杜仲茶ダイエット。効果はあるのか? 効果はないのか?

何かと話題の杜仲茶ですが、ダイエットに効果はあるのでしょうか?
もしあるならば、何が作用して体重減少に作用しているのでしょう。
もし、杜仲茶を飲みすぎるとどうななってしまうのか、などまとめてみました。

view72

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 杜仲茶の効果

  • 杜仲茶には、血圧を緩やかに降下させる効果や中性脂肪を減らす効果があるとされています。
    出典 :杜仲茶ダイエット|ダイエット方法体験談・クチコミ広場|ダイエットナビ | CLUB Panasonic
     

    杜仲茶は中性脂肪を減らす効果があるようですね。
    油っぽいものと一緒に摂取すると、脂肪が身体につくのを抑える働きがあるのでしょうか?

  • メタボへの効果

    杜仲茶には、例えば

    高脂血症
    高血圧
    高血糖
    等に効き目があると言われています。
    上記のリストのものは、いわば「メタボ」の代表的な症状になってくるもので、メタボ予防にも杜仲茶などは飲まれていると言えます。

    杜仲茶そのものの効果に、体内の内臓脂肪を分解して燃焼させる働きがあり、そして血液をさらさらにしてくれるという効能を持っているのです。

    お茶を飲むだけでこの効能を手に入れるのは嬉しい限りですね。
    出典 :杜仲茶の効果効能や杜仲茶ダイエットの方法と副作用などの注意点|ダイエットチャンネル
     

    杜仲茶にはメタボ予防に効果がるようですね。
    一度ついたら落とすことが難しい内臓脂肪を落とすことができ、さらには血液をサラサラにする効果があるのですから、中年の方々は飲んだ方がいいお茶のようですね。
    どろどろの血液や内臓脂肪、高血糖や高血圧で会社の健康診断に引っかかったお父様方はすすんで飲むようにした方がいいお茶のようですね。

  • ポッコリお腹ななっていませんか?

     

    メタボは知らないうちにいつの間にかなっていることの方がおおいのです。
    気を付けていても、若いころと同じような生活をしていましたら、メタボになってしまいます。
    しかし、杜仲茶を飲むことによって、このポッコリお腹の原因である内臓の周りについてしまった脂肪を落とすことができるのであれば、飲まない理由にはならないのではないでしょうか?

  • 便秘への効果

    杜仲茶には、実は利尿作用を促してくれる成分が含まれています。
    そのため、飲む事によって、体内の老廃物を出す事へと繋がります。

    ですので、便秘などで悩んでいる方にも、杜仲茶はおすすめです。
    出典 :杜仲茶の効果効能や杜仲茶ダイエットの方法と副作用などの注意点|ダイエットチャンネル
     

    便秘解消にも杜仲茶は効果があるようです。
    しかし、利尿作用があるということなので、飲みすぎには注意した方がいいかもしれません。
    利尿作用は、トイレが近くなる作用ですが、あまりにもおしっこが近くなると、体内の水分が出て行ってしまい、便を柔らかくするために必要な水分まで外へ出て行ってしまう可能性があります。
    そうなると、逆に便が固くなり便秘の原因になってしまいます。

  • 便秘解消にも効果はあるが、便秘の原因にもなる可能性

     

    便秘の解消にも杜仲茶は効果が期待できます。
    しかし、老廃物を体外に出す働きのせいで、必要な水分も体外に出てしまい、結果として便秘になってしまうという可能性もあります。
    用量を守って飲めばこのようなことは起きにくいですが、杜仲茶ばかり飲んでいてもいけないということです。
    胃が荒れる危険性と、高カリウム血症になる可能性があります。
    飲みすぎには気を付けましょう。

  • これは、杜仲茶の中に含まれるミネラル成分の「カリウム」が含まれているからなのです。

    カリウムに体内の余分な老廃物を体外へと排出する作用がありますから、便秘へ効くのですが、これが腎臓が弱っている場合ですと、排出が十分にされない可能性があります。

    そうなると、カリウムが体内に蓄積されてしまう事に繋がり、高カリウム血症へと繋がり、手足のしびれや吐き気などに繋がっていきます。
    ですので、腎臓が弱いという方は、取り過ぎなどに注意をするようにしましょう。
    出典 :杜仲茶の効果効能や杜仲茶ダイエットの方法と副作用などの注意点|ダイエットチャンネル
     

    腎臓が弱い人も杜仲茶の飲みすぎには注意をしなければいけないようですね。
    痩せる可能性が高いからといって、何事も多く摂取するのはよくないということです。
    高カリウム血症は長い間、蓄積しませんと発症しませんが、一度発症してしまいますと、これ以上ややこしいことは病はありません。
    用量と用法をきちんと守って使用することが必要なのです。

  • 杜仲茶がダイエットに向いている理由

  • 杜仲がダイエットに向いている理由としては、含まれる成分が挙げられます。
    「ゲニポシド酸」という成分は、脂肪の分解やコレステロールの吸収を抑え内臓脂肪を落とすと言われています。そのため、自然と内臓脂肪が減り、お腹周りからすっきりとしてくるのです。
    出典 :ダイエット効果&メタボリック解消
     

    このゲニポシド酸が体の中の脂肪を分解する効能を持っているのです。
    内臓脂肪を落とすことができれば、健康的に痩せることができますね。
    外面だけ痩せても内面が痩せなければ、真に健康であるとはいえません。

  • ゲニポシド酸がダイエットに効果をあらわします

     

    あまり聞きなれない単語ですが、このゲニポシド酸が内臓脂肪の分解に効果を発揮するようです。

  • その代表的な成分がゲニポシド酸です。
      ゲニポシド酸には、高血圧や高脂血症、高コレステロールの軽減、ストレスの緩和など、生活習慣病の予防作用があります。とくに血圧降下作用は注目を集めています。
     血圧が上がる原因のひとつは、血管が狭くなって血管壁に対する血液の圧力が大きくなること。ゲニポシド酸は、副交感神経系という自律神経を刺激します。副交感神経は末端の動脈とつながっており、動脈の平滑筋を刺激し、血管を広げてくれる作用を持っています。そのため、血液の流れが良くなり、血圧が下がるわけです。
    出典 :健康成分素材辞典 -症状別ガイド-
     

    ゲニポシド酸は高血圧や高脂血症をはじめとする、脂質の分解に効果をあらわすようです。
    生活習慣病関係の病気の予防には、極めた高い効果が実証されています。

  • 高脂肪食を与えたマウスの一部に杜仲茶エキスを投与。エキスを与えなかったマウスと、血中コレステロールや中性脂肪量の違いを測定した結果、杜仲茶エキスを与えたマウスではコレステロールが約2割、中性脂肪が約7割も減少していました。
    出典 :健康成分素材辞典 -症状別ガイド-
  • ゲニポシド酸の一日の摂取目安は50 - 100mg程度ですから、きちんとこの目安にあうように摂取を続けていけば健康に、中性脂肪を燃焼させることが可能になってきます。
    また、血液関係の不具合を改善させる効果が非常に高いので、生活習慣病予備軍やメタボリックシンドロームの方は、積極的に摂取していくのがいいでしょう。
    ゲニポシド酸が多量に含まれている杜仲茶は、健康に非常に有益なお茶である言えます。