交通事故での危険が非常に大きい、脳挫傷の後遺症について

日本では約1分に1回のペースで交通事故が起きているそうです。交通事故での危険性が非常に大きい、脳挫傷の後遺症について、まとめてみました。

view1618

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 重傷事故の代表例「脳挫傷」

  • 日本の年間の交通事故の件数をあなたはご存知ですか? 国土交通省の調査では平成23年の年間の事故発生件数を69万1,937件と発表しています。これは、約1分に1回のペースで日本では交通事故が起きています。その内の約10%弱が死亡、ないし重傷事故となっています。
    出典 :脳挫傷 後遺症ガイド|脳挫傷になったら
  •  

    日本では1分に1件のペースで事故が起きているため、いつ事故に巻き込まれてもおかしくありません。

  • 交通事故での重傷事故の代表例が「脳挫傷」です。
    いままでに「脳挫傷」という言葉を聞いたことはあるという人はいると思います。
    出典 :脳挫傷 後遺症ガイド|脳挫傷になったら
  • これだけ事故がたくさんある日本で「脳挫傷」になる危険はたくさんあります。
    それは一命をとりとめても後遺症が残るとても重い外傷なのです。
    出典 :脳挫傷 後遺症ガイド|脳挫傷になったら
  • 脳挫傷と脳挫傷の後遺症

  • 頭部を打撲(だぼく)した衝撃によって、打撲部位の直下の脳組織が挫滅します。
    打撲部位と反対側の脳挫傷を来すこともまれではありません。
    出典 :脳挫傷 - goo ヘルスケア
  • 脳挫傷からの出血と、挫傷部とその周囲の脳がむくんでくる(脳浮腫(のうふしゅ))ため、頭蓋骨の内側の圧が高まり(頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん))、激しい頭痛、嘔吐、意識障害が現れます。
    出典 :脳挫傷 - goo ヘルスケア
  •  

    脳挫傷は交通事故の他に、高齢者の自宅での転倒などでも起こる可能性が有ります。

  • 脳挫傷の局所の症状として、半身の麻痺(片麻痺(かたまひ))、半身の感覚障害、言語障害、けいれん発作などが現れることもあります。
    出典 :脳挫傷 - goo ヘルスケア
  • 多量の血腫ができた場合や、脳浮腫による圧迫で脳ヘルニアの状態にまで進行すると、深部にある生命維持中枢(脳幹(のうかん))が侵され(呼吸障害など)、最終的には死に至ります。
    出典 :脳挫傷 - goo ヘルスケア
  • 高次脳機能障害とは

  •  

    脳挫傷などで脳が損傷されると、高次脳機能障害になる場合があります。

  • 【 高次脳機能障害の症状 】
    失語症、記憶障害、注意障害、疲労症、判断力の低下、遂行機能障害、病識の欠如など

  • 一見したところ、手足の運動機能障害のように明らかな変化として見えないために周囲からはわかりにくいのですが、今までには見られなかった上記のような症状が突然あらわれ、まるで性格が変わってしまったような反応が周囲の人たちを戸惑わせてしまうことがあります。
    出典 :高次脳機能障害をご存じですか? - goo ヘルスケア
  • 外見からわかる明らかな障害によって日常生活や社会生活に困難が生じている人たちには、障害者福祉の制度による公的な支援が行われています。外見からはわかりにくく本人の自覚もない高次脳機能障害の存在が明らかになって、この人たちへの支援も必要ということから、国は平成16年に診断基準を定めて支援に乗り出しました。
    出典 :高次脳機能障害をご存じですか? - goo ヘルスケア
  • かかった病院の診断書を添えて市町村の障害者福祉関係の窓口へ「障害者」の認定申請を提出し、各都道府県の審査を経て「障害者」と判定されると障害者手帳が発行されます。この場合、多くは「精神障害者保健福祉手帳」になります。手帳の交付を受けると、リハビリテーションや生活支援などさまざまな社会支援を受けることができます。
    出典 :高次脳機能障害をご存じですか? - goo ヘルスケア
  • また、国の支援策より以前に、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が損害賠償の対象としています。交通事故で高次脳機能障害になったと認定されると、自賠責保険から保険金が支払われることになっていて、この場合は国とは別の診断基準が用いられます。
    出典 :高次脳機能障害をご存じですか? - goo ヘルスケア
  • 脳挫傷の後遺症の認定について

  • 「脳挫傷」の主な原因は交通事故がもととなります。
    その交通事故での「脳挫傷」による「後遺症」の認定にはどのような過程があり、どの位の手間と時間がかかるのでしょうか。
    出典 :後遺症の認定|脳挫傷 後遺症ガイド
  •  

    後遺症の認定は、事故後すぐには行えないため、非常に時間がかかります。

  • まず、「後遺症」の認定には事故から6ヶ月経過してから診断されます。
    そこから「後遺症」の等級が決められます。
    出典 :後遺症の認定|脳挫傷 後遺症ガイド
  • 等級とは1級から14級まであり、数字が小さいほど重度と見なされています。
    この等級の認定基準も診断にはどんなに重傷で寝たきりであろうと、軽度の場合であろうとこのくらいの期間が基本的にはかかってしまいます。
    出典 :後遺症の認定|脳挫傷 後遺症ガイド
  • 最後に

  • 交通事故などで脳挫傷の後遺症などが出た場合、示談を持ちかけられたり後遺症の認定が長期間出なかったりとトラブルになることも多いようです。
    そのようなことになった場合には、早めに弁護士に相談をするようにしましょう。