「卵アレルギー」どんな症状が出るの???

「卵アレルギー」だとどんな症状が出るのでしょうか?
今回は卵アレルギーについてご紹介したいと思います!

view362

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 卵アレルギー

  • 卵はアレルギーを起こす食べ物の中で、最も多くアレルギー症状が出る人の多い食品のひとつです。食物アレルギーの中でも特に「卵」に対して反応が出る人は多くなっていて、日本では「卵、牛乳、小麦」が3大アレルゲンとされています。
    出典 :卵アレルギー / アレルギーの症状と対策
  •  

    アレルギーがある人もすくなくはないですね
    卵アレルギーで卵を食べられない人は
    学校でも見たことがある気がします

  • 症状

  • 卵アレルギーの特徴的な症状の一つと言われているのは貨幣状湿疹です。あらわれ方:小さな皮膚の隆起がかゆみと共に次第に大きくなっていき、硬貨から卵大くらいの大きさの湿疹が足にあらわれます。その湿疹が次第に腕や腹部、背部に広がっていきます。
    出典 :卵アレルギーの特徴的な症状 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  •  

    ストロフルス
    急性痒疹(ようしん)とも呼ばれ、5歳以下の子どもに起こることが多いようです。あらわれ方:一種のアレルギー反応ということで、ストロフルスは虫刺されの後に起こることも多い病気です。最初に虫刺されのような少し隆起した赤い発疹ができ、それはしばしば水ぶくれを伴います。強いかゆみを伴うため、引っ掻いてしまうことも多いですが、そうすると引っ掻いた部分がじゅくじゅくとした傷になります。

  • 栄養

  • 鶏卵はタンパク質が豊富で栄養価の高い食品ですが、鶏卵にしか含まれない、お子さんの成長に不可欠な栄養素はありません。タンパク質については、肉や魚、大豆製品などでバランスに気をつけて食生活を送れば、お子さんの栄養面や成長面に不安を感じなくても大丈夫です。
    出典 :鶏卵|食べ物アレルゲン|子どもの食物アレルギー|アナフィラキシーってなあに.jp
  • アレルギーのため卵を食事から除去する際には、他のたんぱく質を補うことが大切です。例えば肉や魚や大豆など、たんぱく質の多く含まれる食品をもとに、米や野菜、海藻類など、いろいろな食品を組みあわせて摂るとバランスが良くなります。
    出典 :卵アレルギー / アレルギーの症状と対策
  • 加熱

  • 鶏卵のアレルゲンの多くは、卵白に含まれる「オボアルブミン」と「オボムコイド」というタンパク質です。このうちオボアルブミンは、加熱するとタンパク質の構造が変化してアレルゲンではなくなります。その結果、鶏卵アレルギーでも主にオボアルブミンのアレルギーの場合、加熱をすれば鶏卵が食べられるということがあります。
    出典 :鶏卵|食べ物アレルゲン|子どもの食物アレルギー|アナフィラキシーってなあに.jp
  • 注意点

  • 加熱した鶏卵で症状が出なくても、半熟卵や生卵ではオボアルブミンの性質の変化が十分ではないため、食べて症状が出ることはあります。マヨネーズ、カスタードクリーム、アイスクリーム、マシュマロなどに使われている鶏卵は十分に加熱されていないので、加熱鶏卵が食べられるようになっても気をつける必要があります。
    出典 :鶏卵|食べ物アレルゲン|子どもの食物アレルギー|アナフィラキシーってなあに.jp
  • パンやケーキなどをはじめ、練り製品(はんぺん、かまぼこ、ちくわ、すり身など)のつなぎ、ラーメンなどの麺類、また魚卵や他の卵も強い卵アレルギーの方は食べてはいけません。
    出典 :卵アレルギー / アレルギーの症状と対策
     

    食べられない物がたくさんありますね・・・

  • 除去

  • 卵アレルギーは上手に除去を行えば、小学校にあがる前には症状が治まるといわれています。食べても良いかどうかの判断は、専門家の診察で負荷テストなどのアレルギーの検査を行いながら徐々に除去をやめていきます。独自の判断で除去をしてしまうと、アレルギーが長引いてしまうので、必ず専門家の判断で行うようにしましょう。
    出典 :卵アレルギー / アレルギーの症状と対策