バラ色下地で<老けない美肌>が作れるらしい

ベースメイクでバラ色下地を作れば老けない美肌が作れるらしい。ということでバラ色下地の作り方を調べてみました。

view1176

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バラ色下地の作り方

  • 4大美肌の中で、最も簡単かつスピーディに仕上がるのが赤ちゃん肌。下地を使うのは顔の中心部分にとどめ、コンシーラーもあえて使わないのが特徴です。というのも、赤ちゃん肌には、いい意味での未完成さが必要だから。「完璧に仕上げてしまうと、赤ちゃん肌特有のピュアな軽さが出せません。多少の肌のアラは気にせず、それよりも肌全体の透け感を生かすことの方が大切」と黒田さん。パウダリーファンデーションとフェースパウダーを薄~く重ねることで、うぶ毛を感じさせるようなふんわり無垢な質感に仕上げることがポイントです。そして、薄くつけること以外にもうひとつ大切なことは、ピンクの下地やフェースパウダーで、上気感を出すこと。「赤ちゃんの肌をよく見ると、奥の血管が透けて見えるような、さりげなく上気したニュアンスがあります。これがかわいらしさにもつながるので、ぜひ取り入れてみてください」
    出典 :自己ベスト美肌の作り方 - BEAUTY - X BRAND
  • ふむふむ。
    たしかに赤ちゃんの肌って未完成なはずなのにとっても艶やか。
    その雰囲気を保ちつつ、ベースメイクを進めていくことがバラ色下地というんですね。

  • 下地の塗り方

  • 指先だけでチョコチョコとのばしている人も多いようですが、それが筋ムラのもと。指の腹の第2関節くらいまでを使い、面でのばすことで均一になり、フィット感も高まります。
    出典 :嶋田ちあきが教える、薄くて軽いおしゃれなツヤ肌の作り方! - BEAUTY - X BRAND
  • バラ色下地を作るのにイイ化粧品

  • コスメデコルテ ラクチュール ブライトニング ベース

  • 内側から輝く明るいツヤ感を演出してくれます。

  • ランコム ラ バーズ イドラ グロー

  • うるおいキープ力の高さが魅力です。

  • エスト トーンクリエイター ローズピンク

  • くずれにくい処方で長時間美肌キープできます。

  • パルファム ジバンシイ アクティ・マイン 2

  • 赤みが強い色なので、肌のくすみを飛ばす効果大!