【ひび割れ】【皮剥け】口唇炎の薬って効果があるの?

唇がかさつく、ひび割れる皮が剥ける…。市販の口唇炎の薬は効果があるのでしょうか?

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 口唇炎とはどんな病気なのでしょうか?

  • 口唇炎とは、唇の慢性的な炎症や亀裂、剥離などを伴う疾患のことをいいます。アトピー性口唇炎、接触性口唇炎、剥離性口唇炎が主な口唇炎の種類です。口唇炎は、口紅や唇の乾燥に加え、歯科疾患や金属アレルギー、などが原因となることもあります。
    出典 :口唇炎の症状と原因
  • 口の周りがカサカサする・唇の皮が剥ける・乾燥が酷くてすぐ割れてしまうなど、乾燥状態が酷い場合や、菌の感染による症状が出ている場合などは「口唇炎」と診断されます。
    出典 :その唇の荒れ、「口唇炎」の可能性は!?症状と治療法 | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 口内炎とは別に舌に特徴的な症状を示す病気があります。それが口唇炎です。アレルギーによると考えられている肉芽腫性口唇炎、接触性口唇炎、剥離性口唇炎、血管神経性浮腫などです。
    出典 :口唇炎とは:炎症.COM
  • 口唇炎になる原因は?

  • 最も多いと思われるのはアトピー性皮膚炎の口唇の病変です。口唇の乾燥、亀裂、皮めくれが主な症状で、口唇周囲の皮膚もカサカサすることが多く、口唇およびその周囲に色素沈着をみることが多いといった症状があります。
    出典 :口唇炎とは:炎症.COM
  • 接触性口唇炎は、口紅、リップクリーム、乳液、クリームなどの化粧品、歯磨き粉、石鹸、歯科用充填物などが原因となることがあります。アトピー性の口唇炎は、口唇の乾燥、亀裂、鱗屑(皮めくれ)が主な症状で、口唇周囲の皮膚もカサカサすることが多く、口唇およびその周囲に色素沈着をみることが多いといわれています。
    出典 :口唇炎の症状と原因
  • そのほかにも、光線口唇炎といって、日光に当たって主に下口唇に発赤、腫脹、水疱、びらん、痂皮(かさぶた)、カサカサ、亀裂などをみるものもあります。また、ビタミンB2欠乏による口唇炎や、剥離性口唇炎といって、口唇、主に下口唇に限局して、湿潤した黄褐色の痂皮(かさぶた)や落屑(皮めくれ)ができ、自分で剥いでしまって、それを何度も繰り返す疾患で非常に難治性なものもあります。
    出典 :口唇炎の症状と原因
  • 子どもは舌なめずりで口唇炎になってしまいがち

  • 新生児や乳児の場合、離乳食が入ったよだれによる刺激が原因になったり、幼児、学童の場合は唇を繰り返しなめたりすることで口唇炎の症状が起こります。
    出典 :口唇炎とは:炎症.COM
  • 特に小中学生には舌なめずり皮膚炎などが多くみられ、その症状も口唇炎の一種です。口唇炎にはいくつか種類があり、アトピー性口唇炎、接触性口唇炎、剥離性口唇炎、肉芽腫性口唇炎などが挙げられます。
    出典 :口唇炎の原因と対処法 | スキンケア大学
  • 市販の口唇炎の薬が効かないのは真菌に感染してるのかもしれません

  • 白いコケの様な物が付着していた場合などは、真菌によるものの場合がありますので、すぐ病院へ行かなければいけません。(抗生剤は効きません。市販の薬も真菌用以外は効きません)
    出典 :その唇の荒れ、「口唇炎」の可能性は!?症状と治療法 | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 市販の口唇炎の薬は効果があるのでしょうか?

  • 口唇炎は多くの場合、放置していても自然に回復する病気なので特に治療を行わない方が多いですが油断は禁物です。症状が長期化したり悪化したりする場合もあるので、その場合には早めにドクターに相談しましょう。
    出典 :口唇炎の原因と対処法 | スキンケア大学
  • 「口唇炎」が厄介なのは、治療法が確立されていないという事なのです。そのため、日常のケアがとても大切です。唇を舐めない事・口での呼吸はしない事(口内が乾燥してしまいます)・唇に付いた油は放置しない事・唇を洗うときは優しく丁寧にする事など、意識して実行してみてください。
    出典 :その唇の荒れ、「口唇炎」の可能性は!?症状と治療法 | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 口唇炎の原因はさまざまですが、その原因となるものの使用を中断することが大切です。それでも改善されなければ保湿剤などを塗り乾燥を防ぎましょう。もし症状が悪化する場合には内服薬やステロイド剤などの外用薬をドクターに処方してもらうとよいでしょう。
    出典 :口唇炎の原因と対処法 | スキンケア大学
  • 病院でよく処方されるのはケナログ

     

    口唇炎は自然に治ることが多いので市販の薬はあくまでひび割れや皮剥けをフォローするためのものであることが多いようです。

    口唇炎が出来るのはストレスが溜まっていたり体調が優れない場合が多いので生活を見直してみることも大事です。
    なかなか治らない場合は皮膚科を受診してみてください。