老化を早める!?AGE↑AGE↑な食べ物

老け顔は身体に老化物質が溜まっている証拠!?
皮膚だけじゃなく骨や血管・目の老化も早めるAGEとは、新手のスタンド攻撃なのか?
いったいどこに潜んでいるのか?抗う術はあるのか…

view589

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「AGE」という物質が、老化を早めるらしい!?

  • アゲ・・・?AGEってなんでしょう?

  • AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。
    出典 :AGE(終末糖化産物)とは?|AGE測定推進協会
  • AGE(終末糖化物質)が早める老化とは

  • 老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミ・シワや認知症などかもしれませんが、それだけではありません。
    AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。
    体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切です。
    出典 :AGE(終末糖化産物)とは?|AGE測定推進協会
  • AGEとは全身の老化を進め、早死にするリスクを高める老化物質と考えられています。
    AGEが溜まると骨は茶褐色に変色し、もろく折れやすくなってしまいます。
    老け顔も老化物質のAGEが原因と考えられています。
    出典 :AGE、老化予防!過剰な糖分摂取がAGEを増やし骨折要因に、AGEを溜めない方法について
  • 身体のためにも美のためにも、女子としてはできるだけ老化に抗いたいものです。

  • AGEってどこから来るの?

  • AGEが体内に蓄積されてしまう方法は2通りあります。
    1つ目は体内で「生成」されてしまうAGE。
    血中のブドウ糖が過剰になりリミットが超えてしまうことによって、細胞や組織を作っているタンパク質と糖が結びつき、体温で熱せられる事によって糖化反応が起きてしまいます。

    そして、もう1つは食べものによって体内に溜まるAGEです。
    出典 :結局「糖化」って何!? 知っておきたいAGE(終末糖化産物)に関する基本| Life & Beauty Report(LBR)
  • AGEはここに居る!

  • AGEが潜んでいる食べ物

  • こんがり焼けたキツネ色部分によく発生するということで、それだと食パンがあげられますね。
    ホットケーキはもちろんですが、
    ステーキや焼き魚も糖化につながる食品となります。

    狐色に焼きあがるものが一つ。
    次は清涼飲料水です。

    甘味づけに使われる人工甘味料はAGEをつくるため、
    あまりとり過ぎないようにしましょう。
    出典 :糖化食品を挙げてみました
     

    ガーン!「こんがり」大好きなんですけど!

  • ■AGEを多く含む食材
     1.バターやチーズなどの脂肪の多い食材
     2.肉
     3.魚

    AGEは調理法によってその量が変わってしまいます。
    例えば、茹でたソーセージと焼いたソーセージではAGEの量は1.5倍も変わってしまいます。
    出典 :AGE、老化予防!過剰な糖分摂取がAGEを増やし骨折要因に、AGEを溜めない方法について
  • 調理の温度によってAGE値は変わる

  • AGEは、「加熱する温度が高いほどより多く発生する」という特徴があります。揚げ物や炒め物は油の温度が170℃~200℃、オーブン焼きは200℃~240℃と高いため、AGEが大量に発生します。一方、ゆでる、蒸す、煮るといった調理法は水分を使うため100℃までの加熱に抑えられ、発生するAGEも少なくなります
    出典 :AGE(終末糖化産物)の多い食品・少ない食品|AGE測定推進協会
  • 制限するのはなかなか難しそうな食品ばかり・・・

  • AGEを増やさないために!

  • AGE値を増やさない食べ方は?

  • ・ゆっくり良く噛んで食事をする

    ・糖質の少ない食べ物中心にする(ご飯、パンは少なく)

    ・甘いもの(砂糖など)を控える

    ・揚げ物を控える

    ・野菜→肉・魚→ごはん・パンの順番に食べる

    ・腹八分目にする

    ・食後20~30分以内に、ウォーキングを20~30分する

    (ウォーキング以外にも、掃除やストレッチなど体を動かせればよい、ただし、激しい運動はNG)

    ・紫外線を浴びない

    ・ストレスを溜めない

    ・タバコを吸わない(副流煙も)
    出典 :糖質は老化を早める!AGEの発生を抑えてアンチエイジング | 福山雅治に学ぶメンズ美容
  • なるべくAGEをため込まないで、アンチ老化!でいきたいですね