左上奥の歯茎が痛む

皆さん、左上奥の歯茎が痛くなると、どうしますか?

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 皆さん、この問題ができましたら、どうしますか?

    以下はある質問者が提供した質問です。

  • 質問者:一年前に夜中突然頭痛と共に眼がえぐられる、歯茎痛が生じて一ヶ月まともに寝ることができませんでした。耳鼻科でMRIとCTを撮り、副鼻腔炎と診断されましたが、歯が痛いなら歯医者に行きなさいと同じ歯医者にいきました。レントゲンを撮るも異常なしで、副鼻腔炎からなるものだとされました。ただこの時銀歯を一度外してもらうと、歯茎のジンジンする痛みが和らぎました。

    約半年以上歯医者に通い、歯のクリーニングをしてもらいました。

    そして今年10月中旬に風邪を引き、また同じ症状が出ました。耳鼻科では有名な所に今回は行き、内視鏡とCTを撮ったものの、少し炎症がある位で、頭痛、歯茎痛には繋がらないと診断されました。

  • 質問者:神経科に行くと群発頭痛と診断され、痛みの時に薬を飲むと劇的に痛みが引きましたが、歯茎痛は改善されませんでした。

    現在も同じ歯医者に通い、ひとまず銀歯を外してもらいました。パノラマレントゲンでも異常はないと言われ、これでも痛むなら根管治療を再度やる話になりました。
    左の顎も痛んだ事から、噛み合わせも考えられるという事で銀歯を外してもらい、顎の痛みは和らぎましたが、歯茎はまだ少しジンジンします。

    歯茎が痛くて寝れない時もあり、歯茎痛から群発頭痛に似た症状にもなりました。この時歯茎には口内炎みたいのが二回できました。

    色々と調べて行くと、歯性上顎洞炎の症状に似ていると思いました。今は耳鼻科に通い抗生物質を飲んでいます。それでも歯茎の違和感は消えません。

    耳鼻科CTで歯性上顎洞炎とはわからないものでしょうか?

    現在通っている歯医者は、昔からお世話になっていて、頭痛の原因も一緒に調べてくれたり、副鼻腔炎の症状や歯のパノラマレントゲンでも詳しく説明してくれます。

  • それについて、回答者はこう言いました。

    専門家:上顎洞炎というのは読んで字のごとく

    上顎洞内に炎症がある状態です。

    上顎洞に炎症が波及するとまず洞粘膜の肥厚が起こります。

    そして細菌感染が悪化すると洞内に膿がたまってきます。

    単純のエックス線写真というのはエックス線による物質の透過性によって判断するものなので、洞粘膜の肥厚なのか膿がたまっている状態なのかは厳密にはわかりません。

    ただ、正常な状態というのは何もない空洞なのでそれとの区別は可能です。

    できれば歯科用のCTを撮影するともっとより明らかになるかもしれませんね。

  • 質問者:CTがある歯医者で診てもらった所、骨まで溶けている状態でした。

    専門家:症状が悪化していると根っこの治療を再度してもやっぱり無理でしょうか?

    「自費になっても構わないからできるだけ抜歯を回避したい」とお考えになられるのであれば、根管治療専門医に診てもらうのも手だと思います。

    逆に「そんなに時間も費用もかけられない」と言う事であれば、抜歯もやむを得ないかもしれません。

    皆さん、問題がよく知りましたか?よろしければ、歯科用品を見てくださいね。SHIKAHANBAIをお勧めします。