“レンジでチン”「ホットヨーグルト」で健康的なダイエットを♪

毎朝、健康のためにヨーグルト食べる人、多くなりましたよね!
腸など、体に良い特徴を持ったものも多販売されています。
そんな中で、新たに“レンジでチン”して温めて食べるヨーグルトが
発売されたそうです!
ホットヨーグルトでダイエットって話も聞きますが・・・
どんなものなのでしょうか?

view1012

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • この秋 「 朝食りんごヨーグルト 」 シリーズより、ヨーグルトの新しい食べ方として、「 ホットヨーグルト 」 を新提案します。アルミ蓋をすべて取り、電子レンジで 40℃ ぐらいに、ほんのり温めてお召し上がり下さい。りんご果肉は、シロップで煮詰めてトロッとしたコンポート風にしており、やわらかな食感とまろやかな甘さで、温めてもおいしいヨーグルトに仕上げています。ヨーグルトを温めて食べる 「 ホットヨーグルト 」 は雑誌やテレビでも取り上げられており、肌寒くなるこれからの季節に新しいヨーグルトの楽しみ方としてさらに注目が集まりそうです。
    出典 :レンジでチンする “ ホットヨーグルト ” 『 朝食やわらかりんごヨーグルト 』 を新発売 | グリコ
     

    寒い朝には、ピッタリだと思います!

  • 実は体にとっても良い「ホットヨーグルト」♪

  • 「ヨーグルト」の健康効果

     

    ・乳酸菌の働きで腸内の病原菌を撃退
    ・免疫力を正常に保つ効果がある
    ・動脈硬化の原因になる血中コレステロールを下げる作用がある
    ・コレステロールや中性脂肪を減らすことでダイエットはもちろん、美容効果も期 待できる

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/375005/

  • 改めてみると、ヨーグルトの健康効果ってやっぱり凄いんですね!

  • ヨーグルトをホットにするワケ

  • その①

     





    温めることで有効成分(特にカルシウム)の吸収が促進されるため。


    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/375005/

  • 元々カルシウム豊富なヨーグルトですから、効率良く摂取したいですよね♪

  • その②

     

    ヨーグルトのパワーはお分かり頂けたと思いますが、一つだけ気になる事あります。それは、みなさんの召しあがり方です。ほとんどの方が冷蔵庫から出して冷えたまま食べてしまうでしょう。そうすると腸の中、ひいては内臓を中心から冷やしてしまい負の連鎖が起こります。

    (1)血行が悪くなり、内蔵の機能が低下してしまう
    (2)内蔵機能が低下すると消化吸収の機能が下がってしまう

    引用)http://lbr-japan.com/2012/11/29/1210/

  • 確かに、冷たいままだと吸収は難しいような気がします。

  • 「ホットヨーグルト」のダイエット効果

  • 肥満の原因は「カルシウム不足」だった!

  • カルシウム不足が肥満の始まりかも!って知っていましたか?体内のカルシウムが欠乏すると、副甲状腺ホルモンが分泌され、体内に脂肪を蓄積しようと働きます。そうすると腸から脂肪を吸収しようとし、太りやすい体質になってしまいます。しかし、ここでカルシウム不足を補い、ダイエットにも一役買うのが「ホットヨーグルト」です!温かいヨーグルトは冷たいヨーグルトと違い、腸の機能を活発にしてくれるのです。冷たいヨーグルトは内臓を冷やして腸の働きを弱め、カルシウムの吸収率を低下させてしまいます。温かいヨーグルトは反対にカルシウムの吸収率をUPさせてくれます。また、カルシウムが体内に脂肪を蓄積する働きのある副甲状腺ホルモンの産生を抑制してくれます。
    出典 :【ホットヨーグルトダイエット】 | 牛乳・乳製品 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    カルシウム不足で脂肪を蓄積しようとする・・・知らなかった~。

  • ホットヨーグルトは、朝食に置き換えて摂るようにします。昼食・夕食については通常通りに摂取して構いませんが、満腹になるまで食べるのではなく、腹八分目に止めるのが良いでしょう。ホットヨーグルトダイエット期間中は間食も控えてください。アルコールは少量であれば摂取可能と言われています。準備するものはヨーグルト(プレーンor低脂肪or無糖のものを100gまたは120g)、水(大さじ1)、蜂蜜(大さじ1)です。※実はホットヨーグルトは120g/日以上を摂取したとしても、ダイエットへ及ぼす影響は変わらないと言われています。なので、もし120g以上摂取しても多少なら安心しても大丈夫でしょう。また、蜂蜜ではなく、ジャムや砂糖(オリゴ糖など)を加えても良いとされていますが、入れすぎるとカロリーが上昇しますので注意しましょう。
    出典 :【ホットヨーグルトダイエット】 | 牛乳・乳製品 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    朝食代わりに腹八分目で!意外とチャレンジしやすそうです♪