善玉 コレステロール(HDLコレステロール)

HDLコレステロールは、「善玉コレステロール」と呼ばれています。なぜ「善玉」と呼ばれるのでしょうか。

view490

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールとは何

  • コレステロールは体を構成する細胞を包む細胞膜や各種ホルモン等の原料であり、体を維持するために必要なものです。
    コレステロールは中性脂肪同様”あぶら”なので、そのままの形では水に溶けません。そのため水と親和性のある蛋白と結合し、水に馴染みやすい安定なリポタンパクとして、血液中に存在しています。
    出典 :特集「LDL コレステロール」
     

    コレステロール (cholesterol) とは、ヒトのあらゆる組織の細胞膜に見出される脂質です。

  • コレステロール値が高いと身体に悪いと言われるが

  • 総コレステロール

     

    血中に含まれるコレステロールの総量のことです。コレステロールは血管の強化、維持に大切な役割を果たしています。
    健康診断の血液一般検査の血清脂質の検査で、総コレステロールと中性脂質、HDLの項目があります。140~219 mg/dL が正常値です。
    通常検査のさい、医師から「コレステロールが高いですね」と言われるとき、ほとんどの場合がこの総コレステロール値を指しています。

  • 総コレステロールは肝臓で生成され、細胞膜の維持に必要な物質です。血管やホルモン、消化酵素の胆汁酸の原料になります。
    コレステロールは悪いイメージが先行しがちですが、体に良いHDLコレステロールと体に悪いLDLコレステロールの2種類があります。
    出典 :総コレステロール(脂質代謝) | 健康診断結果の見方
  • コレステロールには2つの種類がある

  • コレステロールの運搬車

     

    この中でコレステロールを主に運んでいるのがHDLとLDLで、HDLに運ばれているコレステロールをHDLコレステロール、LDLに運ばれているコレステロールをLDLコレステロールと呼んでいます。

  • 悪いコレステロールと良いコレステロール

  • HDLコレステロールは、血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶ働きをしています。このことから「善玉コレステロール」と呼ばれています。
    一方、LDLコレステロールは、細胞内に取り込まれなかった余剰なコレステロールを血管内に放置し、動脈硬化を引き起こす原因となるため、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
    出典 :HDLコレステロールとは?
     

    人体への働きで分けられます。

  • HDLコレステロールの働き

  • 動脈硬化の予防になる

     

    HDLが善玉コレステロールと呼ばれる理由は、HDLコレステロールが多いと動脈の壁にコレステロールがたまりにくいために、動脈硬化の予防になるからです。

  • HDLコレステロールはどのように調べるのか

  • 検査当日の朝は絶食し、空腹時の血液を採取して調べます。特殊な試薬を用いて、LDLとほかのリポたんぱくを沈殿させ、残ったHDLを酵素で処理して測定します。最近はHDLを直接検出する検査法もおこなわれています。
    基準値と変動の範囲
    男性…30~80mg/dl
    女性…40~90mg/dl
    出典 :HDLコレステロールとは?
     

    健診結果を見てみましょう。

  • 検査結果の判定

  • HDLコレステロールの値が基準値よりも低ければ、動脈硬化の危険性が高くなります。心筋梗塞や脳血栓症、脂質異常症などの危険性があります。
    HDLコレステロール値の高い人は、心筋梗塞や脳卒中などが起こりにくく、長生きする人が多いため長寿症候群と呼ばれています。

  • 異常があったらどうするか

     

    HDLコレステロールは総コレステロールと関係で判断します。HDLコレステロールが低値でも、総コレステロールが正常値であれば、心配入りません。また、HDLコレステロールが高値でも、総コレステロールが著しく高値の場合は運動や食事で改善することが必要です。

  • HDLコレステロールと病気

  • 検査値の数値が基準値よりも減少しているケースでは以下のような疾患の可能性が検討されます。
    数値が低い場合に疑われる疾患の一覧
    ●糖尿病
    ●虚血性心疾患
    ●動脈硬化
    ●肥満症
    ●メタボリックシンドローム
    ●過度の喫煙
    ●低HDLコレステロール血症
    出典 :HDLコレステロール-基準値・正常値のまとめ
  • コレステロールと食事

  • 基本は摂取エネルギーを減らす

     

    ★コレステロールが高いとき
    鶏卵や魚の卵、レバーやハツなどのコレステロールの豊富な食品は控えましょう。鶏卵は栄養価が高いので一日一個を目安に。
    ★動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸がLDL(悪玉)コレステロールを増加させます。魚に含まれる不飽和脂肪酸(EPA: エイコサペンタエン酸)には動脈硬化を防ぐ働きがあります。
    ★にんじんやごぼうなどの根菜類、海藻類、豆類、こんにゃくなどに多く含まれる食物繊維は、腸管でのコレステロールの吸収を押さえ、排泄を促します。