我慢は禁物!正しく知りたい「妊娠悪阻の治療」について

悪阻(つわり)は我慢していても直りません。妊婦さんの8割は体験するという、妊娠悪阻の治療方法についてまとめてみました。

view306

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠悪阻(つわり)とは?

  • つわりは、妊娠初期から多くの妊婦さんに起こります。程度や持続期間は個人差も大きく、妊娠のたびに違うこともあります。
    早ければ妊娠4週ごろから始まり10〜12週ごろにはおさまりますが、16週ごろまで続く場合もあります。
    出典 :重症妊娠悪阻(つわり) - goo ヘルスケア
  • 妊娠初期の悪心・嘔吐は約8割の妊婦が経験するといわれており、約半数がこれら両者を経験し、悪心のみの人は25%程度とされています。結構、つわりで悩まれる方は多いようです。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 妊娠悪阻(つわり)の症状に悩む-瀬戸朝香さん
  •  

    悪阻(つわり)の症状は人によって違うため、つらさが伝わりづらい。

  • つわりは、妊娠という特殊な状況が体のなかに生じたために体が起こす反応と解釈され、妊娠性のホルモンが関係していると考えられます。体が妊娠の状態に慣れてくると、おさまると考えられます。
    出典 :重症妊娠悪阻(つわり) - goo ヘルスケア
  • 悪阻(つわり)の症状には個人差がある!

  • 軽度のつわりなら、治療は不要です。重症妊娠悪阻の治療は基本的に安静にして、ストレスを減らし、症状がおさまるのを待ちます。
    出典 :重症妊娠悪阻(つわり) - goo ヘルスケア
  •  

    軽度の悪阻は、ストレスを溜め込まないことが一番大事。

  • 特に、妊娠悪阻と言った場合、この症状がやや重い状態をいいます(一般的には、遷延する嘔吐、通常、高度のケトン尿症を伴う急性の飢餓状態、少なくとも妊娠前体重の5%を超える体重減少を伴う状態、と言われています)。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 妊娠悪阻(つわり)の症状に悩む-瀬戸朝香さん
  • また、つわりの症状には個人差が必ずあるため、「1日3~4回以上吐いてしまい、食事がほとんどとれない、体重が急激に減った、尿の量が極端に少なくなった」などの症状がでた場合は、病院で受診し、医師の指示を受けることを勧めている。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 妊娠悪阻(つわり)の症状に悩む-瀬戸朝香さん
  • 重症妊娠悪阻の治療方法とは?

  • 嘔吐や食欲不振をくり返したりすることで、体重が減少したり必要な栄養が十分とれなくなったりする場合には、医療機関を受診して、輸液や内服薬での治療を受けるとよいでしょう。
    また、ビタミンB6・B12、抗ヒスタミン薬、フェノチアジン系薬が有効である可能性の高いことが、最近行われた研究結果のまとめで確認されています。
    出典 :つわり・妊娠悪阻の治療がわかる - QLife家庭の医学
  •  

    くれぐれも我慢は禁物。
    産婦人科などで簡単に診断を行うことができるので、早めの診察を心がけましょう。

  • 胎児への影響を考慮して薬物はあまり使用されませんが、症状が重度の場合は制吐剤や漢方薬などの投与が行われる場合もあります。
    出典 :吐き気や嘔吐が止まらない。つわり時の重度妊娠悪阻の治療とは
  • 吐き気や嘔吐が強く、水分摂取が不十分なら、点滴で水分と少しの糖分を補給します。ビタミン不足を予防するため、点滴には通常ビタミン類を加えます。
    症状が強い時は入院して点滴を行います。重症妊娠悪阻には制吐薬を使うこともありますが、悪阻そのものを治療する薬はありません。
    出典 :重症妊娠悪阻(つわり) - goo ヘルスケア
  •  

    悪阻は点滴などで症状を抑えることはできるが、根本的な治療は行うことはできない。

  • つわりや妊娠悪阻で入院すると、ブドウ糖やアミノ酸、ビタミン剤などをくわえた点滴が行われます。これにより水分補給ができ、しかも悪心や嘔吐などの症状は治まってきます。
    入院は長期間続ける必要はなく、つわりや妊娠悪阻の症状が特に悪くなる時期に1週間ほど入院すれば大丈夫で、ほとんどの方は1週間~10日くらいで退院できます。
    出典 :つわり・妊娠悪阻|女性の病気|身体の病気
  • 重度妊娠悪阻の基本的な治療法は、「安静にすること」です。
    自宅にいると何かとやらなければならないことが出てくるので完全に安静にして過ごすのは非常に難しいものです。
    入院してしまえばストレスを感じることもなく安静に過ごすことが出来るので、そういった意味で入院を勧める医師もいるようです。
    出典 :吐き気や嘔吐が止まらない。つわり時の重度妊娠悪阻の治療とは
  • 周りの理解が非常に大事

  • 図書館などで数十年前の妊婦向けの本には、「つわりは夫に対する甘えや、依存心、妊娠への否定があると強くなるようです」など、つわりがある人自体を(そしてつわりそのものを)否定する文章がメインに書かれていることも少なくありませんでした。
    出典 :若葉マーククラブ
  • つわりは「気の持ちよう」なんかで済むものではない。「気分転換」で解決するようなつわりは、ごくごく軽いつわりに過ぎず、そんな程度のつわりでは済まされない人だって多数いるのだ。
    出典 :「つわり」から学んだこと : 奥様は女医
  • 個人差が大きいため、周りに辛さを理解してもらえない人が多数いる。

  • 早く悪阻おわってほしい。
    食べて戻しての繰り返し。
    もー気持ち悪いから寝る。
    ママふて寝するから。
  • 後期悪阻ってこんなに酷いのね…甘く見てたわ。出産まで耐えられるのかな?なんだか不安になってきた(;_;)
  • 電車で辛いと本当に大変だよなあ…
    悪阻がいきなり始まって、めちゃくちゃ辛くて何回か途中の駅で降りたの覚えてる。そうか妊娠したらまたあれを体験するのかー。悪阻短かったから忘れてたよ…一人目の時軽くても二人目で重いということもあるらしい。
  • もし悪阻で苦しんでいる人がいたら、早めの治療と周りのサポートが重要です。
    気の持ちようでは悪阻は治らないということを理解して、まわりのみんなで妊婦さんを支えてあげましょう。