断食をしてやせても、ダイエットとしての効果は薄い

断食をしてやせても効果は非常に薄いとしか言いようがありません。
断食をしてやせるのは当然です。
なので、断食をしてやせるとこのような危険性があるのか説明をしていきます。
そして、どうして断食をしてのダイエットは危険なのか説明をしていきます。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんな断食ダイエットは危険

  • 長期の断食をすると、体脂肪ではエネルギーの供給が間に合わなくなり、体内のたんぱく質、すなわち筋肉がエネルギーとして使われてしまう(筋肉が減ってしまう)ので、2日以上の本断食は容易に行ってはならないことを予めお知らせしておきます。
    出典 :2/3 プチ断食のすすめ! [食事ダイエット] All About
     

    プチ断食は健康にいいのかもしれませんが、調子に乗って長期間の断食をおこないますと、身体の筋肉が落ちていってしまいます。
    そうしますと、基礎代謝も落ちますので、長期的に見ますと痩せにくい身体になってしまうわけです。
    だから、2日以上の断食はおこなわないようにしましょう。
    それで体重が減ったのは、痩せたのではなくやつれた結果です。

  • 専門家の指導の下で断食を行う方も多く、ホテルや施設での断食プランが人気。
    出典 :断食ダイエットは危険!?正しいプチ断食の方法 [食事ダイエット] All About
     

    断食ダイエットは手軽にできそうで、お金もかからないイメージがあります。
    しかしながら、ちゃんとした専門家や施設でおこないませんと、健康を害す危険性があります。
    ですから、断食ダイエットは容易だから、すぐにできると思い簡単に手を出すと痛いしっぺ返しを食らう危険性があります。
    簡単にできるものこそ神経質におこなわなければなりません。

  • ファスティングはおすすめダイエット方法の一つですが、ファスティングは無理に長期間続けたり、間違った方法で通常食に戻してしまうと、返って食欲増進のスイッチを入れてしまうことになり逆効果になることもあります。
    出典 :それ痩せません!断食ダイエットのよくある失敗|All About(オールアバウト)
     

    断食をしている最中にご飯のことばかり考えていますと、断食が終わった際に馬鹿食いをしてしまう原因になります。
    ご飯のことばかり考えるな、とはいいませんが、ご飯のことばかり考える断食は断食ダイエットとしては間違った方法ですから、おこなわないようにしましょう。
    また、断食の途中は何も口にするのではなく、少なからずスープや水のような胃に負担がかからないものを食すことも大切です。

  • 断食開けの一杯は太るもとです

     

    断食ダイエットが終了し、体重が目標のあたいまで達成したのでダイエットを止めて、祝杯をあげるのはあまりよいことではありません。
    いきなり、胃に刺激物を流し込みますと、内臓をおかしくする原因にもなりますし、断食終了後は太りやすくなっていますので、馬鹿食いをするのは止めましょう。
    身体をおかしくするどくろか、簡単にリバウンドをしてしまいます。
    無理をするのではなく、運動をしてダイエットをするのが確実に痩せる方法の1つであるといえます。

  • 断食ダイエットの方法

  • ファスティング(断食)は終わってからが肝心

    ファスティング解説
    ファスティングは復食期がキーとなります。
    3日間以上の長いファスティング(断食)を行う場合、必ず意識しないといけない3つのステップがあります。それは、ファスティングを行う前の「準備期」、「ファスティング期」、ファスティングが明けてからの「復食期(回復期)」です。
    出典 :ファスティング(断食)の復食期の過ごし方 [断食・ファスティング] All About
     

    断食にもきちんとした方法があります。
    徹底的に準備をおこない、断食を実行して、回復をするというこの3つの段階を踏まなければいけません。
    断食は思い立ったらすぐにできるものではなく、思い立ってもじっくりと時間をかけておこなうものなのです。
    気軽におこなうことは厳禁です。

  • 基本的に復食期の食事のメインは、お粥と味噌汁です。ファスティングから明けたばかりの復食期1日目の朝は重湯がよいでしょう。そして午後からは、お粥や具なしのお味噌汁をゆっくり頂きましょう。
    出典 :ファスティング(断食)の復食期の過ごし方 [断食・ファスティング] All About
     

    特に断食開けの回復期は、お粥やみそ汁などをしっかりと食べて、胃の調子を整えるようにしなければいけません。
    また長期間の断食後の復食期は重湯のようなものを摂るのがいいでしょう。

  • 断食後は胃が弱っていますので

     

    断食後は胃が弱っていますので、このようなお粥やスープを摂るのがいいとされています。
    断食といっても手軽にできるものはありませんので、きちんとした方法でおこなわなければ、確実にリバウンドをしてしまいます。
    ただでさえ、身体が飢えている状態なのですから、食欲が増進してしまいますので、強い意志も必要になってきます。

  • 断食中に食べるもの

  • 断食中に食すもの

     

    断食中に食すものは野菜ジュースやお粥などを積極的に摂るようにしましょう。
    また、水分も欠かすことなく摂取するようにした方がいいでしょう。
    水分が不足しますと、体調がおかしくなる可能性がありますので、水分はきっちり摂るようにしましょう。
    さらに無理は禁物ですから、無理に断食を続行しないように気をつけるようにしましょう。

  • 1日~3日間の短期間、野菜ジュースだけの断食を行うことで、血糖値や中性脂肪が減少する、とされています。
    出典 :プチ断食ダイエット|ダイエット方法体験談・クチコミ広場|ダイエットナビ | CLUB Panasonic
     

    プチ断食はデメリットだけではありません。
    断食をすることによって、身体の異常を治すことができる可能性があります。
    頻繁におこなうのは、あまりお勧めすることはできませんが、たまにきちんと段階を踏んでおこなうのはいいかもしれません。