何を飲んだら良い?「胸焼けに効く薬」についてのまとめ

胸焼けに効く薬について情報をあつめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃腸薬はタイミングが大事

  • 薬をのむのは、「1日3回食後30分」と思われがちですが、必ずしもそうではありません。症状が違えば薬の成分も異なり、のむタイミングも変わります。のみ方を間違えると、効果が弱まることもあるのです。服用の際は、必ずタイミングを確認しましょう。
    出典 :胃腸薬はタイミングが大事:全薬工業株式会社
     

    タイミングを確認して、用法容量を正しくまもりましょう。薬も多量にのめば毒です。

  • 健胃薬 食前(食事の30分前くらい)  消化薬 食後(食事の直後から食後30分くらい) 制酸薬、胃粘膜保護薬、H2ブロッカー 食間(食後2時間後くらいの空腹時)、就寝前
    出典 :胃腸薬はタイミングが大事:全薬工業株式会社
     

    もちろん毒も薄めれば薬になります。使う人次第と言ったところですね。

  • こちらの画像を

     

    参考にしてみてくださいね。上記成分が多数含まれている場合は記載されている内容をしっかり確認してから服薬するようにすると間違いありませんよ。

  • 服薬は根気よく

  • 胸やけを完全に治すのには、胃と食道の境界部分のしまりをよくしなければなりません。ところが、内服薬を飲んでもこの部分のしまりがよくなるというわけではありません。薬の内服をしている間は食道の傷も治まっているわけですが、薬の内服を中止してしまうと、数日の間に再び症状が出現し、食道の傷も再発してしまいます。
    出典 :胸やけスッキリ解消
  • そこで、症状がなくなっても炎症が十分にとれるまで、1~2ヶ月は薬を飲み続けるようにしなければなりません。その後、薬を中止してみて、胸やけなどの症状が出てくるようなら、もう一度薬を飲み始めるようにします。根気よく治療することが大切です
    出典 :胸やけスッキリ解消
  • 胸焼けに効く薬のご紹介

  • 胸やけの薬としては、一般的には胃酸分泌抑制薬のプロトンポンプ阻害薬(PPI)がもっともすぐれた薬として使用されています。
    出典 :胸やけスッキリ解消
  • ガスター10
    胃痛、むかつき、むねやけ、もたれなどに有効です。胃酸の過剰分泌を抑えるH2ブロッカーが配合されており、ストレスからくる吐き気によく効くとの評価が多い薬です。
    出典 :胸焼けや吐き気に効く薬ってどのようなものがある?
  • 太田漢方胃腸薬Ⅱ
    中国でとれる茯苓というキノコを配合して作られる、神経性胃炎に使用する薬です。精神安定の効果があってストレスを原因とする神経胃炎などに効果があります
    出典 :胸焼けや吐き気に効く薬ってどのようなものがある?
  • セルベール
    胃粘膜を増やしてくれる薬です。胃もたれや食べすぎ、飲みすぎ、胸やけ、食欲不振、腹痛、吐き気などの症状がある場合に効果的です
    出典 :胸焼けや吐き気に効く薬ってどのようなものがある?
  • サクロンQ
    配合成分オキセサゼインが胃粘膜に直接作用します。ストレスや飲みすぎによる胃痛や吐き気、ゲップ・胃酸過多などの症状がある場合に効くと言われています
    出典 :胸焼けや吐き気に効く薬ってどのようなものがある?
  • 胃もたれ・胃痛・胃酸の逆流・胸焼けには、H2ブロッカーが第一選択で、腹痛・胃痛には抗コリン薬、嘔気を伴う食欲不振にはμκ刺激薬、食欲不振(特に機能性ディスペプシア症状)には六君子湯、食べ過ぎの胃のもたれには消化剤、他軽い胃全般症状には漢方薬の安中散のような感じです。
    出典 :胃薬の市販薬(おすすめ)
  • このような薬!?も!

     

    唾液はしっていますよね。いわゆるよだれですが、この効果は万能薬ともいってもよいそうです。しっかりと唾液の分泌が出来るように、画像のような部分をマッサージするのも良いですよ。