着床痛が激痛っていう噂があるけど本当なの!?【受精痛】

受精卵が子宮に無事に着床したことでおこるといわれている、着床痛が激痛という噂を耳にしたことはありませんか??この噂は真実なのかどうか、そもそも着床痛というものは実際に起こるのかどうか、色々と調べてきました。

view365

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 着床痛とは一体何なのでしょうか?

  • 妊活をしていると時々「着床痛」という言葉を目にしませんか?無事に受精卵が着床すると痛みが伴うのでしょうか?

  • 着床で下腹部痛を感じたという体験談があります。基礎体温でいう高温期の7日目ぐらいのころにチクチクした下腹部痛、生理痛のような鈍痛、下腹部の激痛など痛みの症状を感じているようです。
    出典 :着床で下腹部痛?
     

    チクチクとか鈍痛だけでなく人によっては激痛が起こるみたいです

  • 着床時期に起きる腹痛。ただし医学的には立証されていないとのこと。
    着床出血や受精という体内変化があるため、多少の痛みはあっても不思議ではない。
    排卵痛と勘違いしている場合もありそう?
    出典 :着床痛 (ちゃくしょうつう: 受精痛) (ImplantationCramps - MemoWiki)
     

    医学的には立証されていない??どういうことでしょうか?

  • 受精卵は細胞分裂を繰り返して発育しながら卵管を下り、子宮に到達した後、子宮内膜の一部にくっつき、母体と結びつくことを着床と言います。着床時に、母体が痛みを感じることを、着床痛、子宮壁の一部が傷つき出血することを着床出血と言います。
    出典 :【妊娠超初期症状】着床痛って?医学的に正しいの? - こそだてハック
     

    出血するほど子宮壁に傷をつけているなら痛みを感じてもおかしくないと思うのですが・・・。

  • 俗説にしては体験者が多く、着床時期にそれっぽい痛みを感じた方は、まず着床痛を疑うようです。信じすぎるのもよくありませんが、排卵日から10日前後に痛みを感じることがあったら、着床痛かも?と検査をしてみてもいいでしょう。それが着床痛であったにせよ違ったにせよ、もし妊娠していたなら早めに知っておいて悪いことはありません。
    出典 :着床痛 / 着床の症状
     

    妊娠したいと希望している場合は痛みを感じてから10日前後に念のため検査薬で検査してみましょう。でも痛みがあったからといって妊娠が確定した!というわけでもなさそうです。

  • ネット上では着床痛を経験した!という体験談がたくさん報告されていますが、医学的根拠がないという情報も載っています。

  • 着床痛には医学的な根拠があるのでしょうか?

  • 医学的には着床痛があること自体考えにくいとされています。受精卵が着床することで出血を起こすことがありますが、着床が原因となって痛みを発生させることはないとされます。
    出典 :着床で下腹部痛?
     

    出血を起こすことがあっても痛みを感じない・・・ということなのでしょうか?

  • 着床痛には医学的根拠がない!?

     

    着床痛はありえない、というのであればなぜ「着床痛が激痛」だなどという噂がまことしやかに囁かれているのでしょうか?
    実際に着床時期に腹痛を感じた人がたくさんいたからこそ「着床痛」という言葉が生まれたのではないのでしょうか?

  • 着床の時期に実際に腹痛はよくある。

  • 着床痛といわれる腹痛がおこる時期はちょうどPMSが始まる時期

     

    体調が不安定になるPMSが始まる時期と着床痛と言われる腹痛が起こる時期が一緒なのだそうです

  • 生理開始予定日の1週間ほど前は、PMSと呼ばれる月経前症候群の症状が現れる時期。PMSの症状は頭痛や胃痛、イライラなどさまざまですが、数日前~1週間ほど前にかけて下腹部が重たいような、張るような感覚になる人も多いようです。
    出典 :生理前の腹痛と妊娠の徴候のちがいとは?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上
     

    生理が始まる直前は女性にとっては一番体調が悪くなる時期です。腰痛や腹痛、むくみが出てきますよね

  • 「着床痛を感じた」という体験談が数多く紹介されていますが、着床痛の時期、期間、痛みの種類、痛みを感じる場所は様々です。生理予定日の1週間前~少し前に痛む方が多いようです。足の付け根あたりを痛がる方もいれば、おなか全体を痛がる方もいます。黄体ホルモンの分泌による体調の変化、着床後に胎芽を育てようと子宮が大きくなろうとする腹痛などの妊娠初期症状とも似ていますが、それらには別の医学的な理由があり、「着床時による痛み」ではないのです。一般的には、着床痛を全く感じないという方がほとんどです。
    出典 :【妊娠超初期症状】着床痛って?医学的に正しいの? - こそだてハック
     

    着床痛の症状自体が人によって様々すぎるので着床したからという原因で起きているとは考えにくいのだそうです。お腹全体が痛い人と足の付け根が痛い人の原因が同じ着床だとは確かに考えづらい・・・というのはうなずけます。

  • 排卵痛を勘違いしている場合も多い。

  • 着床ではなく排卵するときの痛み??

  • 実は、着床痛は医学的には証明されていません。排卵によって生じる痛みである排卵痛と勘違いしているのではという説もあります。
    出典 :【妊娠超初期症状】着床痛って?医学的に正しいの? - こそだてハック
  • 排卵痛とはなんでしょうか?

  • 排卵痛とは名前の通り排卵期に出現するお腹の痛みのこと。排卵期は排卵日を挟んで前後3日くらいのことを指すので、月経周期が28日の人であれば、月経から13~15日目くらいの時期が排卵期と考えられます。
    出典 :排卵痛の症状・原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • 排卵痛かどうかをチェックするためには、基礎体温をつけながら症状が出る時期を記録することが大切。毎月体温が低温期から高温期に移行する辺りで痛みの症状が出ていれば、明らかに排卵痛と診断されます。
    出典 :排卵痛の症状・原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    排卵痛は医学的にも認められているようです

  • もしかしたら稽留流産かも!?

  • 痛みが周期的にある、持続する、出血を伴っているときは、稽留流産の可能性もあります。急いで産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。
    出典 :着床で下腹部痛?
     

    実は生理周期がずれていてすでに妊娠していたのに稽留流産した可能性もありえます。基礎体温を測っていれば周期がずれていたことに気づくのでしょうが、普段計測していない人は高温期が何日続いているかどうかはわかりませんから。心当たりがあって出血が伴う場合は産婦人科で確認してもらいましょう

  • 着床痛と生理前の腹痛が起こるタイミングは、生理予定日の数日前~1週間前と、ほとんど同じ。腹痛の症状のみから妊娠しているかどうか判断することは難しいでしょう。
    出典 :生理前の腹痛と妊娠の徴候のちがいとは?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上
  • 現在の医学では【着床痛】【受精痛】といった痛みは医学的に証明されていません。ではなぜインターネット上ではたくさんの着床痛体験談が報告されているのでしょう?
    それは、ちょうど生理直前におきる「PMS」月経前症候群や排卵前後におこる「排卵痛」を勘違いしているからなのです。
    排卵が起こって24時間以内にたいてい受精しますから受精する時期と排卵する時期はほぼ同時期です。ですからあとで妊娠がわかったときに「あのときの腹痛は受精して着床した時の痛みだったんだ」と思い込んでしまうのです。
    そしてこの排卵痛は排卵する直前だったり、排卵後だったりと妊娠のタイミングをはかるにはやや曖昧さがあるので痛みを目安に夫婦生活をおくるのはあまりおすすめな方法ではありません。

    PMSも低温期から高温期に移行することで起こるだるさや腹痛ですから、やはり着床したばあいの時期と重なるので勘違いされやすいのです。さらに赤ちゃんを切望されている方は気にしすぎるあまりに腹痛を起こしてしまっている場合もあります。
    妊娠にストレスは大敵です。着床痛というものが存在しない以上、あまり気にしすぎず生活するようにしてくださいね。