知っておこう!「脊髄炎」と類似疾患について!

脊髄炎とはどのようなものか。また、類似疾患についてもしっかりと知っておこう!

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脊髄炎とは

  • 脊髄は頸髄(けいずい)、胸髄(きょうずい)、腰髄(ようずい)、仙髄(せんずい)からなりますが、このどこかに炎症が生じた時に脊髄炎といいます。急性に症状が現れた時には脊髄炎、慢性に経過する時には脊髄症と呼ぶことが多いようです。脊髄には狭い場所に神経が集中しているため、小さな障害でも重い後遺症を残すことが懸念されます。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    後遺症を残さないように出来ないものでしょうか・・・

  • 脊髄に炎症のおこる病気で、感染や免疫反応(めんえきはんのう)がきっかけとなっておこります。  ポリオや帯状疱疹(たいじょうほうしん)などのウイルス感染症によるものは急性に発症しますが、最近は、エイズウイルス感染によるものなど、徐々におこってくる脊髄炎が注目されています。
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
     

    エイズによるものも脊髄炎が注目されているのですね。こんな場合があるのですね。

  • 脊髄炎は

     

    一般細菌のほか、結核(けっかく)や梅毒(ばいどく)を原因とする脊髄炎も報告されています。色々な類似疾患があるとされています。どのような症状が出るのでしょう?

  • 脊髄炎の症状

  • 予防接種やウイルス感染の後に、急に両下肢(りょうかし)(両脚(りょうあし))がまひし、おもに胸から下にビリビリするしびれ感がおこります。背中や腰に痛みを感じることもしばしばで、排尿(はいにょう)・排便(はいべん)の感覚がなくなり、たまりすぎたり、もらしたりします(膀胱直腸障害。
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
     

    このような症状が出てくる事になるのですね。

  • 症状は急速に進行し、数日でピークに達します。髄液(ずいえき)を検査すると、たんぱくの量や細胞の数が軽度に増加しています
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
     

    休息に進行してしまってはこまりますよね。

  • 脊髄のどこに炎症ができたかによって症状は異なりますが、典型的なのは横断性脊髄炎で、背中から胸や腹にまで帯状にしびれがおき、下肢の感覚が鈍くなって両足が麻痺します。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
  • 運動障害や間隔障害がおこり、排泄障害をおこす場合もあります。頸髄に炎症ができると、手足の麻痺や呼吸障害をおこします。初期では急速に進行しますが、極期に達すると徐々によくなります。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
  • 原因は何がある?

  • ウイルス、細菌、寄生虫などの感染やワクチン接種への異常反応、アレルギー疾患、自己免疫疾患などがありますが、まったく原因が特定できない場合もあります。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
  • 脊髄炎の原因は、(1)原因が不明な特発性、(2)ウイルス、細菌、寄生虫などの感染による感染性あるいは感染後性、(3)全身性エリテマトーデスなどの膠原病(こうげんびょう)あるいは類縁疾患に合併するもの、(4)多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)、急性散在性脳脊髄炎などの自己免疫性などに分類されます。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 正確な頻度は不明ですが、ウイルス感染に関連して発症するものが多いようです。原因ウイルスとしては、帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルス、単純ヘルペスウイルス、風疹(ふうしん)ウイルス、麻疹(ましん)ウイルス、サイトメガロウイルスなどが知られており、急性脊髄炎を発症します。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 治療としては

  • 初期の症状が強く出ている際は、安静を保って副腎皮質ホルモンを使用して炎症を抑えます。ウイルスが原因と判明したらそれにあった抗ウイルス薬が用いられます。頸髄障害により呼吸不全をおこしている場合は呼吸管理、排尿障害をおこしているときは膀胱カテーテルで排尿します。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
  • 急性期(症状の強い時期)には安静を守り、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを使用しますが、十分な効果がみられないこともあります。 寝たきりとなって、とこずれや膀胱炎(ぼうこうえん)などの合併症がおこりやすいので、これを予防するためにエアーマットを使用し体位の変換を頻回に行ないます。
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
  • 関節の硬縮を

     

    防ぐ為にもこの病気の際は早期のリハビリが大切になってきます。しっかりとリハビリする事をおすすめしたいと思います。