便秘が原因になる可能性もある病気イレウス(腸閉塞)って一体どんな病気なの??

便秘が原因になる可能性のある病気でもあるイレウス!!
腸閉塞とも言われてるこの病気とは一体どんな病気なのでしょうか???

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • イレウスって一体どんな病気なの???

  • 腸閉塞(イレウス)って一体どんな病気なの???

     

    色々な症状が出てくるようです!!!

  • 食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で滞とどこおった状態、すなわち内容物が腸に詰まった状態が腸閉塞です。
    出典 :腸閉塞(イレウス)| 食道・胃・腸の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 腸が拡張して張ってくるため、おなかが張って痛くなり、肛門の方向へ進めなくなった腸の内容物が口の方向に逆流して吐き気を催し、嘔吐したりします。腸閉塞は、吐き気・嘔吐を伴う腹痛が現れる最も代表的で一般的な病気です。
    出典 :腸閉塞(イレウス)| 食道・胃・腸の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • イレウスの原因とは???

  • 一つは腸管の器質的な病変により腸管内腔の狭窄、閉塞を起こすもので、これを機械的イレウスといいます。これには、
    ● 開腹手術後や腸管の炎症により起こる癒着
    ● 大腸癌などの腫瘍や、腸の炎症性病変による腸管の狭窄
    ● 異物の誤飲や、糸コンニャクなどの大量の不消化性食物の摂取
    などがあります。
    出典 :腸閉塞イレウスについて
  • もう一つは、機能的イレウスとよばれるもので、腸管の気質的な原因がなく、腸管を支配する神経の障害により腸管の運動障害がおこり、腸管内容が停滞するものです。これには、腹膜炎による炎症の腸管への波及や、開腹手術後による腸間麻痺、薬物中毒やヒステリーなどの神経性因子によるものなどがあります。
    出典 :腸閉塞イレウスについて
  • 便秘が原因でイレウスになる可能性があるって本当???

     

    便秘で悩んでる人は注意が必要かもしれません!!!

  • 便秘によって便の水分が奪われて硬くなり、腸管を塞ぐことが原因で糞便性イレウスとなるのです。
    便が腸内に長く留まり続けるほど水分が奪われるという特徴があるため、一つ一つの便が小さくコロコロとした便がたくさん出るようになります。
    このような状態に陥ると、下腹部の膨張感や腹痛に悩まされることが多くなり、吐き気や嘔吐といった症状が表れるようになるのです。
    出典 :便秘と腸閉塞
     

    便秘で悩んでる人は注意が必要です!!!

  • 腸閉塞になったら下剤を服用すれば良いと考えている方がいらっしゃいますが、便が詰まった状態であるのにも関わらず薬の作用によって腸が活発に動いてしまうため、更に症状が悪化し最悪の場合には腸管が破裂することも十分に考えられるのです。
    出典 :便秘と腸閉塞
     

    ただの便秘だと思っていたら腸閉塞だったという可能性もあるので注意しましょう!!!

  • 難しい??便秘とイレウスの見分け方とは??

  • それは便秘???それとも腸閉塞???

     

    どちらなのかを見分けることがとても大切です!!!

  • 腸閉塞と便秘の共通点は腹部膨満感、吐き気、嘔吐です。お腹がバーンと張ったようになる、吐き気がひどく実際に嘔吐するなど重い便秘とよく似た症状を腸閉塞は持っています。 
    一方で違いもあります。
    それは腹痛の種類です。便秘の腹痛では動けなくなるほどというのは滅多にありません。 
    一方で腸閉塞の腹痛は立っているのもつらいほどで、次第に顔面蒼白になるのも特徴です。
    出典 :良く似た症状を来す便秘と腸閉塞!見分けるには? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 腸閉塞と便秘は、痛みで見分けるのが一般的です。 
    痛みがあまりにもひどい場合は腸閉塞でも便秘でも病院に行くので、その結果検査をして腸閉塞とわかるパターンもあります。いずれにしても自分だけで見分けることはできないのでひどい痛みを伴う腹痛があるなら病院へ行って検査を受けるのが適切です。
    出典 :良く似た症状を来す便秘と腸閉塞!見分けるには? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • イレウスになったらどんな治療が行われるの???

  • 腸閉塞になると、まず、絶飲食が大前提です!!!

     

    腸閉塞になると、まず、絶飲食が大前提です。
    治療には、二種類の方法があります。
    鼻からイレウス管(吸引チューブ)を入れる方法と開腹手術です。

  • 腸管の癒着が原因や緊急でない場合は、イレウス管を挿入して経過観察します。これで快方となる場合もありますが、そうでない場合は、開腹手術となります。イレウス管で治るかどうかの目安は約二週間の経過観察の後に判断します。
    イレウス管を入れる目的は、小腸の中にたまった腸液や食べ物を吸引し、小腸の腫れが引き、腸閉塞が治る場合があります。
    イレウス管を入れている間は、絶飲食となり、点滴で過ごすこととなります。
    腸閉塞の中でも緊急度の高い場合は、即時、開腹手術となります。緊急度が高いというのは、腸管への血流が途絶えた場合の事を指します。
    出典 :腸閉塞の症状や治療、原因と手術