放っておくと怖い、喘息ってこんな病気

喘息患者は、今や日本人の3%もの人数が罹患していると言われる病気です。かつては小児喘息といって小さいうちに発症し体力がつくにつれ症状が改善していく子供がかかる病気として知られていましたが、大人でも急に発症することがわかっていて、しかも放っておくと気道自体が狭くなってしまい呼吸がしにくくなる病気です。

view213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加