小麦カットでダイエット&病気予防!

アメリカの循環器疾患予防の権威である、DR.ウィリアム・デイビットの著作 ”小麦は食べるな!”を購入して読み、衝撃の真実を知らされた。今のアメリカで生産される小麦は、すべて遺伝子組み換えのもので、日本は小麦の85%を輸入に頼り、その6割がアメリカからの輸入品。”肥満、成人病のほとんどが小麦が原因”。

  • Hator 更新日:2014/03/05

view231

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「小麦は食べるな」(原題 Wheat Belly ぽっこり小麦腹) 
     第一章 小麦が原因の「ぽっこりお腹」には万病が巣食っている。
     ぽっこり小麦腹とは、インスリンという脂肪蓄積ホルモンを促す食品を長年にわたって消費したことによって脂肪が蓄積したものです。、、、、、
    「お腹の脂肪」つまり”内臓脂肪”は特殊な脂肪です。他の部位の脂肪と違って、体のさまざまな部位で炎症を引き起こしたり、インスリン反応をゆがめたり、異常な代謝信号を発したりします。

    Wheat Belly  Blog からは、
    小麦カットしたら、片頭痛がなおった、体重が落ちた他体調が良いという書き込みあり。
    出典 :Wheat Belly Blog | Lose the Wheat Lose the Weight
     

    いろいろなダイエットに失敗している人は多い。私自身も闘病中で、血糖値のコントロールが難しいことを痛感している。いきなり厳しい小麦カットを続けるより、まずはなんちゃってダイエット程度で始めてみた。私のなんちゃって小麦カットは:パンやパスタを食べない。ご飯は1日回150g以下で、野菜を多く、豆腐(1/2丁)、卵(1日2個まで)肉や魚(1日100g位)キノコやこんにゃくはお腹いっぱいOK等でそんなには厳しくしていない。
    体重は1か月で1~2kg減ったり、少し戻る時もある。一番の効果はグリコヘモグロビンがひどく高かった(7.6)のが6.5まで落ちたこと。これからもう少し頑張りたい。