【簡単】【マル秘テク】 正座で足がしびれない方法!

正座する機会は意外に多いもの。その度に足がしびれてしまうのは大変!足が痺れない方法教えちゃいます♪

view2917

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 正座

     

    膝をおりまげ、膝下から足の甲を床につけ、尻を足の裏の上にのせる座り方です。現代の日本人の生活スタイルが洋式化していることもあり、この座り方をする機会は減りつつあります。
    出典:http://iroha-japan.net/iroha/B06_custom/03_seiza.html

  • 正座をする機会が減りつつも、苦手な人は多いよう…。

  • 私正座苦手なんだよね~
  • 俺昔っから正座がちゃんとできないんだよなぁw
  • やばい右足の痺れがピークかもwwでも正座くずせないww崩したら負けな気がするww
     

    わかる!なんかそれ、わかる!(笑)

  • これはだめ!NGな座り方。

  • かかとの上にお尻を乗せて座る

     

    かかとの上にお尻を乗せてしまうと、体重がかかってすぐにしびれてしまいます。また、前かがみにもなるのでかっこ悪く見えるでしょう。足首がかたい人に多い座り方です。
    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/220710/4/

  • 痺れない座り方をマスターしよう!

  • 少し重心を前にする。

    重心を前にすることでかかと、足の甲に体重をかけないようにします。あごを引いて背筋を伸ばすと重心が少し前になります。普通は太ももの上に手を置きますが、少し前の方に手を置くとしびれにくくなります。
    出典 :正座のコツ
     

    手の位置にも痺れにくくするポイントがあったのですね!

  • かかとを開いて座る。

    かかとを開かずに座ると速くしびれます。しかし、かかとを開けるとO脚の原因になります。無理にかかとを開いてもしびれやすくなりますので、体の堅い人は普段からかかとを開いて正座をする練習をしておきましょう。
    出典 :正座のコツ
     

    O脚になるのも嫌ですね。

  • 足の親指を少し重ねる。

    一般的には足の親指を重ねる程度が一番良いと言われています。重ねないでも深く重ねすぎてもしびれやすくなるので注意して下さい。個人差があり深く重ねた方がしびれにくい人もいる為、自分に適した座り方をしましょう。昔は上にする方の足は男性は左、女性は右となっていましたが、今はありません。親指を重ねるとO脚の原因になります。また、足の親指を重ねることによりかかとを開きやすくなります。
    出典 :正座のコツ
     

    自分に合った重ね具合を見つけておくといいかもしれません!

  • 膝頭を少し開ける。

    膝頭を少し開けるとしびれにくくなります。あまり開けなくても少し離れているだけで十分です。
    出典 :正座のコツ
     

    あまり開け過ぎても、だらしない印象になってしまいそう。

  • 痺れにくくするポイント!

  • 前後左右に体の重心を移動させる。

    重心を移動させるとしびれにくくなります。
    出典 :正座のコツ
  • 服装による違い。

    ジーンズなどはしびれやすです。
    出典 :正座のコツ
  • 服装でも変わる!

     

    ジーンズは痺れやすいよう。

  • 座布団を使う。

    座布団を使うと、足がしびれにくくなります。あまりやわらかすきる座布団より少しかたい目の方がしびれにくいです。少し足を座布団から出すように座るとしびれにくくなります。
    出典 :正座のコツ
  • 座布団

     

    硬めのものがいい!

  • 正座用の椅子を使う。

    市販されている正座用の椅子を使います。出来るだけ目立たない携帯用がいいでしょう。これならかかとにお尻を乗せないためかなり楽に座れますが、少しずつしびれてきます。
    出典 :正座のコツ
  • こちらの記事も参考にしてください♪

  • 交際中の彼のご両親にあいさつに行く際に正座が必要だったもよう…!