なぜ足がむくむのか?カンタンな方法ですらっとした足になろう!

足のむくむ原因を追及してみました。意外と簡単なところに落とし穴があったんですよ。

view820

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さて、一日の終わりに、足がパンパンになって大変なんてこと、日常茶飯事になってませんか?

  • 立ちっぱなしだったり、逆に座りっぱなしでも、なったりしますよね。

  • さて、そもそも、なぜ足はむくむのでしょうか?その原因はどこにあるのでしょうか?

  • 脚のむくみの原因は

    からだのなかで、もっともむくみが起こりやすいのが脚です。心臓から遠い位置にあって血液の流れが悪くなりやすいことと、重力の関係で水分がたまりやすいからです。 脚のむくみは一般に、立ち仕事の人に多い症状ですが、実はデスクワークの人にもよくみられます。どちらも同じ姿勢を続けることで、脚の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞するからです。 また疲れがたまったときや、睡眠不足になったときなどにも、脚のむくみが起こりやすくなります。
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|脚のむくみ…気になる病気と解消法|オムロン ヘルスケア
     

    どうにかして、むくまないようにしたいですよね…。

  • 足の裏・ふくらはぎはポンプの役割をしているので、そこに負荷がかかると、むくみます。

  • 脚の筋肉(とくにふくらはぎ)は、血液を心臓に戻すポンプの役割をしているため、筋力が低下すると血液がうまく戻らなくなり、血液中の水分が停滞するからです。 こうした脚のむくみの多くは、一過性のもので、ひと晩寝ると治まる程度なら、あまり心配はありません。 注意したいのは、病気が原因となる脚のむくみです。原因には、心臓や肝臓、腎臓など、さまざまなケースが考えられます。むくみから重大な病気が発見されることもあるので、なかなか治らない場合には受診しましょう。
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|脚のむくみ…気になる病気と解消法|オムロン ヘルスケア
     

    怖い病気にかかっている可能性もあるのですか…。なんだか体がおかしいと思ったら、早めに病院にかかるべきですね。

  •  

    調子がどうも悪い、というときは、次に挙げる可能性を疑ってみてもいいかもしれません。

  • 肝臓・腎臓に障害がある可能性。

  • 肝臓と腎臓の障害

    脚のむくみと関連して、最近注目されているのが、アルブミンという物質です。アルブミンは血液中(血清)に多く含まれるタンパク質の一つで、アミノ酸などの栄養素を運搬するほか、血液の浸透圧を調整する働きをしています。浸透圧というのは、血管に水分を取り込んだり、排出したりするときの圧力のことです。
    そのためアルブミンの量が低下すると、細胞間質(細胞と細胞のすき間)にある水分を血管に取り込む圧力が弱くなり、水分がたまりやすくなることがわかってきました。
    アルブミンは、食べ物などにふくまれるタンパク質をもとにして肝臓で合成され、腎臓でろ過されます。そのためアルブミンが低下している場合には、肝臓や腎臓などになんらかの障害がある可能性が考えられます。そのサインの一つが、むくみです。
    したがって、脚などのむくみがなかなか治まらない場合には、アルブミン検査を受け、肝臓や腎臓などの機能をチェックすることが大切です(※1)。
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|脚のむくみ…気になる病気と解消法|オムロン ヘルスケア
     

    ただのむくみだとタカをくくっていたら、大変なことになってしまうかもしれません。

  • 心不全などの、循環器系のトラブル。

  • 心不全・下肢静脈瘤ほか
    心不全などの心臓障害と下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)も、脚のむくみの原因となります。
    どちらも夕方になると、脚のむくみと疲れが出やすくなります。立ち仕事が多い人も、夕方に脚がむくみやすいのですが、こうした一過性のものとは異なり、症状が続く場合には注意が必要です。
    心不全というのは、心臓がポンプの役割を正常に果たせなくなった状態をいいます。心臓が血液を送るときの圧力が弱くなると、心臓から遠い脚では血行が悪くなり、その結果、脚のむくみなどの症状を起こします。ほかに、階段を急いで上ったときに息切れしたり、動悸がしたりする症状もみられます。
    脚のむくみから、心不全の原因となる動脈硬化や狭心症、心筋梗塞などの重大な病気が発見されることもあるので、早めに受診することが大切です。 下肢静脈瘤というのは、脚の静脈にある弁(逆流を防ぐための弁)に障害が起こり、血液が脚にたまりやすくなる病気です。もっともわかりやすい症状は、脚の血管がこぶのようにボコボコとふくらむことです。また脚がむくみ、疲れやすくなり、夜中につることも少なくありません。
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|脚のむくみ…気になる病気と解消法|オムロン ヘルスケア
     

    うわあ、心当たりがある人、早めの受診を考えてくださいっ!

  •  

    怖いですねえ…。足のむくみに、そんな病気の隠れている可能性があるなんて…。

  • 特に怖いのが、下肢の静脈瘤です。

  •  

    こんな足になっていたら、要チェックです!!!

  • 下肢静脈瘤になると、特有の症状が出る。典型的なのはむくみ、だるさ、鈍痛、熱い感じ、かゆみ、足がつる、足が疲れるなどの症状だ。見た目にも血管がふくれ上がって瘤のようになり、クネクネ蛇行するのも特徴的な症状だ。東北地方では昔から下肢静脈瘤のことを「すばこ」と呼んできたそうだが、これは「すばく(寸白)」がなまったもので、サナダムシなど寄生虫のことを指す。血管の中にまるで寄生虫がはっているかのように見えたのだろう。

    それ自体は命にかかわるような問題ではないが、放置するとやっかいなことになる。重症になると、たまった血液成分が静脈から皮膚にしみだし、皮膚が黒ずんでかたくなり、湿疹ができてかゆみを感じ、さらに進行すると潰瘍ができるのだ。足に異常を感じたら、早い段階で医師の診断を受けることが大事だ。
    出典 :足のむくみ、だるさにご注意!「下肢静脈瘤」という病気|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    もう、何も言うことはございません。

  • むくみがあったら、とにかく対策を講じましょう。

  •  

    足を高くして寝るというのは、よく聞きますが…。

  • 放置すると医師でさえ気づかないことも

    放置すると医師でさえ気づかないことも治療法も確立されている。
    症状が軽いときは、夜寝るときに足を少し高くするなどして血液がたまるのを防ぎ、弾力ストッキングをはく。かゆみや痛みをともなうなど症状が進行してしまっている場合は、積極的な治療をおこなう。
    これまではふくらんだ静脈をしばる、抜去する手術などが行われてきたが、入院が必要となるほか手術跡が残るなどの理由から、ためらう人も多かったようだ。最近では、軽度から中等度の症例に対しては、ふくらんだ血管の中に硬化剤を注入して固めてしまう「硬化療法」が行われるようになった。
    これは手術療法とくらべると再発が多く、治療後軽い血栓形成があるなどの欠点もあるが、外来で治療でき、短時間ですむことから今後硬化療法を行う医療機関はさらに増えると思われる。
    皮膚が黒ずむほど症状が進行してしまうと、医師でさえ「下肢静脈瘤」とは気づかずに別の病名を診断してしまうケースも多いという。足のだるさ、むくみ、血管のはれに気づいたら放置せず、早めに医療機関を受診しよう。
    出典 :足のむくみ、だるさにご注意!「下肢静脈瘤」という病気|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    ちょっとヤバイなと思ったら、医師に相談するのがまちがいないみたいですね。

  • ……、とにかく、異常を感じたら、すぐにお医者さんのところに行きましょう。