糖尿病治療の原点【食事療法】

節食や我慢のイメージが強いですが
意外とそうでもありません
ポイントを押さえて自分らしくはじめましょう

view297

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食事療法のポイント1

  • 1日3食、規則正しく食べるのが健康への近道です

    食事のタイミングを整える事が重要です
    また食べ方も
    【早食い】食べ過ぎの原因になります
    【回数が少なく大食い】膵臓への負担、糖尿病悪化につながります
    【寝る直前に食べる】睡眠2時間前は避けましょう
    と注意点があります

  •  

    間食を摂るのがいけない理由は
    血糖値が下がる時間が無くなるからです
    もし食べたいときは、食事と同時にとり
    血糖値が下がる時間を作りましょう

    また、高脂肪食は血糖値低下が遅いので
    避けましょう

  • 食事療法のポイント2

  • 1日に必要なエネルギー量をしっかり把握しましょう
    男性で約1400~1800kcal
    女性で約1200~1600kcal

    計算方法ですが
    【標準体重】を計算します
    身長(m)×身長(m)×22=標準体重
    これで標準体重が算出できます

  • 次に、身体活動量(体重1kgに必要なエネルギー量)を調べます
    ・安静  20kcal (寝たきりの高齢者、安静の必要な入院患者等)
    ・室内  25kcal (重度の糖尿病、肥満の人、室内で過ごす人等)
    ・軽労働 30kcal (デスクワーク主体の人、主婦、動きの少ない工員等)
    ・中労働 35kcal (立ち仕事が多い職種、繁期の農林水産業等)
    ・重労働 40kcal (肉体労働者、スポーツ選手等)
    当てはまる数字を使ってくださいね

  •  

    以上を組み合わせて必要エネルギー量の計算をします
    標準体重(kg)×身体活動量(kg)=1日に必要なエネルギー量(kcal)

    これで算出し目安としましょう!

  • 食事療法のポイント3

  • 肥満度(BMI)のチェックをしましょう
    健康的な体型を常に意識出来るのでおすすめです
    体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=肥満度(BMI)
    標準の範囲にあると病気になりにくいとされています

  •  

    BMI20未満
    体型 痩せ
    BMI20~25未満
    体型 標準
    BMI25~30未満
    体型 肥満
    BMI30以上
    体型 高度肥満
    これが結果です

  • メタボと糖尿病の危ない関係

  • メタボリックシンドロームは糖尿病の発症・悪化と無縁ではないのです
    内臓脂肪が増えるとインスリンの分泌量が減り、働きも悪くなります

  •  

    腹囲 (必須項目)
    男性85cm以上
    女性90cm以上

    選択項目
    1.空腹時の血糖値110mg/dL以上
    2.収縮期(最高)血圧130mmHg以上
    または、拡張期(最低)血圧85mmHg以上
    3.中性脂肪150mg/dL以上
    または、HDLコレステロール40mg/dL未満

  • 必須項目と選択項目2つ以上が当てはまると
    【メタボリックシンドローム】
    と診断されます!
    参考にしてくださいね
    実際血糖値はあまり図る機会はないかもしれませんが・・・

    以上の事を注意して糖尿病の食事療法をしっかりと行い予防に努めましょう!

  •  

    あまり言いたくないですが・・・
    こうはなりたくないですよね?