目を健康にする毎日の習慣

パソコンやスマホと目を酷使する時代になりました。
その一方で、目からくる体調不良も増えてきています。
目を健やかに保つための習慣とはどんなものなのでしょうか?

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目のすごいところ

  • ヒトの目は約24mmほどの小さな器官ですが、
    感覚機能の中でも脳に伝える情報量が最も多く、重要な器官です。
    しかも、その構造はとても複雑で、カメラのフイルムに相当する網膜は
    脳の一部とも言われています。
    出典 :ひとみの知恵袋|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 目のトラブル

  • 眼精疲労、ドライアイ、視力低下、目のかすみ、充血など
    目を酷使することの多い現代において
    目のトラブルは増え続けています。

  • 目の健康のために必要なこと

  • ①紫外線を防ぐ

     

    屋外の紫外線は、目にとっては大きなダメージとなります。
    日差しの強い時はとくに、サングラスをかけるなどして
    紫外線をブロックしましょう。

  • ②刺激物のとりすぎに注意

     

    刺激物の中でも、たばこの服用は目の老化を早めたり
    煙によってドライアイを悪化させたりするので注意が必要です。
    アルコールの大量摂取も目に悪影響です。

  • ③抗酸化の食品を摂る

     

    体内の活性酸素を増やさないことが、目の健康につながります。
    新鮮な野菜や果物、時にはサプリメントを活用するのもいいでしょう。

  • ④目を休める

     

    パソコンやゲームなどで酷使している目には
    とにかく休養が必要です。
    ブルーライト対策をするだけでも目の負担軽減になるでしょう。

  • ⑤自分にあった視力矯正を

     

    コンタクトレンズにしろ眼鏡にしろ、
    自分にあった矯正法を医師に相談して決めましょう。
    清潔を保って使用する事も、目の健康のためには必要です。

  • 目を大事にする習慣は、体調を良くするための習慣と
    共通していることがほとんどだということがわかります。

  • 目の疲れをとる方法

  • マッサージ

     

    ①目頭をまぶたの上に沿って、指で押す。

    ②目尻から眉尻の延長線上の真ん中辺りを押す。

    ③真っ直ぐ前を見た時に黒目の中心になる辺りの下まぶたを押す。

  • 温冷パック

     

    濡らしたタオルを電子レンジで温めて、目の上にのせると温パックに。
    氷水で冷やしたタオルを目にあてて冷パックに。
    目がしょぼしょぼする時は温パック、充血している時は冷パックと
    使い分けると効果的です。

  • 目薬を活用

     

    目の疲れをとる目薬が市販されています。
    血流を良くしたり、疲労を回復させるビタミンが配合されているものが
    おすすめです。
    ドライアイの症状も緩和できるので、こまめに利用するのも
    よいでしょう。

  • 目の疲れをとる食べ物

  • 目の周りの血行を良くする食べ物や、角膜や網膜の働きを
    良くして涙の量を一定に保つ食べ物、水晶体のにごりを防ぐ食べ物、
    視神経の働きを活性化し目の粘膜組織が正常に生成させるのに
    必要な食べ物などが、目が良くなる食べ物と言われています。
    ブルーベリーや青魚、黒酢などがあります。
    出典 :目が良くなる食べ物
  • ブルーライトのこと

  • パソコンやスマホと、現代は目がブルーライトにさらされる
    ことが多く、それによって起こる目のトラブルが問題に
    なっています。

  • ブルーライトは明るさを強調することができます。
    それは可視光線の中でも波長が短く、エネルギーが強い光だからです。
    これは同時に紫外線に近い波長でもあるため、長期的には網膜への
    影響も心配されます。
    出典 :ブルーライトとは|メガネ本舗
  • ちょっとした毎日の習慣で、酷使した目をいたわることは
    十分可能です。
    目を健やかにすると、体全体のコンディションがよくなってきたなと
    実感できることでしょう。