。
    より安全性を求めるのであれば、ICLの手術経験が豊富な医師を選ぶと良いでしょう。
    更に、ICL手術は2010年に厚生労働省から安全性が認められています。
    このように厚生労働省の認定手術であることも、ICLが注目されている理由ですね。

  •  

    ただし、いくら安全性が高く手術失敗が少ないと言われるICLでも、術後のケアを怠ると目の病気になる危険性が高くなります。
    基本的に、ICLの手術後約3ヶ月の間は点眼薬でアフターケアを行います。
    また、数ヶ月ごとの定期検診も必ず受ける必要があります。
    しかし、ICLの手術後は視界が改善されるため、生活の中で不便が無くなります。
    そうすると自然とアフターケアを疎かにしてしまい、定期検診もサボりがちになります。
    このように手術後のアフターケアをしっかりと行わないと、感染症によって失明することも考えられます。
    このようなことから、ICLは手術後のケアが最も重要と言えるでしょう。

  • ICLのメリット

  • このように、様々な点から安全性が保障されているICLの手術にはいくつものメリットがあります。
    まず、レーシックでは不可能だった近視の程度が重い人、角膜が薄い人でも手術を受けることができます。
    レーシックができなかった人にとっては朗報ですね。
    更に、ICLは長期間効果が続くこともメリットとして挙げられています。
    ICLで目の中に入れるソフトコンタクトレンズは特殊な素材で出来ており、目が異物と判断しにくいと言われています。
    そのため、安心して長期間ソフトコンタクトレンズを目の中に入れておくことが可能です。
    また、ソフトコンタクトレンズは紫外線に強い性質があります。
    紫外線は様々な目の病気の原因になりますが、ICLの手術を受けることで紫外線に強い目になります。

  •  

    紫外線が原因とされている目の病気には、白内障、紫外線角膜炎、翼状片、加齢性黄斑変性症、瞼裂斑などがあります。
    ICL手術を受けることで、これらの紫外線が原因とされる病気のリスクが減少すると言えるでしょう。
    しかし、ICLの手術を受けたからと言ってこれらの病気には絶対にかからないとは言い切れません。
    そのため、紫外線が強い日はこれまで通りの紫外線対策を行いましょう。