授乳中に花粉症になってしまったら?薬を飲んでもいい?赤ちゃんに影響する?

授乳中に花粉症になってしまったママさん。花粉症の薬が赤ちゃんに影響を与えるのでは?と心配になりますね。授乳中の花粉症の対処についてまとめてみました。

view94

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉症の薬は授乳中に飲むと
    赤ちゃんに影響はあるのか?

  • 授乳時期によって対応が異なります。特に注意が必要なのは、生後2ヶ月くらいまでです。まだ、肝臓や腎臓の働きが不十分で、薬を排泄する能力が低いため
    出典 :授乳と薬 of タウンメディカル 調剤薬局
     

    やはり新生児の場合は特に注意が必要ですね。

  • 母乳へ移行する量が多くて赤ちゃんに影響が出る可能性のある薬を除き、風邪などの急性疾患で短期間に通常の量を飲む場合であれば使用可能なものがほとんどです。
    出典 :授乳と薬 of タウンメディカル 調剤薬局
     

    花粉症も一年中ってわけではないですしね。

  • 生後6ヶ月以上になると離乳食を食べ始め、発育とともに母乳を飲む量は減り、薬が与える影響もより小さくなります。
    出典 :授乳と薬 of タウンメディカル 調剤薬局
     

    全くなくなるわけではありません。が、影響は少なくなっていくんです。

  • 薬を飲むタイミング

     

    薬は、ゆっくりと母乳に移行します。一般的に、母乳中の薬の濃度が最も高くなるのが、飲んでから2~3時間した時です。 なので、飲む直前や直後に授乳をすれば、赤ちゃんへの影響を少なくすることができます。また、赤ちゃんがまとまって寝る時間の直前に飲んでも、薬の影響を最小限にできます。飲み方が大事ということですね。

  • 授乳中に花粉症になっても、全く薬が飲めないことはないことがわかりました。気を付けることは、赤ちゃんの月齢と、薬を飲むタイミングですね。また、市販の薬を買うなら薬剤師さんに、医師に処方してもらうなら医師に、授乳中であることを必ず相談してアドバイスを受けましょう。

  • 授乳中に花粉症になったら
    その1 栄養系サプリで対処する

  • やっぱり薬は飲みたくない!というママさんに。

  • 妊娠・授乳中は、弱い薬でも飲まないに越したことはありません。そこで妊娠・授乳中でも摂取できるサプリメントで花粉症対策をすることをおすすめします。
    出典 :妊娠・授乳中の花粉症対策は?
  • プレネイタル

     

    妊娠授乳期専用のマルチビタミン・ミネラルのサプリメントです。

  • 花粉症対策のサプリメントではなく、妊娠・授乳期の栄養補助を目的とするサプリですが、サプリの主成分であるビタミンやミネラルは花粉症の体質改善や症状緩和に大きな役割を果たします。
    出典 :妊娠・授乳中の花粉症対策は?
  • また、花粉症の鼻づまり・鼻水・クシャミを解消したい方には、花粉症対策のお茶を水分補給に飲むようにするとよいでしょう。
    出典 :妊娠・授乳中の花粉症対策は?
  • なた豆茶

     

    花粉症の鼻水や鼻づまりに効果が高いといわれています。

  • 薬を飲まない場合はこういったものを活用して、乗り切りましょう!

  • 授乳中に花粉症になったら
    その2 やっぱり薬を飲む

  • 鼻水を出しやすくするための、ムコダイン 鼻炎の薬は、アレジオンとオノンカプセル 咳を止めるためメジコン 細菌感染を治す、クラリス
    出典 :授乳中に花粉症の市販薬を使っても大丈夫?ベビーに安心な方法あります / 赤ちゃんにアレルギー症状が出たら?花粉や食物対策で軽減できる!
     

    花粉症で耳鼻科受診した方が、授乳中であることを告げたら処方された薬です。

  • 《点鼻薬・点眼薬》・・1番安全!・点鼻薬・・インタール・ザジデンやプロピオン酸ベクロメタゾンなどのステロイド点鼻薬は可能!・点眼薬・・抗アレルギー薬やステロイド剤も可能
    出典 :みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
     

    これは助かりますね。

  • 《内服薬》まずは、小青竜湯+点鼻薬で様子を見ることが多い。
    出典 :みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
     

    漢方薬が効いてくれればラッキーです。

  • 授乳中の抗ヒスタミン薬 ロラタジン(クラリチン),セチリジン塩酸塩(ジルテック),フェキソフェナジン塩酸塩(アレグラ)はきわめて 母乳中への移行が少なく、安全に使用できます。
    出典 :みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
  • ロラタジン

     

    鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどに効果を発揮します。アレルギー症状の原因となるヒスタミンの放出を抑制します。

  • 花粉症対策の抗ヒスタミン剤:ロラタジン(クラリチン)は、2003年に処方箋薬から一般薬となり薬局でも入手できるようになりました。
    出典 :花粉症の抗ヒスタミン剤:ロラタジン (loratadine)10mg 60錠
     

    ネット通販でも買うことができますよ。

  • ジルテック

     

    ヒスタミンの分泌を抑制し、花粉症などのアレルギー症状を緩和します。

  • ジルテックはクラリチンにくらべ 2時間程早く効果が現れるといわれています。
    出典 :花粉症・アレルギー・蕁麻疹・鼻水にジルテック・クラリチン
     

    日本では処方薬ですが、個人輸入という形でネット通販で買うことができます。

  • アレグラ

     

    これは薬局で買えますね^^

  • 授乳中に花粉症になっても、飲める薬があるのは安心ですね。でも、できるだけ飲まなくてすむように、予防をしましょうね^^