ママ必見!気を付けたい!!子供の脳に悪い習慣とは??

教育上よろしくない番組や言葉使いなどなど・・・子供の脳に悪影響なものっていったい何なんでしょう?どんな習慣がよくないのか?まとめてみました。

  • rotta 更新日:2014/03/07

view157

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 夜更かしはよくない!

  • 成長ホルモンは、寝ている間にしか分泌されず、しかも就寝後2~3時間後に最も多く分泌されます。また、午後10時~午前2時にかけて最も多く分泌されるので、成長ホルモンを効果的に出すには、午後8時~10時くらいに寝るのが一番良いのです。
    出典 :子どもに悪影響を与える親の悪習慣って何? [子供のしつけ] All About
  •  

    キレやすい子も、夜更かしが原因の一つだそうです。気を付けたいですね。

  • 乱れた食生活は健康を害する

  • 脂肪分や塩分を摂り過ぎてしまうスナック菓子を袋ごと与えたり、また、子どもに言われるがまま炭酸飲料などのジュース類を与えることは小児肥満の大きな要因になります。さらに小児肥満は、高血圧、高脂血症、糖尿病、心肺機能の低下など、さまざまな合併症を引き起こす原因に
    出典 :2/4 子どもに悪影響を与える親の悪習慣って何? [子供のしつけ] All About
  •  

    美味しい・手軽だからといって、頻回に与えるのはよくないですね。

  • 添加物は身体だけでなく、心にも悪影響を与えるといわれています。たとえば、無気力、無関心、無感動になったり、同じ過ちを繰り返す、キレる、多動などの問題行動にも影響があるとも言われています。食品を購入するときは、必ず何が含まれているかをよく確認してから購入する習慣をつけたいものです。
    出典 :2/4 子どもに悪影響を与える親の悪習慣って何? [子供のしつけ] All About
     

    子供が食物アレルギーだったので、成分表をよく見る癖がつきました。裏を見ると・・・沢山添加物はいってるんですよね。結構怖いです!

  • 化学調味料は神経の働きにブレーキをかけ直観力を鈍らせる
    化学調味料を非常に警戒しなければならないのは、化学の味で味覚神経を鈍らせ麻痺させるばかりではなく、 脳神経も麻痺させてしまうからです
    出典 :食品添加物の危険性.com
  • 発ガン性などの理由で使用禁止になったものは、赤色4号、赤色5号、黄色1号、緑色4号など全部で17品目にも上ります。赤色2号は、アメリカでの動物実験で発ガン性の疑いが持たれ、米国では使用が禁止された危険な着色料です
    出典 :食品添加物の危険性.com
  •  

    沢山の食品添加物が食べ物にはいっています。ゼロにはできないけれど、できるだけ取らない努力もしたいものです。

  •  

    神経質になるものよくないけれど・・・ちょっと意識して、手作りできるものは手作りするだけでも、減らせますよね。食育は子供の脳をそだてます!!

  • 親が先回りして、手出ししすぎる

  • のどが渇いただろうと子どもが何も言わないのに水を出したり、雨の日に自分で履かせないで親が長靴を履かせたりといったような気が利きすぎるお母さんの場合、かえって子どもが何もできなくなってしまいます。困らないようと何でも親が先回りしてやってしまうと、子どもは自分で考えない指示待ち人間になってしまいます。
    出典 :子どもの自立を妨げる!絶対にやめた方がいい「親の過干渉」5つ | 「マイナビウーマン」
  • 親は子供のお手本です。親の行動が子供のモラルを低下させる

  •  

    電車でメイク・携帯電話に夢中になりすぎたり、借りたものを返さなかったり・・・親の行動。子供はよーく見ています!気を付けたいですね。