ニキビ跡消したい!なんとかしたい!!

思春期のニキビ、大人ニキビ、どちらもキレイに消えてくれたらいいのに…
ニキビ跡の悩みありませんか?消したい、目立たなくしたい!
そんな悩みを解消するケアの方法など、まとめてみました。

view623

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニキビ跡が残る原因とは?

  • 赤ニキビの状態にまで進行すると、毛穴でニキビの原因菌であるアクネ菌の活動が非常に活発化します。このアクネ菌の影響によって、毛穴の細胞壁部分が損傷しやすくなります。細胞壁の部分が損傷した場合、損傷した細胞壁の色素が沈着して、非常に黒ずんだ色になってしまいます。

    さらにここまでニキビが悪化してしまうと、毛穴が開ききった状態のまま元に戻らなくなるため、ニキビの芯が取れた後もクレーターのように穴が開いた状態で跡が残ってしまいます。

    これがニキビ跡ができるメカニズムです。以上のことから、ニキビ跡を残さないようにするためには、できるだけニキビの早期のうちに毛穴の詰まりを解消する治療を行い、アクネ菌の活動を抑制することが最も効果的です。
    出典 :ニキビ跡が消えない理由
  • ニキビ跡を残さない方法

  • ■ニキビが出来たら早急に対処する

    ニキビは、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビと進行していきます。

    白ニキビはニキビの初期段階で、毛穴に詰まった皮脂が肌から透けて見える状態。
    黒ニキビは白ニキビの新家系で、皮脂が空気に触れて酸化したため毛穴の表面が黒く見える状態です。
    さらに黒ニキビが進行したのが赤ニキビで、赤ニキビは炎症が起こっている状態、黄ニキビは炎症を起こした赤ニキビが更に悪化して膿を持ってしまた状態です。

    ニキビは炎症が伴うと皮膚組織に強いダメージを与えるため、ニキビ跡になってしまう危険性が高まります。
    ニキビが出来たら、できるだけ炎症が起こる前の白ニキビと黒ニキビの段階で適切なケアをして治すことが、ニキビ跡を防止する肝となります。

    きちんとしたスキンケアと食生活及び生活習慣を心がけ、必要に応じて皮膚科の受診をおすすめします。
    出典 :ニキビ跡を作らないために出来ること【レシピ1】
  • ■赤ニキビ以降のニキビを触ったり、潰したりしない

    赤ニキビは白にきびや黒ニキビがさらに進行して、炎症を起こしてしまっている状態。

    手で触るのは避けるようにしましょう。
    手で触ることで肌への過剰な刺激となりますし、手にはばい菌が多いのでばい菌が移ることで、ニキビが悪化してしまいニキビ跡が残る確立を高めてしまいます。

    また、赤ニキビ以降の段階でニキビを潰すのは絶対にやめてください。腫れが酷くなり、場合によっては皮膚組織を破壊してしまいます。
    出典 :ニキビ跡を作らないために出来ること【レシピ1】
  • 気になるとつい潰してしまいがちですね。やはりダメなようです。

  • ■紫外線対策をきちんとする

    紫外線はシミの原因となるメラニン色素を生成し、肌の乾燥を招き、コラーゲンを破壊するなど、ニキビ跡を発生させる原因となります。

    ニキビ跡を残さないためにも、外出時には紫外線対策をしっかりしましょう。
    出典 :ニキビ跡を作らないために出来ること【レシピ1】
  • 紫外線の強い夏だけでなく、冬もケアしましょう!

  • ■ビタミンC配合のスキンケアを取り入れる

    ニキビ跡には、
    炎症が残った赤みのあるタイプ
    色素沈着が残った茶色のタイプ
    皮膚組織にダメージが残り凹凸が残ったクレータータイプ

    と大きくわけて3つあります。

    ニキビ跡予防に効果的なビタミンC配合のスキンケアを積極的に取り入れましょう。

    ビタミンCは炎症を防ぐ作用や、メラニンを抑制して色素沈着を防ぐ作用、コラーゲン生成を促進し肌を内側からふっくらさせる作用、皮脂分泌を抑える作用があります。
    これらのニキビ・ニキビ跡予防に効果的な作用がさまざま揃っているビタミンCを活用して、ニキビとニキビ跡を発生させないようにしましょう。
    出典 :ニキビ跡を作らないために出来ること【レシピ1】
  • 内側からのニキビ跡のケア

  • ★ニキビ跡に効く食べ物(色素沈着のニキビ跡編)

    ニキビ跡はシミと同じ色素沈着によるもの。
    シミに効果があると言われるビタミンCが、色素沈着タイプのニキビ跡にも効果的です。
    ビタミンCには、ニキビ跡やシミの原因とされるメラニンの生成を抑える働きはもちろん、活性酵素を中和させてシミなどを作りにくくする働きや、コラーゲンを生成する働きなどもあり、ニキビ跡のケアには欠かせない栄養素。
    ビタミンCを多く含む食材を摂るようにしましょう。
    ビタミンCを多く含む食材には、パセリやブロッコリー、ピーマンに小松菜などの緑黄色野菜が挙げられます。

    また、イチゴやグレープフルーツ、レモンにパパイヤなどの果物にもビタミンCは多く含まれています。
    ビタミンCは水溶性のビタミンなので、体内に蓄えておくことができません。
    一気に沢山摂るのではなく、定期的にビタミンCを摂取するほうが効果的です。

    またビタミンCは酸化しやすく熱に弱いという性質があります。
    ビタミンCが豊富な食材は新鮮なうちに食べるようにして、出来るだけ生の状態で食べるようにしましょう。
    野菜などは茹でるのではなく炒めるほうが、ビタミンCの損失は少なくてすみますよ。


    また、さらに効果を上げるためにはビタミンCをビタミンB2と一緒に摂るのもおすすめです。
    ビタミンB2には皮膚の代謝を正常にする働きがあるので、ビタミンCで色素沈着を薄くしつつ、ビタミンB2で肌のターンオーバーを正常化させることでニキビ跡を薄くする効果が期待できます。
    ビタミンB2が多く含む食材にはレバーや卵、いわし、さば、納豆、ヨーグルトなどが挙げられます。

    更に、効果を上げるにはビタミンB6も一緒に摂って、ニキビ跡の原因となる酵素の一種、チロシナーゼの活性を抑えるようにしましょう。
    ビタミンB6はレバーや卵、いわし、さば、とうもろこしやバナナなどに多く含まれています。

    実はこれらのビタミンC、ビタミンB2にビタミンB6をバランス良く含んでいるニキビ跡に効果的な食材があるんです。
    それは、アボカドです。
    女性はアボカド好きな人が多いので、味を楽しみながらニキビケアができるなんて一石二鳥ですよね。
    出典 :ニキビ跡に効く食べ物(色素沈着のニキビ跡編)【レシピ4】
  • ★ニキビ跡に効果のある食べ物(クレータータイプのニキビ跡編)

    クレータータイプのニキビ跡に効果のある食べ物をご紹介します。
    それは、コラーゲンです。クレータータイプのニキビ跡というのは皮膚の真皮層にあるコラーゲンが破壊されることが原因。
    なので、コラーゲンを補って、肌の内側からコラーゲンの生成を促して肌の状態を治していくことが肝要です。

    コラーゲンと言うと、美肌効果が高いという印象が一般的かもしれませんが、それ以外にもアンチエイジング効果や、心筋梗塞に脳梗塞の予防など健康にも良い沢山の効能があるんです。
    そして、食材によってコラーゲンの効能は異なってきます。
    新陳代謝を促し美肌効果が期待できる食材は、鶏皮、手羽先、フカヒレ、軟骨、煮こごり、豚足などが挙げられます。
    ビタミンCと比べると気軽に摂れる食材ではありませんし、ちょっと癖のある食材で好き嫌いが別れるような食材ので苦手という人もいるかもしれません。
    その時は、サプリメントなどで補うという手もありますので、無理をせずに自分のペースでコラーゲンを摂取してみてください。

    最近は外食でお鍋のメニューなどの「コラーゲンボール」という文字を見かけることも多くなりました。
    このコラーゲンボールは、鶏肉や豚肉から抽出されたコラーゲンを凝縮して固めたもの。
    お鍋のスープに入れて溶かすだけで、気軽にコラーゲンを摂取出来るのでおすすめです。
    コラーゲンボールを自分で作っておくのは大変ですが、最近は通販でも広く流通しているので、外食以外でも自宅で気軽にコラーゲンボールを活用してコラーゲンを摂取することが出来るのでおすすめです。

    他にも、意外かもしれませんが、マシュマロもコラーゲン摂取におすすめの食べ物です。
    マシュマロは、体の中に入れると小腸でゼラチンが分解されてコラーゲンとして体内に摂取されるんです。
    マシュマロを10個食べると、1日に必要なコラーゲン量5000ミリグラムを摂取できるとされています。
    ただし、糖分を多く含むので毎日10個は現実的でないかもしれません。
    毎日3、4個摂って、他の食材でもコラーゲンを摂取するのがバランス良くコラーゲンを摂取するポイントだと思います。

    コラーゲンを効果的に摂取するには、一気にたっぷりと摂るよりも、毎日継続することが理想とされています。
    コラーゲンを多く含む食材やサプリメントなどを活用して、毎日継続して摂取するようにしてみてください。
    出典 :ニキビ跡に効果のある食べ物(クレータータイプのニキビ跡編)【レシピ6】
  • ★ニキビ跡に効くスキンケア

    肌は日々ターンオーバーを繰り返しています。
    肌のターンオーバーは古い角質が?がれて、そこに新しく生まれた皮膚が押し出されて行くのですが、ニキビ跡の肌も押し出されていくことで新しい肌に生まれ変わることができます。
    ですので、正しいスキンケアを実施して肌のターンオーバーを促進してあげることで、ニキビ跡を改善させることができるのです。

    ニキビ跡のスキンケアに欠かせないのが、化粧水です。
    ニキビの対策にはどちらかというと洗顔に主力を置くべきですが、ニキビ跡対策には「化粧水」こそが大事です。
    正しい洗顔で顔をキレイに洗った後は、ニキビ跡対策に効果的とされる化粧品でしっかりと保湿ケアをしてあげることが大切です。

    では、ニキビ跡に効果的とされる化粧水とはどのようなものなのでしょうか。
    それは「ビタミンC」を含んでいるかどうか。

    ビタミンCには肌の弾力のもとであるコラーゲンの生成を促す作用があります。
    これにより、凹凸のニキビ跡を修復することが期待できます。

    また、ビタミンCには肌のターンオーバーを整え、活性酸素を除去してメラニンを抑制する作用があるので赤みが残るタイプのニキビ跡や色素沈着のニキビ跡の改善に効果があります。
    また、他にも皮脂分泌を抑える働きや毛穴の引き締め効果、美白効果などさまざまな美肌効果があるので、ニキビ跡対策の観点以外でもかなり有効な成分と言えます。
    肌への浸透力を高めるように加工されたビタミンC誘導体入りがおすすめです。

    また、ニキビ跡の改善を早めるために肌のターンオーバーを活性化するにはピーリングも有効です。
    ピーリング効果のある成分はAHAやグリコール酸といったものが知られていますが、これらの成分が入ったピーリングジェルを活用しましょう。
    肌表面にこびりついている古い角質を分解しながら剥がすことで、肌のターンオーバーを整えてくれます。
    特に赤いニキビ跡や色素沈着タイプのニキビ跡に効果的とされます。
    但し、肌への刺激があるものなので、毎日の利用は避けたほうが良いです。週に1、2回程度のスペシャルケアとしての活用をおすすめします。


    ビタミンC誘導体入りの化粧水とピーリングジェルを併用することで、ニキビ跡改善の効果が高まります。
    出典 :ニキビ跡に効くスキンケア【レシピ8】
  • ★プランセンタでケア

    プラセンタというと、美肌に効くというイメージがあるかと思います。
    プラセンタの原液やプラセンタ成分配合の化粧水をつけて寝るだけで、翌朝と着たら肌がぷるっと瑞々しく調子が上がった経験がある人も多いのではないでしょうか。

    実は、このプラセンタは美肌はもちろん、ニキビ跡の改善にもかなり効果的な成分なんです。
    しかも、赤みが残ったニキビ跡から、色素沈着タイプのニキビ跡とクレータータイプのニキビ跡と、全てのニキビ跡に効果的というオールマイティーな成分なのも魅力なんです。


    ●赤みが残ったニキビ跡

    ニキビが炎症を起こして皮膚表面に透けて見えているのが、赤みが残ったニキビ跡です。
    肌表面は沈静化しているように見えても、肌内部ではまだ炎症が起こっている状態です。
    プラセンタには活性酸素を除去して酸化を防ぐ抗酸化作用があるので、こうした赤みが残ったニキビ跡にも作用して、肌内部の炎症も抑えてくれるので、徐々に赤みが引いていきます。


    ●色素沈着のニキビ跡

    色素沈着を起こしてしまったニキビ跡には、角質に体積してしまったメラニン色素を取り除く必要があります。
    プラセンタには肌細胞の「成長因子」が含まれているために、新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを正常化する働きがあるので、メラニン色素を徐々に押し上げて行って、ニキビ跡を改善することが出来るのです。


    ●クレータータイプのニキビ跡

    ニキビが炎症を起こして、そのダメージが表皮だけでなく皮膚組織にまで及んでしまったのがクレータータイプのニキビ跡です。
    プラセンタの抗酸化作用が炎症を抑えるので更なる悪化を防ぐとともに、プラセンタに含まれる肌の成長因子が肌の新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを正常化するので、時間をかけてクレーター肌を改善する働きがあります。


    この他にもプラセンタには自律神経やホルモンバランスを整えて肌トラブルを防ぐ作用もあるので、ニキビを予防することでニキビ跡の悪化を防ぐことも期待できます。
    ニキビはもちろんニキビ跡にも効果のあるプラセンタは、ニキビとニキビ跡の根本から改善してくれるので繰り返しニキビとニキビ跡に悩まされている人に特におすすめです。

    最近は、化粧品だけでなく、美容ドリンクやサプリメントなどにも使われているので、色々と取り入れてみてください。


    また、植物由来のプラセンタも見かけるようになったので、プラセンタに抵抗がある人は植物由来のものを選ぶと良いですね。
    出典 :ニキビ跡の改善には、プラセンタが有効【レシピ10】
  • 外側からのニキビ跡のケア

  • ★美顔器でニキビ跡を治す

    ●イオン導入

    イオン導入とは、弱い電流を流すことで美容成分をイオン化して肌の奥の細胞まで浸透させることです。
    ニキビ跡の改善に効果的とされるビタミンCには過剰な皮脂分泌を抑え、活性酸素を抑制し、肌のターンオーバーを促進し、メラニンの生成を抑える働きがあり、このビタミンCを効率良く配合したビタミンC誘導体をイオン導入することで、ニキビやニキビ跡の発生や進行を防ぐとされています。
    通常のお手入れよりも、イオン導入器を使うと、ビタミンCの肌への浸透率は140倍にもなるとされるので、効率良くニキビ跡を改善することができます。

    またイオン導入器ではイオン導入だけでなく、イオン導出という機能もあって、イオン導入がマイナスの電流を流すのに対してイオン導出はプラスの電流を流すことで、皮膚にたまっているメラニンや脂質などの汚れを吸着して体外に排出させる作用があります。
    更にイオンのマッサージ効果で血流が良くなり肌のターンオーバーも促進されるため、皮膚内にたまったメラニンが排出されニキビ跡の改善に効果があります。


    ●超音波

    超音波とは、人間の耳では察知できない高周波を利用した振動です。
    この超音波を肌にあてることで、肌が芯から温まるために血行が良くなり肌のターンオーバーが促進されます。
    肌をふっくらさせる効果もあるので、色素沈着のニキビ跡はもちろん、クレータータイプのニキビ跡の改善にも効果的です。
    また、肌の毒素や老廃物をスムーズに排出してくれるので、ニキビができにくい肌を作ることができます。


    最近は、イオン導入と超音波の両方の機能を備えたハイブリッドな美顔器も出ているので、ニキビ跡の改善とニキビ跡の原因から断つケアのために利用するのをおすすめします。
    出典 :美顔器でニキビ跡を治す【レシピ11】
  • お風呂上がりなどのリラックスタイムに美顔器でケア。リッチな気分も味わえそうですね☆

  • ★ピーリング石けんでニキビ跡ケア

    肌の表皮にある古い角質層が剝がれるのを促し、肌の新陳代謝を高めるピーリングは、ニキビとニキビ跡のケアに効果があると言われています。
    ピーリングは美容外科などの専門機関で行うケミカルピーリングやレーザーピーリングなどがありますが、自宅で手軽にできるピーリング石けんもその手軽さと効果の高さで人気があります。


    ■ピーリング石けんの効果

    ピーリング石けんは、肌に皮脂や角栓が詰まっているとき、角質が残りやすい時に、その排出をスムーズにしてくれる作用があります。
    特に、

    皮脂や角質が詰まってニキビが出来やすい状態になってしまった時
    古い角質が剥がれずに肌の表皮に残り盛り上がってケロイド状のニキビ跡になってしまった時
    肌のターンオーバーが上手く行っていなくて、肌表面がゴワゴワして厚く硬くなってしまっている時など

    肌表皮に問題がある時に効果的です。

    逆に、クレータータイプのニキビ跡の場合は肌の真皮にまでダメージが及んでしまっているので、即効性のある作用はないですが、ピーリング石けんは肌の新陳代謝を高め肌のターンオーバーを正常化させるので中長期的には効果が期待できると言えます。


    ■ピーリング石けんの注意点

    ピーリングは文字通り、肌表面を「剥ぐ」作用なので、敏感肌の人などはピリピリとした刺激を感じることがあるかと思います。
    ピーリング石けんを使うことで、肌が赤くなったり、ヒリヒリとした痛みを感じるなどの症状が見られることもあります。
    ピーリングは肌の角質を取り除く効果があり、正しくすれば乱れた肌のターンオーバーを正常化しニキビとニキビ跡を治すことが期待されます。

    ゴシゴシと肌に過度の負担が掛かるような洗い方をしないこと
    目の周りなど皮膚が薄い所の使用は避けて角質が気になるところだけ集中的に使用すること
    毎日毎回使用せず、週に1回などのスペシャルケアとして活用すること
    肌の様子をチェックしながら使用すること
    ピーリング後はいつもより念入りにスキンケアを行うこと

    が大事です。

    ピーリングはセルフケアで使うスキンケア類の中でも刺激が強いもの。
    使用する時は、こうした注意が必要です。
    そして、ピーリング後は肌が過敏になっています。
    洗いっぱなしではなく、きちんと化粧水や乳液、美容液などで保湿してあげましょう。
    ビタミンC誘導体入りの化粧水を使うと、肌の新陳代謝を高める働きなどの効果があるのでより効果的です。
    出典 :ピーリング石けんでニキビ跡ケア【レシピ15】
  • 優しく~優しく~洗うのがポイントですね。

  • ニキビ跡は肌にできた"傷跡"のようなものです。目立たない状態までにするためには根気が必要かも知れません。
    負担がかからない程度に、自分の肌に合った方法でケアしましょうね!!