ビタミンEで健康美人

別名「若返りビタミン」といわれるビタミンEとは・・・・
人間にとって大切な栄養素だということをご存知でしょうか?

  • mix 更新日:2013/12/17

view153

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老化防止効果

  • 若返りビタミンと知られているビタミンEは、シワやシミを防ぐ効能があるだけでなく、そばかすができにくくなったり、肌の乾燥を予防する効果もあります。
    紫外線によって発生した活性酸素を消去し、若さを保つビタミンとして美容業界でも注目されています。美容クリームやマッサージオイルなどにも含まれているものもあり、女性にとって強い味方です。
    出典 :ビタミンEの効能と効果
  • ラノリン&ビタミンEクリーム250g (ライフタイム・ヘルス・プロダクツ社)

     

    オーストラリア産の天然ラノリンにビタミンEと6種類の植物有効成分をブレンドした保湿クリームです。

  • これから本格的な冬到来!女性の肌のトラブルのひとつ乾燥、ビタミンEで予防できます!

  • 冷えや肩凝りの改善によい

  • 現代、冷え性や肩コリで悩まれている方は多いと思いますが、治療や予防を行っている方は少ないのではないでしょうか?

    「腕が上がらないほどの肩が痛い。頭痛もする。」
    「手足が冷えてなかなか眠れない」

    そんな風に思いながらも、治療のために病院やマッサージなどには行っていないという方もいらっしゃるでしょう。

    特に冷え性は女性に多く、男性と違って熱を作り出す筋肉が少ないためにどなたでも起こりえる病気だといわれています。

    こういった症状の原因は、身体の血流が悪いために起こります。

    身体の血液ががスムーズに全身にいきわたらないと、身体は冷えていき、特に身体の末端である手足は冷たくなって、冷え性になってしまいます。

    また、同じ姿勢を長時間していると血液が上手くまわらず、滞ってしまうため、筋肉がかたまって、肩こりを引き起こしてしまいます。

    そんな症状を改善してくれるのがビタミンEです。

    ビタミンEを摂取することで血管を拡張し、血行を良くする力があるので、栄養素や酸素が身体のすみずみまでいきわたります。
    ビタミンEによって血流が良くなり、肩こりを防ぎ、筋肉の疲れをとるだけでなく、冷えにも効果があります。

    ビタミンEを摂取することによって末端血管まで血流を良くするので、医学的にも欠かせない栄養素なのです。
    出典 :冷え性や肩こりに効くビタミンE
  •  

    ビタミンEを豊富に含んでいるアーモンドは、生活の中でも取り入れやすい食材のひとつです。

  • ビタミンEを上手に摂取し、身体の健康維持を大切にしましょう。

  • 放射線障害に効果的

  • 現在の日本は、風や雨が運んでくる放射性物質による体外被曝と、食品や飲料水から取り込まれる体内被曝に注意を払わなければ安心して生きていくことができない時代に突入しました。

    ビタミンEには強い抗酸化作用があり細胞の老化を予防する働きがあります。
    そして、皮膚に塗ると、抗酸化作用のおかげで紫外線によるダメージを防ぎ、皮膚を保護する働きがあることがわかっています。
    出典 :放射線障害に効果的なビタミンE
  •  

    紫外線は、目に見えない電磁波の一種です。放射線も、放射性物質から放出される電磁波や粒子線の一種です。

  • 身近な栄養素であるビタミンEを効果的に摂取して、放射線障害から身体を守りましょう。

  • 摂取量はどのくらい?

  • ビタミンEが現代の人々には欠かせない栄養素であることがわかったところで、それでは一体どのくらいの量を摂取すればよいのでしょうか?
    じつは、公的機関である厚生労働省では、健康的な身体の維持するために毎日の必要摂取量が公開されています。

    『厚生労働省のビタミンE摂取量基準』

    ● 男性は70歳以上で7mg、30歳から49歳で8mg、18歳から29歳、50歳から69歳で9mgと必要摂取量が定められています。
    ● 女性は70歳以上では7mg、18歳から69歳までで8mgと定められており、授乳している女性は11mg必要だといわれています。

    これは、一日の最低限に必要ものを示しており、満たされていない場合は欠乏症になる可能性もあります。
    特に、ハードな運動をする人や体格がよい人は、この摂取量の目安よりも多めにとる必要があります。
    出典 :ビタミンEを多く含む食材
  •  

    ビタミンEには抗酸化作用があるため、不足すると体内の酸化を防げずに、健康レベルは下がる可能性があります。

  • 家族みんなが健康だと嬉しいですね。

  • ビタミンEを多く含む食材

  • ビタミンEは、毎日の食生活から摂取することが大切です。

    そのためにも、どのような食材に含まれているのか知ることが必要になっていきます。

    ここで、ビタミンEはどのようなものに多く含まれているのかを知り、活用しましょう。

    『魚の食材』
    ● ウナギのかば焼き、シシャモ、アコウダイ、ニシン、わかさぎ、いか、ブリ、キンキ、トビウオ、サンマ、カツオ、甘エビ、サバ

    『野菜の食材』
    ● かぼちゃ、ほうれん草、大根の葉、グリーンアスパラ、さつまいも、春菊、ブロッコリー、にら、アボガド

    『その他』
    ● 大豆やアーモンドなどのナッツ類、キウイなど
    出典 :ビタミンEを多く含む食材
  •  

    ●魚は鮮度が落ちると、脂肪の酸化が進んでしまうので新鮮なものを摂るようにしましょう。

    ●サンマやうなぎのように高脂肪のものもあれば、いかやカツオ、甘エビといった比較的に脂肪が少ないものでもビタミンEは豊富に含まれています。

  • 食材を購入の際に、ビタミンEが含まれているものを意識することにより身体の健康維持に役立ててください。