スキンケアの基礎知識まとめ

間違ったスキンケアをしないように、基礎的な知識をまとめました。

view239

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 首と肩を楽にするストレッチ

     

    体をほぐす「ゆるストレッチ」。体を柔らかくするのではなく、体の力みを取り除くことで、滞りをなくし、全身の血液やリンパの流れをスムーズにします。滞りやすい体のポイントは、首、肩、股関節の3つ。

  • 夜美容のポイントは肌と体を「ほぐす」こと

     

    「夜美容」は、「ソフトタッチ肌ケア」、「ゆるストレッチ」、「頭皮マッサージ」の3つ。タイミングとしては、ゆっくりとお風呂に入って肌の汚れを落とし、血行も良くなって、体がふんわりと柔らかくなった入浴後がベストです。

  • 入浴は、美肌を目指す方にとって欠かせないものです。温かいお湯に浸かることで、肌や体にとって良いことがたくさんあります。全身の血行を促し、皮脂や老廃物を取り除いたり、毛穴が開いて汚れを落としたり、心身がリラックスしてストレスも緩和されます。従ってシャワーよりも半身浴などの入浴方法がお肌のためにもオススメです。

    出典 :バスタイムをもっと楽しく、お風呂と美肌の関係について | スキンケア大学
     

    美肌を目指すならお風呂は欠かせませんね。

  • リップクリームは、唇に潤いを与えて荒れを【防ぐ】のが目的。荒れてから使っても遅いのです。

    「薬用」「医薬部外品」と表記されたものは、唇ケアに有効な成分が入っているというものですが、唇の荒れを予防するという意味では基本的に同じです。「唇が渇いて割れてしまった…」と、これらのリップクリームを塗るのではなく、唇が荒れていない普段から、リップクリームで保湿ケアしておくことが大切です。

    出典 :唇の荒れ、乾燥のケア方法 | スキンケア大学
     

    荒れてから急いでリップクリームを塗っているって人、多いんじゃないかな。

  • 顔に生えている産毛が多いと顔全体が黒っぽくなり肌がくすんで見えてしまいます。シェービングを行い古い角質を除去することで、肌のターンオーバーを正常化することにも期待ができます。定期的なシェービングによって古い角質が蓄積されにくくなるため美しい肌を維持できます。産毛を取り除くことで肌の表面がツルツルになり、化粧水や美容液の浸透率もアップし化粧のノリもよくなります。

    また、シェービングにより肌トラブルを未然に防ぐこともできます。顔に産毛が残っていると、ニキビの原因菌であるアクネ菌や皮脂汚れが産毛に付着し、毛穴に悪い影響を与えます。

    出典 :顔のシェービングを行うメリットとは | スキンケア大学
     

    シェービングは、ツルツルお肌のスキンケアには欠かせないですね。

  • パックやクレイなどのケアを頻繁に行うと、肌を刺激してしまい、逆にくすみや黒ずみの原因となってしまいます。 肌のターンオーバーは28日周期と言われていますので、角質ケアは1ヶ月に1回で十分です。 それから、角質ケアを行った後の肌は乾燥しやすくなっていますので、特に念入りに保湿するようにしてください。

    出典 :正しい角質ケアとは | スキンケア大学
     

    角質ケアのやり過ぎは禁物です!

  • 正しいパッティング方法

    1.メーカーの指示に従った分量の、化粧水や乳液を、手もしくはコットンに取ります。適量、とかいてあることがほとんどですが、その場合は10円玉大ぐらいをイメージしましょう。

    2.手で行う場合、取った化粧水や乳液は両手にわけて、手のひらで顔全体を包みこむようになじませていきます。

    3.中指と薬指を使って、肌をリフトアップさせるようなイメージで、中心から外側に、マッサージするようにしてなじませます。コットンの場合は、中指と薬指の間にコットンを挟み、下から上へ向かって、パッティングしていきましょう。

    指でもコットンを使うときも、強く力を入れすぎないことがポイントです。「パッティング」といっても、実際は叩くというよりも、化粧水や乳液などを、「練りこむ」ようなイメージを持ったほうがいいでしょう。

    出典 :正しいパッティングで効果的なお肌ケアを | スキンケア大学
     

    間違ったパッティングは肌を傷つけてしまいますので、気を付けましょう。

  • 保湿のために、化粧水をたっぷり使っている方は多いと思いますが、実はそれだけでは、十分な保湿とは言えないのです。肌は角質細胞という細胞が並ぶことで構成されていて、その細胞の隙間を埋めている細胞間脂質と呼ばれる脂質があります。角質細胞を守る役割を持っているため、細胞間脂質がもろい状態では、保湿をしてもすぐに水分は蒸発してしまいます。

    細胞間脂質は油分と相性が良いので、美容オイルを与えると細胞間脂質の隅々までなじんでいきます。すると細胞に潤いのバリアを張り、肌の状態をキープすることができます。オイルには細胞間脂質の乱れを抑える効果もありますので、乾燥肌の方はもちろんのこと、オイリー肌の方が使えば、余計な過剰な皮脂の分泌を抑えることができて、肌質が改善される場合もあります。

    出典 :美容オイルを取り入れたスキンケア | スキンケア大学
     

    最近流行りの美容オイル、保湿にはよいですよ。

  • アイメークやリップも、通常のクレンジングで落としていませんか?クレンジングのたびに目の周りは真っ黒という方も多いかもしれませんが、ポイントメークは専用のリムーバーで落とすのがベストです。

    出典 :ポイントメークは専用リムーバーで落としましょう! | スキンケア大学
     

    普段のクレンジングを全体に使うと肌への負担がかかるそうです。

  • 負担を抑えたメイク落とし法
    肌に優しいものは、メイクが落ちず、メイクが落ちるものは、肌に刺激があるクレンジング。そんなことを聞くと、どうしていいか分からなくなってしまうかもしれませんが、大切なことは、クレンジングの種類ではなく、メイクの落とし方を使い分けていくことです。たとえば、リップとアイライナーでは落としやすさが違いますし、日によってメイクが薄い日もあれば濃い日もあると思うのですが、すべて同じ方法でメイクを落とすことは、肌に無駄な負担をかけていることになるのです。

    出典 :間違ったクレンジングは、肌トラブルの元 | スキンケア大学
     

    有名モデルなども、部分的にクレンジングを変えているそうです。

  • オイルクレンジングは強い効果を持つぶん肌への負担が大きくなってしまうため、お肌に悪いと避けられがちです。しかし洗浄力の弱いクレンジングではメークを落としきれなかったり、毛穴汚れを落とすために必要以上にこすってしまったりと、かえって肌トラブルの原因となるような刺激を与えてしまうことも考えられるのです。そもそも、油汚れは水では落ちにくく、オイルに溶ける性質があります。石鹸やジェルといった水溶性のものよりも、オイルのほうが効果的に油汚れを落とせるという利点があります。

    出典 :オイルクレンジングの注意点と正しい使い方 | スキンケア大学
     

    メイク落としはオイルクレンジングの方が効果的のようですね。

  • 顔についた汚れや皮脂を、さっぱりと洗い上げると、爽快な気持ちになりますよね。手でゴシゴシと洗う、しっかり汚れを落せるイメージがあります。しかし、それは肌を傷めるだけでなく、肌の力を弱らせる“やってはいけない洗顔方法”なのです。肌をいつまでも健やかに保つために、正しい洗顔の仕方を身につけましょう。

    出典 :意外と知らない人が多い“正しい洗顔” | スキンケア大学
     

    ゴシゴシ荒すぎて、必要以上に脂をとってしまうのは、逆効果です。

  • しっかりスキンケアをしているのに、なぜか肌が乾燥する、化粧のりが悪い、赤味やザラつき、ニキビなどのトラブルが起きてしまう……。このような経験は誰にでもあると思いますが、そんな時こそ、あえてスキンケアをいったんお休みして、肌の状態をリセットする「肌断食」をしてみてはいかがでしょうか。

    出典 :何もしないスキンケア「肌断食」とは | スキンケア大学
     

    たまには、「肌断食」で、お肌の状態をリセットしましょう。

  • 毎年、新しいスキンケアアイテムが続々と誕生しています。CMで馴染みのあるものや、クチコミで評判の高いものを手にとってみるのもいいのですが、コスメ選びで最も大切なのは、「自分の肌に合っているかどうか」です。そのためにも、まずは自分のお肌のことを知ることが肝心です。「何となく」で選ぶのではなく、しっかり選んで合ったものを使いましょう。

    出典 :まずは自分のお肌を知りましょう | スキンケア大学
     

    自分の肌質を正しく知ることで、自分にあったスキンケアアイテムを見つけることが大事ですね。

  • 50代のスキンケア

    シワ、たるみ、くすみが本格的に気になってきますが、これまでのスキンケアの差も如実に現われます。更年期にともないホルモンバランスが乱れ肌の調子も不安定になり、肌質がこれまでとは大きく異なる方も少なくありません。イソフラボンを含む大豆製品をしっかりと摂り、更年期障害の方はサプリメントで補うと良いでしょう。また、40代のスキンケアでも述べましたが、表情筋のエクササイズを行ったり、ホットタオルや指圧で血行をするなどしても良いと思います。

    出典 :年代別によるスキンケアの違い | スキンケア大学
     

    大豆製品は、どの年代でも効率的に摂取できると良いですね。

  • 40代のスキンケア

    保湿力が低下し、ターンオーバーの機能も乱れがちになります。月経不順や体調不良でホルモンバランスも大きく乱れがちです。これらの影響で肌の衰えを実感しやすく、特に繊維芽細胞によるコラーゲンやヒアルロン酸の産生量は減り表情筋も衰えハリ不足やたるみ、くすみなどが気になるようになります。

    表情筋のエクササイズを行ったり、栄養成分をサプリメントで補う、ホットタオルや指圧で血行を良くするなど、お肌の様子を見ながら試してみてください。

    出典 :年代別によるスキンケアの違い | スキンケア大学
     

    40代にもなれば、サプリメントの力も借りましょう。

  • 30代のスキンケア

    少しずつ肌の衰えが表面に現われるようになってきます。生活リズムの変化にともないホルモンバランスも大きく変化する時期ですので、その影響が徐々にお肌に現れはじめます。これまで気にならなかった紫外線や摩擦といった外的な刺激に対しても肌が弱くなり、あらゆる肌トラブルに敏感になります。

    ホルモンバランスをなるべく乱さないように、規則正しい生活とバランスのとれた栄養を摂取することは肌のためにも最も重要です。腸内環境も整え、免疫力を高めることが肌のバリア機能を高めることにもつながります。保湿やUVケア、優しく丁寧な洗顔といった基本的なことは大切にし、さらにビタミンCなどの抗酸化力の高い食品などを積極的に補い、体の内側からも肌を守るように心がけましょう。
    出典 :年代別によるスキンケアの違い | スキンケア大学
     

    30代になったら、体内に摂り入れるものにも気を使うようにしましょう。

  • 20代のスキンケア
    肌が丈夫なので、素肌でも十分に美しい20代ですが、この時期に誤ったケアを続けたり、基礎的なスキンケアを怠ると後で大変なことになります。

    この年代に多いのは、香料や刺激の強いメーキャップ化粧品や過度なクレンジングによる肌への負担が招く肌トラブルです。クレンジングできちんとメークが落とせていないことによる肌荒れ、あるいは過度なクレンジングで皮膚を乾燥させ、傷つけるといったことが多いようです。

    出典 :年代別によるスキンケアの違い | スキンケア大学
     

    スキンケアは20代のうちから気を付けましょう。