白い糸や黒い点 見えていませんか? 実は怖い病気が潜んでいるかも!?

最近良く耳にする「飛蚊症」。しかし症状をきちんと認識できている人は少ないのでは?

view1522

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飛蚊症ってご存知ですか?

  •  

    聞いたことはあるけれど、良く知らない…。

  • 最近視界に黒い虫が飛んでいるような気がするんだけど、これはもしかして飛蚊症?的な何かかしら
     

    漠然としたイメージしか認識されていない。

  • 飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。
    出典 :飛蚊症の症状|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
     

    見えることある…!

  • 飛蚊症の症状

  • 飛蚊症になると、目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。
    形状は糸状だったり、小さな粒や丸い輪、また、半透明の場合もあります。
    「邪魔だな」と思って視線を変えても、浮遊物は一緒に移動してきます。
    目をこすっても変化がなく、一向に消えてくれません。
    とくに明るい場所ではっきりと見え、気になって仕方ありません。
    出典 :飛蚊症(ひぶんしょう)の原因と対策/目の病気 生理的飛蚊症の改善|飛蚊症.com
     

    浮遊物といってもさまざまな形でみえるのですね!

  • 若いからって油断してない? あなたもなる危険が!?

  • 症状が出る年齢もさまざまで、20代から症状を自覚する人もいます。
    出典 :飛蚊症の症状|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
     

    20代でなってしまうこともあるのですね!

  • 飛蚊症の原因

  • (生理的なもの)

  • 生理的な原因で起こる飛蚊症は、目の構造と密接な関係があります。
    目の中は空洞ではなく、透明なゲル状の硝子体(しょうしたい)という物質で満たされています。硝子体の成分は時とともに変化し、一部にしわのようなものができます。すると、この部分が濁ってその影が網膜に映り、視野の中で黒い点のように見えるのです。
    出典 :飛蚊症の原因|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
     

    加齢や目の使い過ぎでも起こるそう。

  • (病気の症状として起こるもの)

  • ● 網膜裂孔〈れっこう〉や網膜剥離
    ● 網膜の血管の病気
    ● ぶどう膜炎
    ● 眼球の感染症
    ● 上記の病気による硝子体出血
    出典 :飛蚊症
     

    これが原因の場合は危険です!

  • (生まれつきのもの)

  • 母体内で胎児の眼球がつくられる途中では、硝子体に血管が通っていますが、眼球が完成するとこの血管は無くなっていくのがふつうです。しかし、生まれた後も血管の名残りが硝子体に残存すると、これが"濁り"となって飛蚊症の症状を感じることがあります。
    このタイプの飛蚊症は、生理的なもので健康な目にも起こる現象ですから、症状が進まない限りはあまり気にしなくてもいいでしょう。
    出典 :飛蚊症の原因|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
     

    これに関しては気にしなくて良いのですね!

  • 飛蚊症を疑った時の対応

  • 初めて飛蚊症を自覚したときは検査を受けましょう。生理的飛蚊症と診断されれば、ひとまず安心。ただし、飛蚊症がひどくなったり、別の症状が現れたら、もう一度検査をしてもらいましょう。
     
    出典 :飛蚊症
     

    ただの飛蚊症だろうと思わず、きちんと診断してもらうことが大事!

  • 飛蚊症の原因が病気によるものだとしたら、その病気をしっかり治療しましょう。飛蚊症の症状は病気の重症度を表さないこともよくあります。飛蚊症がよくなっても、元の病気の治療を忘れずに。
    出典 :飛蚊症
     

    硝子体出血がこれに当てはまるとか。

  • 同じ人に違う原因で飛蚊症が起きることもあります。以前、飛蚊症がすぐによくなったからといって、次に起きる飛蚊症が同じとは限りません。一度よくなっていた飛蚊症が再びひどくなったら、すぐに検査を受けましょう。
    出典 :飛蚊症
     

    やっぱり検査が大事!