子供のインフルエンザ、その対処法を教えます!

大切なお子さんだからこそ、インフルエンザにかかってしまった時は焦りますよね。そんな時のための対処法をお伝えします。

view1738

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんなに怖いインフルエンザの症状

  • 39℃以上の高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛など、全身に症状があらわれます。また、のどの痛み、鼻水なども見られます。
    出典 :インフルエンザ対処
     

    高熱や全身の関節痛など、とにかく重篤になりやすいんです。

  • さらに気管支炎や肺炎を併発して重症になりやすいのも、インフルエンザの特徴です。
    出典 :インフルエンザ対処
     

    特に多いのが、風邪だろうと油断していたことが原因による肺炎。気を付けましょう。

  • 市販の薬、ではダメ

  • 市販の風邪薬は熱、鼻水、鼻づまりをやわらげることはできますが、インフルエンザウイルスに直接、効くものではありません。こうした理由からも、インフルエンザには医師の適切な診断が必要なのです。
    出典 :インフルエンザ対処
     

    インフルエンザウイルスは一種類ではありません。どの型のインフルエンザなのかを突き止め、有効な対処をしてもらうためには病院に行くこと。

  • 特に小さいお子さんの場合は気を付けて

  • 乳幼児、特に幼児の場合、恐いのは脳炎や脳症など、インフルエンザの合併症です。もし、水分をとった後、すぐに吐いてしまって元気がない、意識がはっきりせず、うとうとしている、けいれんを起こすなどの症状がみられるときは、すぐに医師に相談しましょう。
    出典 :インフルエンザ対処
     

    小さいお子さんの場合は自分の体調を上手く言葉にすることが出来ません。注意深く観察し、インフルエンザの疑いがあるならとりあえず病院に行くのが正解です。

  • インフルエンザにかかったら

  • インフルエンザにかかった場合、お家でのケアとしては、かぜと殆ど同じになります。
    出典 :子供の病気と対処の仕方
     

    基本的にはお家で安静にしてあげましょう。

  • 手足が冷たい場合は、手袋や靴下で、部分的に温めてあげても良いですが、寒いだろうと思いあまり厚着をさせると、ますます体温を上げてしまいますので、体が熱くなり汗が出始めたなら、薄着にしてあげましょう。
    出典 :子供の病気と対処の仕方
     

    インフルエンザは風邪よりも高熱になるのが一つの特徴。余りに温め過ぎては逆効果です。

  • インフルエンザでは発熱や下痢で、水分不足になりますので、水分補給はとても重要になります。
    出典 :子供の病気と対処の仕方
     

    湯冷ましや薄めたスポーツドリンクなど、飲みやすいものをたっぷり与えてあげましょう。

  • 子供に熱があると、解熱剤を使いたくなりますが、解熱剤を使う場合は熱が38.5分以上あって、子供の元気がない時に使いましょうね。
    出典 :子供の病気と対処の仕方
     

    熱が出ているということは、体内でインフルエンザウイルスと戦っているということです。解熱剤ばかり飲ませると戦いが長引くことも。

  • 熱を下げたいときには、大きめの「アイスノン」や「保冷剤」で脇の下や足の付け根を部分的 に冷やしてやると効果的です。
    出典 :子供:インフルエンザにかかった時の対処方法
     

    脇や脚の付け根には太い動脈が走っています。だからこそ、そういったところを冷やすことで効率よく体温を下げることが出来るのです。