幼児がかかりやすい病気や症状とは?

幼児は免疫力が低いため、様々な病気にかかりやすいのです。
どんな病気があるのか、どんな症状が出るのか。
対策や予防法はあるのか調べてみました。

view331

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 幼児がかかりやすい病気って?

     

    幼児には免疫力が弱いため、様々な病気にかかってしまいがちです。
    お母さんやお父さんからしてみたら、とても心配でしょう。
    特に赤ちゃんは言葉を発せないのですから分かりません。
    少し大きくなってもどこそこが痛いだとか気分が悪いとか、そういった症状をうまく説明することが難しいのです。

    そのためにも、もしこんな症状が出たら、こういう病気なのか!と思ってください。
    早期発見、早期治療が一番大事です。

  • 子どものかかりやすい病気

  • いちばん身近な病気は風邪ですが、生まれてくるときにママから免疫をもらうおかげで、生後6カ月ぐらいまではあまり風邪をひきません。また、麻疹、風疹、おたふくかぜの場合、ママが免疫を十分にもっていると赤ちゃんに免疫が移行して生後8~10カ月ごろまではかかりにくいのです。でも、百日咳、結核は免疫をもらえないので、周囲からうつる機会があると生後早い時期からかかる心配があります。水痘は免疫が移行しても早い時期になくなるので、生後1カ月ごろからうつる可能性があります。
    出典 :乳児期にかかりやすい病気|ベビータウン
  • 赤ちゃんの病気新百科

     

    乳児期や幼児期にかかりやすい病気と症状について詳しく書かれています。
    そして、またどのように対処すればいいのかも、これならパパやママも安心することでしょう。

    まだうまくしゃべれない子供の症状別によってホームケアをしてあげてください。

  • こちらの本・マニュアル集も一読を

  • 赤ちゃんの病気大全科

     

    赤ちゃんのうちにかかる病気が掲載されています。
    昔に比べて様々なことが書かれているので、
    こういった本があることは嬉しいですよね。

    妊娠中の方にもオススメですよ。
    生まれてきてからでは遅いので、早めに勉強をしておくことです。

  • 事前に赤ちゃんや幼児がかかりやすい病気や独自の症状を知っておいて、イザと言うときに冷静に対処したいものです。幼い子どもは抵抗力が弱く、症状を伝える言語力も無いので、両親が冷静に判断しなければなりません。
     

    うむ、名言ですね。
    両親があせっていては解決になりません。
    冷静に判断することが大事でよね。

  • ケガ&病気の予防・救急マニュアル

     

    もし自分の子供がこんな病気にかかったら…
    ケガをしたら…
    こんな時は病院に行って診てもらわなきゃ!
    と世の中の両親はそう思うでしょう。
    医者に見せる前にこの本を読んでください。
    両親に安心してもらうために…マニュアル本が出ていますので、参考にしてください。

  • 0~5歳のケガと病気の予防・救急まるわかり安心BOOK

     

    子供はよく遊びまわってはケガをすることもあれば、他の子から病気を移されたりします。
    そのためには、ママでも安心できる本が出ています。

    なるべく子供のことをよ~く見てください。
    ケガしたり病気してからでは遅いので予防も大事ですよ。