ぎりぎりうるさい!【歯ぎしり】原因は一体なににあるの!

ぎりぎりうるさいのが歯ぎしりですよね
一体原因はなにがあるのでしょうか?
まとめてみました

view270

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯ぎしりとはなにか

  • 歯ぎしりとは睡眠中に、「ガリガリ」「ギリギリ」と歯を擦り合わせてしまう現象を指します。
    起きている時に歯ぎしりをしてしまう方は、あまりいらっしゃらないでしょう。

    歯ぎしりをしている方は、寝ている時に何度もしてしまう特徴があり、歯や歯周組織を傷つけてしまうだけではなく、全身にも影響が起こる怖い現象の一つです。
    出典 :歯ぎしりの原因
     

    人生で一度だけ
    起きて歯ぎしりをしている人を見たことがあります

  • 歯軋りとは、上下の歯をギリギリとすり合わせたり、グッと食いしばったりすることを言い、専門用語では「ブラキシズム」と呼ばれます。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
     

    専門用語があった!

  • 種類もあるようです

  • 1.グラインディング 「ギリギリ」と歯を擦り合わせる歯軋り。
    一般的に歯ぎしりと呼ばれているのは、主にこのタイプです。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 2.クレンチング 「ググッ」と上下の歯を強く噛み合わせる歯軋り。
    音が出ないので気づかないことも多いですが、これも歯ぎしりの一種です。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 3.タッピング 「カチカチッ」と歯を打ち鳴らす歯軋り。
    歯ぎしりの中ではまれなタイプです。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
     

    一度見てみたい気がする・・・

  • 原因は何があるのか?

  • 詳しいメカニズムは分かっていませんが、アルコールやタバコ、カフェインを摂ることで歯ぎしりが多くなります。薬では、うつ病の治療薬である選択的セロトニン再吸収阻害薬(SSRI)を飲むと、歯ぎしりが悪化することがあり注意が必要です。
    出典 :あの病気が原因?! 快眠の敵・歯ぎしりの原因と予防法 [不眠・睡眠障害] All About
  • 噛み合わせによる歯ぎしり

    元々の歯並びによって歯ぎしりが引き起こされる場合もありますが、顎筋肉の緊張がアンバランスになっていることが考えられます。



    つまり、歯を抜いた後にそのままにしていたり、虫歯治療をしたりしたことで、噛み合わせが悪くなってしまうのです。これが主な原因であると言っても良いでしょう。
    出典 :歯ぎしりの原因
     

    噛み合わせも問題になるようです

  • ストレスによる歯ぎしり

    ハードな仕事が続いていたり、人間関係がもつれたりすることで、人はストレスを感じてしまうでしょう。



    ストレスを感じないという方はいらっしゃらないのですが、負のストレスを感じ続けることで様々な悪影響が起こります。
    出典 :歯ぎしりの原因
     

    ストレスも原因になるのですね

  • 問題点はここ!

  • •肩こり、偏頭痛、アゴの疲れ、目の奥の痛みなどの原因となることがある。
    •歯が削れたり、割れたりすることがある。
    •歯科治療で入れたセラミックなどのクラウン(被せ物)が割れることがある。
    •歯周病が進行しやすくなる可能性がある。
    •顎関節症が悪化する可能性がある。
    •横で寝ている人の迷惑になることがある。
    •睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 治療方法

  •  

    胸やけやムカツキがある人は、逆流性食道炎が歯ぎしりを起こしている可能性があります。かかりつけ医や消化器科で逆流性食道炎の治療を受ければ、歯ぎしりも減るかもしれません。