知って得する!?臍帯血って何???

臍帯血をしっていますか?
へその緒の中にある血液のお話です☆

view201

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 臍帯血

  • 臍帯とは、つまりへその緒のことで、このへその緒(臍帯)に含まれる血液が臍帯血です。
    出典 :臍帯血
     

    役立つのですね!

  • 臍帯血とは?

     

    色々な病気の治療に使われる
    研究をされているものなのです!
    そんな不思議な効果もあるのですね
    今後に期待したいものなのです☆

  • 将来の為に保管する

  • 将来、赤ちゃんが「白血病」や「悪性リンパ腫」などの血液の病気なったときに、この造血幹細胞を戻し、正常な血液細胞をつくってもらうという治療を行うことができるのです。
    出典 :出産前のママとパパへ!臍帯血バンクの基礎知識
  • 赤ちゃんの将来の病気に備えて「へその緒」の血液を保管しよう!

     

    自分の臍帯血を使うので骨髄移植のような拒絶反応の心配もありませんし、赤ちゃん本人以外にも、白血球の型がある程度一致すればご兄弟やご両親の血液疾患の治療に用いることもできますよ!!!

  • 臍帯血バンク

  • 骨髄というのは骨の中にある血液を造っている場所です。これはどの骨の中にでもあり、ここには血液の元になる細胞(造血幹細胞)がたくさんいて、これから血液が造られて全身に回っていくことになるのです。骨髄移植ではこの血液の元になる細胞をたくさん含んだ骨髄液(骨髄の中にある血液)を健康な人から採取します。
    出典 :臍帯血バンクって何?
  • 骨髄バンクに入ると言うことは自分の白血球の型(HLA)をバンクに登録しておき(これは普通の採血で済みます)、同じ型の患者さんが必要としているときに、骨髄液を提供することです。
    出典 :臍帯血バンクって何?
  • どうやってとる?

  • 採取は非常に簡単で必要な時間も5分程度ですので、お母さんや赤ちゃんの負担は全くありませんし、分娩の経過にも全く影響はありません。ただし、採取できるのは一生に一度、赤ちゃんが生まれる瞬間だけです。
    出典 :出産前のママとパパへ!臍帯血バンクの基礎知識
  • 骨髄液を採る方法は、普通、麻酔(通常の場合、全身麻酔です)をしたのちに骨盤の骨に針を刺して骨髄液を抜き取るのです。そのあと、少し痛みが残ることもありますがすぐに回復しますし(時にしばらく痛いこともありますが)、それによって貧血になったりということはありません。
    出典 :臍帯血バンクって何?
  • 二通りある

  • 1.出産直後へその緒を切った後、母体に残っている胎盤から採取します。採取には専用のバッグを使用し、さい帯表面の血管に針を刺して行います。(さい帯の表面は、針を刺しても痛みを感じることはありません。)採取は2~3分程度で終了し、数分後に母親の体外に胎盤が娩出されます。
    出典 :臍帯血
  • 2.胎盤が母体から出てきた後、胎盤は消毒され、胎盤吊り下げ用スタンドに胎盤をのせて、端をクランプ(はさみ)で留めたさい帯を下にした状態にします。そして、さい帯の表面の血管に針を刺して、血液を吸引して採血バッグに入れて完了です。
    出典 :臍帯血
     

    とっておくことで役立つなら助かりますね
    出来る事ならチャレンジしてみても良いのではないでしょうか☆