その指の関節が腫れの原因は「へバーデン結節」では?

指の関節が腫れが大きくなってきて・・と最近感じることはありませんか?あまり痛みも感じないから何だろう?と放っておいたりしていませんか?実はそれ「へバーデン結節」という病気かもしれませんよ。まず「へバーデン結節」について調べてみましょう。

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • へバーデン結節とは?

  • 「へバーデン結節」という病気はあまり知られていないかもしれません。女性、特に40代以降の女性が比較的多い、指の関節が腫れていく病気です。痛みがない場合もありますので、本人があまり気にしないというところもありますが、その腫れがどんどんとひどくなっていくこともあります。この「へバーデン結節」はどうやって治療していくのでしょうか。

  • へバーデン結節とはどんな病気?

     

    「へバーデン結節」の特徴は、知らず知らずのうちに指の第一関節が腫れてくることです。痛みを伴わない場合もあり、知らず知らずのうちに指の関節が腫れてくることもあります。もちろん、関節が痛いなと感じる場合もありますが、あまり気にならないケースの方が多いようです。

  • へバーデン結節になってしまったら?

  • 多くの場合、間違えて自己診断してしまうのが「リウマチ」かもと考えてしまうこと。リウマチは基本的に痛みを伴いますし、指や手のひら自体がこわばってきてしまうこが多いので、この病気とは異なります。
    だんだんと腫れがひどくなるケースもありますから、自己診断ではなく、早めの受診をおススメします。

  • こんな感じで腫れてきます

     

    病院へ行って、レントゲンを撮ってみたら、関節の骨が異常になっていた。そうして、お医者さんに「へバーデン結節だ」と言われてしまった場合、どうして症状を改善するのか、あるいは治療していくのかを調べましょう。

  • 投薬で改善

  • 「へバーデン結節」を完治させるための薬は残念ながらいまのところありません。ただし、出来るだけ痛みを伴いそうな手術などは避けたく、あまり症状もひどくない場合は、最初から進行をとめるためのお薬があるようです。

  • お薬を服用する

     

    病院へ行き「へバーデン結節」だと診断されたら、お薬の服用をする場合あります。医師から痛み止めなどと一緒に「パロチン」というお薬を投薬される場合もあるそうです。

  • ヘバーデン結節の指の変形は治らないけれど、症状の進行は止めることが可能だという考えのようで、パロチンというあまり聞かない名前の薬を処方してくれるようです。
    出典 :パロチンについて | ヘバーデン結節 最新治療法
     

    パロチンというお薬自体がへバーデン結節を治すためのお薬ではないのです。あくまでも進行止めとして使用されます。また、そのパロチン自体が効果のある人とない人もいるようですので、最初から投薬をしないという方針の病院も多くあります。

  • テーピングで改善

  • 投薬と同じで、基本的にはテーピングももあくまでもその場をしのぐ、進行をとめるということが目的です。そうしていくうちに腫れがひどくなくなるということはあるかもしれませんが、テーピングの効果というものは、基本的には信仰を遅らせるとということになるでしょう。

  • テーピング予防

     

    へバーデン結節の対処法としてメジャーなテーピング予防です。

  • 早めにテーピングで形を整えておくと、著しい変形を防げますし、変形が進行するのも防げます。痛みに対してはほとんど改善 することができますので、手術以外の手段を選ぶなら、テーピングが最も効果的とも言われます。また、手術する場合、痛みや 炎症が完全に消えてから行なうべきです。
    出典 :へバーデン結節とテーピング|ヘバーデン結節.com
     

    残念ながら、テーピングを巻いておくだけではへバーデン結節は完治しません。進行を遅らせることにより、腫れが改善されることもあるようですが、基本的には進行を送らせて現状を維持させます。ただし、痛みがある患者さんにとって、テーピングをすることにより、痛みを改善することが出来るそうです。

  • 完治を望むなら手術

  • へバーデン結節による指の変形度合いが日御ぢ場合、選択肢として手術が出てきます。最近では、へバーデン結節で手術が必要な患者さんで多数の指の手術が必要な場合以外は、日帰りで帰宅することができます。

  • 最後の手段・・・手術

     

    痛みがひどい場合、テーピングの効果もなくなってきたというときには手術を選択する方法もあります。しかしながら、これは最後の手段ととらえている人が多いようです。