植毛で失敗しないために!気をつけたいポイント

薄毛に悩む人は植毛で失敗しないための注意点を知って、上手に見た目印象を変えてみましょう。

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 植毛で失敗したらどうなる?

  • 自毛植毛の失敗例で最も多いのは、術後の傷痕が目立ってしまうことです。
    出典 :自毛植毛の失敗
  • 植毛の失敗例には、こんなことがあるそうですよ。

  • 植毛のために切り取った部分の傷痕が残ってしまった。
    植毛した部分の頭皮が凸凹に…。
    毛髪の生え方が不自然で、植毛したことがバレバレ。
    植毛部に炎症が起こってしまった。
    出典 :失敗しない植毛法を徹底調査
  • せっかく思い切って植毛するのに、傷が目立ったり不自然な印象になるのでは残念ですね。

  • 植毛の失敗例

     

    不自然な生え際。

  • 植毛について心配になってしまった方もいらっしゃるでしょう。
    では植毛をする時にどんなことに気を付ければよいのでしょう?

  • 植毛で失敗しないためには

  • クリニックの中には大して高い技術でもないのに誇大広告をしているところもありますので、そういうところの見極めも肝心です。そのため複数のクリニックに実際に足を運び自分の目でそのクリニックの設備や医師やスタッフについてチェックするのも手段のひとつです。
    出典 :失敗しないポイント -自毛植毛の失敗から学ぶ!
  • 最も大切なのはクリニック選びです。信頼できるクリニックを探しましょう。

  • きちんとした説明をしてくれることに加え、患者が不安に思っていること、疑問に思っていることについて、ひとつひとつ丁寧に答えてくれるクリニックでなければ、安心して施術を行うことはできません。
    出典 :自毛植毛クリニックの選び方
  • 後からのトラブルを避けるためにも、不安な点は全て確認しておくようにしましょう。

  • クリニック選びが大切

     

    カウンセリングの際には、不安な点は全て聞いておこう。

  • 植毛以外で髪を増やす方法

  • 植毛は頭皮に毛を植え付ける医療行為になります。植毛が不安という方のために、植毛以外の方法で薄毛を解消する方法を紹介します。

  • 増毛

  • 増毛とは、元々生えている1本の自分の髪の毛に、人工毛髪を複数本結び付けるなどして、毛髪量を見た目上で増やすことです。一度の実施でいっきに髪の量を増やすことが可能ですが、元々の自毛が伸びてくると、人工毛髪を結いつけた部分が頭皮から浮いてくるため、定期的(月に1~2回程度)メンテナンスを行う必要があります。
    出典 :増毛と植毛の違い 〜ハゲの最後の手段〜
  • 発毛

  • 頭皮環境を整え、健康な髪の毛を新たに生やすというのが発毛です。
    自力での毛髪生成を促す方法なので、頭皮に負担がかからない、むしろ頭皮の正常化に最も必要な薄毛対策です。
    出典 :増毛、発毛、育毛、植毛の違い
  • このように、薄毛を解消する手段にはいくつかのものがあります。自分が納得いく方法を選ぶようにしましょう。