太り過ぎだけじゃない!!妊娠前から気をつけたい妊娠中の血糖。

妊娠中の血糖が上がりやすいって知っていましたか?
皆さん太りすぎには気を使うと思います。
体型の変化に戸惑う女性も多いのではないでしょうか?
しかし太りすぎて怖いのはスタイルなどだけでなく妊娠中の血糖が上昇すること。
おなかの子にまで苦しい思いをさせてしまうかもしれないのです。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも糖尿病って?

  • 糖尿病は血糖値が高くなる病気。
    私たちが普段食べているご飯や飲み物にはブドウ糖が含まれています。
    そのブドウ糖が血液で体中の臓器や細胞に送られることで、人間は活動できます。

  •  

    お米にも多く含まれているブドウ糖。
    私たちの身体のエネルギー源です。

  • 糖尿病になるとブドウ糖が臓器や細胞にうまく運ばれません。
    うまく運ばれないから、血の中にはブドウ糖がたくさん残ります。
    その結果、血糖値が上がるのです。

  • なぜ糖尿病になるの?

  • ホルモンの動きがうまくいかないことで糖尿病になってします。
    人の身体の血糖を下げるホルモンがインスリン。
    インスリンが身体の血糖を調整して体にブドウ糖を送り、エネルギーに変えます。

  • インスリンがうまく働かなくなると糖が血にあふれて、尿にも漏れ出します。
    「糖尿病」という病名もその症状に由来した名前。

  • 妊娠中はなぜ糖尿病になりやすいの?

  • 妊娠中には身体が赤ちゃんのために十分な栄養を与えようとします。
    そのために身体がインスリンの働きを抑えようとするのです。

  • 妊婦の身体はホルモンの働きが変わって不安定になりがち。
    インスリンが正常に機能しにくくなるのも原因といわれています。

  •  

    生まれてくる赤ちゃんのための女性の身体は変化します。

  • 妊娠糖尿病になるとどんな影響があるの?

  • 妊娠糖尿病になると赤ちゃんにブドウ糖が送られ過ぎてしまいます。
    赤ちゃんは身体にどんどんそれを蓄えていくため大きくなりすぎるのです。
    大きくなりすぎた赤ちゃんは早産や難産の危険が高まり、帝王切開での出産になることもあります。

  • 赤ちゃんが生まれた後も危険が伴います。
    おなかの中では高い血糖の状態だったため、出産後赤ちゃんお体の中でもインスリンが大量に作られてしまうのです。
    その結果赤ちゃんの血糖値が急に下がってしまうことが考えられます。

  • 影響があるのは赤ちゃんの体だけではありません。
    また妊娠糖尿病になると、次の妊娠でも糖尿病なりやすいようです。
    さらには将来的に真性糖尿病になってしまう可能性も高いといわれています。

  • 妊娠糖尿病を気をつけたほうがいい人って?

  • 妊娠中の血糖にとくに気をつけなくてはならないのはもともと太り気味だったり、
    妊娠してから急に太った人。

  • 家族や親戚に糖尿病が多い家系の人。
    糖尿病が多い家系の人は糖尿病になりやすい体質を引き継いでいるかもしれません。
    自分の母親に妊娠中の体質の変化などがあったかどうか聞いておきましょう。
    ある程度なりやすい病気がわかれば、事前に対処も可能です。

  • 妊娠糖尿病にならないために

  • 気をつけるべきはまず糖分の取りすぎ。
    甘いお菓子の間食や暴飲暴食は控えましょう。

  • まずは食事から改善しましょう。

  • 妊糖尿病が発症しやすいのは妊娠後期。
    つわりが終わっていますし、晩御飯やおやつが美味しい時期だというひとも。

  • 食事は野菜中心の和食、メインは肉より魚を選んでください。
    また急に血糖値が上昇するのを防ぐため食事をこまめにするのもおすすめ。
    妊娠中は口さびしくなりがちです。
    一日の摂取カロリーを考えながらであれば間食もOK!

  •  

    しばらくのあいだ洋菓子は我慢してヨーグルトなどをおやつにしましょう。
    果物も砂糖が多いため注意。

  • 安産にもつながる運動を始めましょう。

  • 激しい運動は避けて、一日30分程度のウォーキングを取り入れてください。
    散歩は気分転換にもピッタリ☆

  •  

    ウォーキングは自分のペースで休憩を取りながらおこないましょう。
    最初はあまり無理をしないように。

  • 無理な生活改善はストレスの元。

  • 妊娠中はつわりで食べられるものが少なかったり、甘いものが急に欲しくなったりと血糖値が上がりやすい環境。
    妊娠中の食事には普段以上に気を使いましょう。
    いきなり厳しく食事制限をすると負担も大きくなります。
    おやつの種類や食べるタイミング、楽しめる運動を取り入れるなど自分なりの工夫が大切です。