悪性リンパ腫の種類:T型悪性リンパ腫とB型悪性リンパ腫

悪性リンパ腫には、T型悪性リンパ腫やB型悪性リンパ腫といった種類があります。大変種類が多い悪性リンパ腫について知っておきましょう。

view277

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悪性リンパ腫について

  • 悪性リンパ腫とはリンパ組織の悪性腫瘍(がん)の一つです。
     この病名からとても悪い病気と考えられる方がありかも知れませんが、一般的には固型がん(肺がんや膵臓がんなど)に比べれば、この病気はずっとよい治療成績が得られています。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
  • リンパ腫を広義の白血病にふくめることもありますが、白血病とリンパ腫では、がんが増殖する場所が異なります。白血病ではおもに骨髄または血液中でがん細胞が増殖しますが、リンパ腫ではリンパ節を中心としたリンパ組織の内部で増殖します。
    出典 :悪性リンパ腫|癌治療に迷ったらがん治療と併用するフコイダン療法
  • 悪性リンパ腫には種類があります。
    大きく分類すると、「非ホジキンリンパ腫」と「ホジキンリンパ腫」です。
    日本では、圧倒的に非ホジキンリンパ腫が多いということです。

  • 悪性リンパ腫の種類

     

    進行の早さでも分類されます。

  • 大きく分けると「ホジキン病」と「非ホジキンリンパ腫」の2つなのですが、そこからさらに癌細胞の増え方や形、細胞の種類(B、T、NK)等によって、マントルセル、濾胞(ろほう)性など、30種類以上ものタイプに分類されているのです。
    出典 :悪性リンパ腫の分類
  • 悪性リンパ腫の種類は、かなり多いですね。その種類によって治療方法も異なるそうですよ。

  • 細胞の種類とは何なのでしょう?

  • リンパ球はリンパ系組織、血液、骨髄の中にあり、細菌やウイルスなどの感染と戦っています。リンパ球にはT細胞、B細胞とナチュラルキラー細胞(NK細胞)があるため、非ホジキンリンパ腫にもT細胞リンパ腫、B細胞リンパ腫とNK細胞リンパ腫があります。
    出典 :がん種類/悪性リンパ腫
  • リンパ球に細胞の種類があるんですね。

  • リンパ球には種類があります。

     

    リンパ球はB細胞、T細胞、NK細胞といった種類があります。

  • さらに取り出したリンパ球がB細胞性,T細胞性,NK細胞性のいずれに相当するのか,モノクローナル抗体からできた試薬を使って組織標本を染色して判定します。
    出典 :悪性リンパ腫・がん治療
  • 非ホジキンリンパ腫は非常に種類が多いのですが、日本ではB細胞型が約70~80%と大半を占めます。
    出典 :悪性リンパ腫の種類と分類をご解説!
  • T型悪性リンパ腫の割合は少ないようです。

  • 悪性リンパ腫は、種類によって広がり方が早いものもあります。異変に気づいたらできるだけ早く受診して検査を受けましょう。