豆乳ローションでムダ毛のお手入れ!

ムダ毛が徐々に薄くなるという豆乳ローション。
使い方、作り方、効果、気になる口コミなど。

  • nacco 更新日:2013/10/09

view501

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 豆乳ローションの使い方

  • 使い方はとっても簡単で、
    毎日1,2回ほど適量を手で塗るだけ!
    出典 :豆乳ローションでムダ毛対策~使い方や効果
     

    洗顔後に化粧水を塗るような感覚で、手軽にできます。
    毎日少しずつ効果が現れます。
    コツコツ続けるのがコツです!

  • 1.お風呂上がりに塗る
    お風呂やシャワーを浴びた後、ムダ毛が気になるところに手で塗ります。
    一回に塗る量の目安ですが、ボディローションを塗る感じで、塗った箇所がしっとりとするぐらいでよいでしょう。
    出典 :豆乳ローションでムダ毛対策~使い方や効果
     

    しっとりと肌を整えるので、美肌効果もあります。

  • 2.カミソリで剃ったり毛抜き処理をした後に
    ムダ毛処理をした後に豆乳ローションを塗ります。
    抑毛効果に加えて、豆乳ローションの保湿成分によりムダ毛処理による肌荒れを抑えてくれるので一石二鳥です。
    出典 :豆乳ローションでムダ毛対策~使い方や効果
  • 3.コットンに豆乳ローションを含ませてパッティング
    化粧水でのパッティングと同じ要領でむだ毛を薄くしたい箇所に行います。
    出典 :豆乳ローションでムダ毛対策~使い方や効果
  • 4.綿棒を使ってピンポイントで塗る
    眉毛やなかなか薄くならない一本毛など、ごく狭い範囲に塗りたいときには綿棒を活用。
    出典 :豆乳ローションでムダ毛対策~使い方や効果
     

    効果は少しずつあらわれるため、
    様子を見ながら眉を整えたりなど、高度な脱毛も可能です。
    気長にがんばりましょう。

  • 豆乳ローションの効果

  • 【期待される効能】(カッコ内は有効と思われる主な成分)
    ・むだ毛撃退作用(活性化大豆イソフラボン)
    ・美白作用(サポニン・大豆イソフラボン・ビタミンE・レモンの天然ビタミンC)
    ・潤い作用(サポニン・大豆油脂・大豆レシチン・アミノ酸・マグネシウム)
    ・ニキビ・脂性・テカリ防止作用(大豆イソフラボン・サポニン)
    ・バストアップ作用(イソフラボン)
    ・体臭解消作用(サポニン・アルコール・大豆イソフラボン)
    出典 :美人子ちゃんのびよう
     

    ムダ毛対策のほかにも
    美肌、体臭対策、バスとアップまで!
    なかなか優秀なアイテムですね。

  • 豆乳ローションの作り方

  • 必要な材料は、無調整豆乳400ccとレモン1個、
    消毒用エタノール40ccです。
    出典 :豆乳ローションの作り方 / 豆乳ローションの効果
     

    市販のローションもありますが、自宅で作るのもおすすめ。
    自分の好みに量を調整したりできること、
    成分が安心できることが利点です。

  • ずはレモンを絞りましょう。
    しっかりと絞りますが、皮は混ぜないように気を付けましょう。
    レモンの皮から出る脂がシミの原因になる可能性が有ります。
    出典 :豆乳ローションの作り方 / 豆乳ローションの効果
  • 次に、豆乳を湯煎で温めます。
    60度位までしっかりと温めて下さい。

    この際、沸騰したり焦げたりしないように直接火には
    当てない方が良いでしょう。

    温度が温まってきたらレモンを加えて混ぜて下さい。
    出典 :豆乳ローションの作り方 / 豆乳ローションの効果
  • 豆乳の脂肪分が固まってくるので、その後は火から
    下しエタノールを加えます。
    エタノールを加えたら、常温になるまで冷ましましょう。

    豆乳が冷めたら、ザルとボール、クッキングペーパーで濾します。
    しっかりと絞り上げボールに加えて下さい。
    出典 :豆乳ローションの作り方 / 豆乳ローションの効果
  • 豆乳ローションは賞味期限が有ります。
    市販の物は防腐剤が入っていますが、自作の物は
    もちろん入っていません。

    その分肌には優しいのですが、1週間位を目途に
    作り替えた方が良いでしょう。
    出典 :豆乳ローションの作り方 / 豆乳ローションの効果
     

    安心素材だからこそ、期限も気をつけてください。
    多すぎたら冷凍もできます。