子供のパニック障害とは?

子供のパニック障害とは?症状や原因・治療方法を調べました。参考にしてください。

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供のパニック障害とは?

  • 子供のパニック障害も、大人のパニック障害と原因は特に変わらず、神経伝達物質の分泌異常や過剰なストレスから発症します。
    出典 :子供のパニック障害の原因と改善法
  • 症状とは?

  • 保育園や幼稚園の年代の症状

  • 子供のパニック障害には、年齢ごとでも違いが見られます。保育園や幼稚園の年代では、かみついたりする子供が増えているようです。かみつきの他には、たたいたり、ぶったりする行動が見られます。
    出典 :子供のパニック障害とは?
  • いじけたり、すねたりといった、いわゆる引き籠るタイプ、過剰に甘えたりするタイプ。子供は、過剰なストレスを受けたりすると大人のパニック障害と同じように呼吸困難に陥ったり、動悸が激しくなったり、めまいや吐き気などの症状も現れます。
    出典 :子供のパニック障害とは?
  • 小学校以降の年代の症状

  • 学校でいじめられている、受験に失敗したといったような孤独感や劣等感、ショックなども原因のひとつですが、親がパニック障害の病歴を持ち、あるいはパニック障害患者である場合は、遺伝の確率が高いとされています。また、親との別れによるショックも原因とされています。
    出典 :子供のパニック障害の原因と改善法
  • 叱るときも注意が必要!

  • 子供のパニック障害では、叱った時や嫌いな物を食べるときなどに、一定の症状をおきまりのように訴えることが続くと要注意の傾向があります。
    出典 :パニック障害の治療法110番
  • 治療方法とは?

     

    ・薬物療法

    ・認知・行動療法
    まずは、不安を感じる場所や状況を少しずつ体験させ、パニックになる状況に慣れさせていきます。
    ただし、慎重に行わないと症状が悪化することもあるので専門家と相談しながら進めていきます。
    そのほかにも、緊張をほぐし自律神経を安定させる腹式呼吸を取り入れてることもあります。

  • 子供がパニックを起こしたらどうする?

  •  

    子供がパニックを起こしたら、まず落ち着かせることです。不安を取り除いてあげてください。手を握ってあげるだけでもいいです。子供への理解、寛容さ、話を聞く努力を惜しまないようにしましょう。

  • パニック障害克服への道とは?

  • もし子供がパニック障害になってしまったら、その家族も今後の家族の在り方についてよく考えてみる必要があるかもしれません。子供のパニック障害は子供ひとりだけの問題ではなく、家族全体で解決していくことが大切です。
    出典 :子供のパニック障害について | パニック障害克服への道
  • 学校での問題がある場合にも、家族と学校共に問題解決に協力していくべきでしょう。また、10代でパニック障害を発症した場合は、遺伝の可能性も高く考えられていますので、心療内科・精神科などの医師によく相談してみましょう。
    出典 :子供のパニック障害について | パニック障害克服への道