顔が赤くなる病気、酒さの症状を見てみましょう

酒さの症状に困っていませんか?「酒さ」は、30代から60代の人に多い、炎症性かつ進行性の慢性疾患です。
「大人のニキビ」と誤って呼ばれることもありますが、酒さはまったくニキビとは違う疾患で、赤み、小さな吹き出物、顔面の毛細血管の拡張などといった症状を引き起こします。

view389

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 酒さとはどんな病気?

  • 中年以降に主として顔面に生じる原因不明の慢性炎症性疾患で、紅斑性酒さ(こうはんせいしゅさ)、酒さ性ざ瘡(しゅさせいざそう)は女性に多く、鼻瘤(びりゅう)は男性に多くみられます。
    出典 :酒さの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 根本的な原因はよくわかっていません
    出典 :酒さの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 症状を悪化させる要因としては、精神的緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒、香辛料などがあります。
    出典 :酒さの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 酒さの症状

  • 第1度(紅斑性酒さ)鼻や頬を中心として発赤や脂漏がみられる
    第2度(酒さ様ざ瘡)毛穴に一致して膿疱がみられ、範囲がひろがる
    出典 :酒さの治療|美容皮膚科|青山外苑前クリニック 東京港区 青山一丁目駅
  • 第3度(鼻瘤)丘疹が密集して腫瘤状となる。とくに鼻が不整に隆起する
    第4度 眼病変が生じる
    出典 :酒さの治療|美容皮膚科|青山外苑前クリニック 東京港区 青山一丁目駅
  • 症状は、必ずしも、第1度→第2度→・・と進行するわけでなく、鼻瘤が初発症状のこともあります。

  • 酒さの増悪因子は日光、温熱・寒冷、香辛料、アルコール、運動、ある種の化粧品など、多岐にわたりますが、まだ明確な病因はわかっていません。

  • 治療

  •  

    酒さを完治させる治療法はありませんが、病状のコントロールは可能です。

  • 初期の症状は、発疹、日焼け、アレルギーに似ているため、治療すべき症状だと気づかない人が多いそうです。酒さの症状には、重症度に応じていくつかの段階があります。

  • 酒さは慢性の疾患であるため、治療は、症状を軽くすることと、症状が出ない状態を維持することを目的としています。皮膚科で処方される薬と、皮膚科医の推奨するスキンケアにより、症状をコントロールし、悪化を防ぎます。
    出典 :ガルデルマ : 酒さ
  • 日光、カフェイン、アルコール、刺激の強い食べ物、ストレス、極端な高温・低温などの悪化要因を避けるようにしたほうが良いでしょう。
    人により悪化要因は異なります
    出典 :ガルデルマ : 酒さ
  • 酒さは慢性の疾患であるため、症状は定期的に良くなったり悪くなったりします。皮膚科医のアドバイスに基づいた適切な治療とスキンケアにより、悪化した時の症状をコントロールしましょう。
    出典 :ガルデルマ : 酒さ
  • 自分にとっての原因を見つけるために、毎日の食事や行動などを記録すると役に立つかもしれません。詳しくは皮膚科医を受診しアドバイスを受けましょう。